職場で積極的になるためのヒント

April 12, 2022

仕事で役立つ特性のひとつに「積極性」があります。キャリアアップのため、あるいは一般的に仕事に満足するためには、これを学び、身につけることが極めて重要です。自己主張が強いと、同僚から尊敬され、自分の意見も聞いてもらえますし、評価されます。

 

特に、生まれつき自己主張が強くない人や、受動的なコミュニケーション手段の家庭で育った人には、身につけ、伸ばすのが難しいコミュニケーション特性です。

 

もしあなたが生まれつき受動的であったとしても、決して損をしたわけではありません。他の特質やスキルと同様に、自己主張ができるようになり、必要な場面で自分の意見を主張できるようになることは可能です。その際、自己主張をすることで人に恨まれることがないよう、健康的かつ尊敬に値する方法で行うことができます。

 

積極性とは一体何でしょうか?

 

SkillsYouNeed.comによると、積極的とは「攻撃的になったり、受動的に『間違っている』と受け入れることなく、冷静かつポジティブに自分や他人の権利を主張できること」だそうです。 職場で相手の尊敬を集め、より良い信頼関係を築くためのコミュニケーションスキルとして身につけることができます。

 

職場だけでなく、積極的であることは、人生全般にも役立つことでしょう。

さて、人には様々な性格があることを私たちは認識しています。生まれつき自己主張が強く、自信に満ちていて、いざというときに自分の意見を主張できる人もいます。一方、受け身で、その場の状況に身を任せる人もいます。後者は、自分の欲求を満たすだけでなく、他の人の権利やニーズを満たすことのバランスを取るために、より自己主張する方法を学ぶ必要があります。

 

自己主張が強いと、人はあなたを尊敬するようになります。あなたがどんな状況でも操られたり、騙されたりしないことを知っているからこそ、あなたに対する評価が高くなるのです。あなたが自分自身をうまく扱うことができることを知っているのです。このことは、あなたの自尊心を高め、溜め込んだ感情によってもたらされる不安やストレスを軽減します。

 

BetterUpは、積極性に関する研究で、積極性のトレーニングを受けた学生の不安が軽減されたことを発見したことを引用しています。

 

積極性を発揮するとき、自分と相手の間には相互尊重があります。お互いを尊重しているからこそ、自分の言いたいことをはっきり、ダイレクトに伝えることができるのです。また、他人に負けないという自尊心もあります。対立の中で自分を守るあなたのやり方では、無礼になったり傷ついたりすることなく解決することができます。もし相手が対立を解決するためにあなたと議論することを望むなら、あなたはウィンウィンの解決策を見つけることができるようになります。また、自己主張をすることで、チームメンバーから尊敬されるリーダーになることができます。なぜでしょうか?それは、あなたが公正なリーダーであること、そして自分の決断を下す際にはルールブックに従うことを、メンバーが知っているからです。

 

職場で積極的であることの例としては、相手を尊重しながらも、自分の意見を率直に述べることができる場合が挙げられます。また、ある状況に対処する際にアイコンタクトを取ることができ、個人的なミスから学び、謝罪することができます。他人に影響を与えるような決断をするときは、全員の意見を聞き、自分の意見と照らし合わせて判断することができます。また、チームが達成したことに、自分の貢献も含めて誇りを持つことができます。自分自身を含め、すべての人に称賛を与えることができるのです。

 

では、どうすれば仕事で積極的になれるのでしょうか。

 

「私」を使ったステートメントの使い方を学ぶ


積極的な人は、自分の意見が通らないからと言って、他人を外から見て間違っていると判断しないことを覚えておいてください。積極的になるには、自分のニーズを尊重し、また自分の考えを聞いてもらい、評価してもらうことが大切です。

 

誰かに陰口を叩かれないように、自分の言いたいことを伝えるときは「私」を使った明確な表現にしましょう。例えば、「会議中にベイプを使うのはやめたほうがいい」ではなく、「あなたと同じ空間を共有していると、私の存在が考慮されていない気がする」と言うのです。

 

アイコンタクトを確立する

 

相手を直視し、自分が小さくなっても視線を維持する。気の合う相手とアイコンタクトの練習をしてみるのも良いかもしれません。

 

自信に満ちたボディーランゲージを使う

 

ボディーランゲージは、あなたの自尊心をよく表しています。直立し(ヒント:職場でスタンディングデスクコンバータを使うと姿勢が良くなります)、会話するときや誰かと対峙するときは頭を高く上げてください。

 

手足を組むと、緊張しているように見えるのでやめましょう。相手のスペースを取らないように前傾姿勢をとる。

 

「ノー」を言う練習をする

 

嫌なことは「ノー」と言い、謝らない。代替案を出さず、「ノー」という言葉そのものを言うこと。特に、会社から給料が出ないのに、毎晩残業するのは嫌でしょう。「私は残業はしません、なぜなら私や他の人に不公平だと思うからです 」と言いましょう。

 

頭の中で会話のリハーサルをする

 

もともと自己主張が強くない人は、いざ相手と対峙しようとすると緊張してしまうかもしれません。必要であれば、鏡の前で会話の練習をしましょう。携帯電話で自分の声を録音して、実際の会話がどのようなものになるかを知ることもできます。明確で直接的な言葉を使うようにしましょう。

 

肯定的なものであれ否定的なものであれ、フィードバックを受け入れること

 

褒められたら、ありがとうと言い、傲慢に思われないように自分を卑下しないこと。褒め言葉を受け取ります。

 

否定的な意見や建設的な批判を聞いたとき、それについて防衛的になってはいけません。最後まで聞いて、それがどこから来たのか、オープンにしましょう。そうすることで、仕事でのパフォーマンスを向上させることができるのです。

 

自分の仕事について、どのようにフィードバックを求めたり、受け取ったりできるかを知っておく。

 

肯定的な言葉を使う

 

感じたこと、思ったことを言うときは、できるだけポジティブな言葉遣いを心がけましょう。憎しみに頼ってはいけません。相手の尊敬を得るためには、自分も尊敬されなければならないことを忘れてはいけません。これは、窮地に立たされたときや困難な状況にあるときほど重要です。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。