在宅勤務のジレンマ:仕事が一段落したらどうスイッチを切るか

June 14, 2022

この記事にたどり着いたのは、コロナウイルスの大流行が始まって以来、在宅勤務を続けているからでしょう。あるいは、在宅勤務を始めてしばらく経つが、在宅勤務で仕事を切り上げるという問題に対する答えが見つからないかもしれないということかもしれません。

 

在宅勤務では、適応性と非正規性が存在しています。好きな場所にワークスペースを設置し、打ち合わせの予定がなければパジャマのまま一日中仕事をすることも可能です。しかし、在宅勤務をする社員が遭遇する大きな問題があります。それは、仕事が一段落したときに、仕事を切り離すことができないことです。精神的にも肉体的にも仕事を切り離したいと思っているのに、それがなかなかできないのです。

 

この問題に対し、この苦境から抜け出そうと必死になっている人が多いのです。これは「常時接続」とタグ付けされているため、職場にずっといるという雰囲気になっているリモートワーカーにとっては、さらにストレスがたまることになります。一日の終わりに仕事のスイッチを切ることができない場合、最終的に恐るべき燃え尽き症候群を感じ、生産性が低下し、身体的・精神的状態に害を及ぼすことになります。

 

以下に、必要な時に仕事を切り上げるためのコツを紹介します。

 

自宅の一角に、自分専用のワークスペースを確保する。

 

一日の終わりにドアを閉めたり、「退社」したりすることで、その日の仕事が「終わった」という実感を得ることができます。在宅勤務はまず仕事環境を整えることから始めると、より効果的です。まずは自宅の一角をワークスペースとして確保することから始めましょう。大がかりなリフォームをしたり、多額の費用をかけたりしなくても、自宅に自分だけのオフィスを持つことができます。専用のワークスペースがあれば、仕事と家庭生活のバランスを保つことができます。特に、勤務時間中に子どもや恋人がいる場合、注意が必要です。

 

以下に、いくつかのアイデアをご紹介します。

 

1. 自宅で専用のワークスペースになりそうな部屋を選びます。オフィスとして使える部屋がない場合、プライバシーが確保できる場所を選ぶとよいでしょう。キッチンや寝室の隅、階段の下のスペースなどです。

 

2. リモートワークでは、インターネット接続が非常に重要なので、Wi-Fiを完備しておくとよいでしょう。必要であれば、Wi-Fi環境に投資してください。

 

3. ワークスペースには、ノートパソコン、ペン、プリンターなど、オフィスに必要なものをそろえましょう。

 

中古品でも、家にあるものでも、新品でも、仕事用の机があれば、とても助かります。ダイニングテーブル、中庭、キッチンテーブル、寝室の一角、あるいは家族全員で共有している多目的ルームのデスクを利用してもよいでしょう。しかし、もしあなたが投資を惜しまないのであれば、ホームオフィスやワークステーションをアップグレードするために、スタンディングデスクを購入することは素晴らしいアイデアだと思います。

 

スタンディングデスクはスタンドアップデスクとも呼ばれ、基本的に立ったまま快適に仕事ができるデスクです。最近では、机の高さを調節して、座った状態から立った状態にしたり、逆に立った状態から座った状態にしたりできる、様々なモデルがあります。

 

FlexiSpotではあなたのスタイルやニーズに合った様々なスタンディングデスクを提案します。色や仕上げのバリエーションも豊富で、お子様にも安心してお使いいただける、毎日の仕事に使いやすいデスクです。

 

プロスタンディングデスク(E37):安定性と昇降速度が向上し、最大220ポンドまで昇降可能となっています。

 

コムハー・オールインワン・スタンディングデスク ガラストップ:タイプC×1、タイプA×2のUSB充電ポート、広々とした収納ドロワーを装備しています。

 

セイフェンラミネート4段スタンディングデスク:エレガントなデザインで、体のラインに沿うように設計されています。

 

カナバンブー・スタンディングデスク:丈夫で耐久性があり、環境にやさしい竹製のデスクトップとなっています。

 

1日の終わりには、もうグッタリしているかもしれませんが、仕事を終える前にデスクを片付けることを習慣にしてください。1日の終わりを感じ、次の日が始まったら、またワークスペースを整えなければなりません。

 

ToDoリストを作る

 

ToDoリストがあれば、まだやらなければならないこと、今日一日やらなければならないことを考える必要がありません。一日に終わらせなければならないすべてのことから心が解放されると、より整理され、その後の自由な時間を楽しむことができます。一日の終わりには、すでにやったことにチェックを入れ、まだやるべきことにチェックを入れます。これは、明日のTo Doリストの参考になりますから、是非書いておいてください。

 

スケジュールに沿って行動する

 

これは、時間の融通が利く仕事をしている人向けです。アウトプット中心の仕事であれば、時間帯がバラバラで、夕方から夜にかけて、そして週末も仕事をすることは珍しくありません。

 

このような働き方は健康的ではありませんので、もしあなたがこのような働き方を続けているのであれば、勤務時間を決めてこのような状況から抜け出せるよう頑張ってください。スケジュールを決めたら、それに忠実であるべきです。また、「4時間生産性」の考え方に沿った計画を立てるのもよいでしょう。

 

寝室やソファで眠りたいという誘惑に負けないようにしましょう。一日の始まりには、30分以上オフィスに通う場合のように準備をすると効果的です。休憩と昼食は必ず取ることです。これは議論の余地もありません。休憩時間になったら、机の上で食べたり、歩き回って食べたりしないことです。休憩時間になったら散歩をしましょう。休みの予定も立てましょう。

 

気が散ることはできるだけしない。

 

もちろん、あなたは自宅を、あなたが楽しみ、リラックスし、一息つけるような快適な場所になるように設計してきました。

 

しかし、そのような家庭的目的のために、突然、自宅にオフィスを持ち込むことになった場合、圧倒されてしまうのです。仕事中にルームメイトや友人、家族が目の前や耳の届くところにいると、集中するのはかなり難しいでしょう。そこで、次のような工夫をしています。

 

1. 1時間ごとにタイマーをセットします。1時間ごとにタイマーをセットし、50分間、中断することなく仕事を続けます。そして最後の10分間は休憩を取るのです。

 

2. 仕事中の気晴らしに気を配ります。私用電話がある場合、休憩時間に行ってください。ソーシャルメディアをチェックしないでください。テレビ番組や映画を見るためにインターネットにアクセスしないでください。

 

3. 家族全員に自分のスケジュールを知らせます。そうすることで、あなたがいつ仕事をしているのか、いつが空いているのか、いつが絶対に邪魔されてはいけない時間なのかがわかるようになります。

 

あなたの仕事のスケジュールを乱す人がいたら、やさしく注意しましょう。

 

その他の実践

 

仕事のメールチェックをやめる

 

休憩中は、仕事のメールをチェックするのはやめましょう。雇用主やクライアントには、勤務時間外は不在であることを伝えましょう。自分勝手でもプロらしくないことでもないので、罪悪感は少しも感じないでください。これは必須事項です。適切な線を引くことで、初めて仕事とプライベートの区別がつくのです。

 

一日の終わりにはタブを閉じる

 

開いているブラウザのタブをひとつひとつ閉じましょう。自宅のノートパソコンやPCを仕事に使っている人は、タブを閉じることがより重要です。タブを開いたままにしておくと、ついつい仕事をしたくなってしまいます。仕事関連のものがちらっと見えただけで、リラックスして仕事から離れたいときに、仕事につながってしまうかもしれません。

 

開いているタブを失うのが心配な場合は、ブックマークとして保存したり、開いているタブをリンクのリストとして保存し、すぐに参照できるようにするブラウザのプラグインを活用するとよいでしょう。仕事時間以外はメールソフトを閉じ、通知をオフにします。

 

人付き合い

 

仕事が終わると、もう人付き合いをする気力はないと思う人もいるでしょう。しかし、仕事を切り離し、エネルギーを補給するために、友人や家族のために無理をしてでも顔を出さなければならない日もあります。友人と過ごす時間を作ることは、将来的に多くのメリットをもたらします。毎日夕食の約束をする必要はありませんが、少なくとも週に2、3回は友人との付き合いを持つことで、より質の高い生活を送ることができます。

 

自然と共に過ごす

 

自然の中で自由を満喫し、ストレスを解消して、仕事から解放されましょう。1日20分でも自然の中で過ごせば、ストレスホルモンのレベルが下がっていることを実感できるはずです。近くの公園で犬の散歩をしたり、自転車で短い距離を走ったり、太陽の下でジャンピングジャックをしたりしてみてはいかがでしょうか。

 

活動的になる

 

ストレスから解放され、仕事から解放されるために、運動の力を過小評価しないでください。就業時間後にジムに行ったり、フィットネスクラスに参加したりすると、仕事から物理的に切り離された感覚を味わえます。アクティブなライフスタイルは日々のストレスやプレッシャーを解消し、少なくとも、それらを管理することができるようになります。長い1日の終わりには、家から出て運動に参加することで、疲れを癒し、ストレスを解消することができます。さまざまなアクティビティを試して、自分に合ったものを見つけてください。

 

まとめ

 

仕事用のノートパソコンをシャットダウンするのは簡単ですが、仕事用の脳をオフにするのは難しいことです。しかし、1日の終わりに心のバッテリーを充電し、リフレッシュした心で翌日の仕事を始めることは必要不可欠です。仕事と家庭の区別をうまくつけることで、より幸せに、より健康に、より効率的になれるはずです。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。