チームを効果的に管理するためのヒント

March 24, 2022

スタッフを管理する場合、様々な人格に対処することが難しい場合があります。チームワークへの取り組みは自然に発生しますが、効果的なマネージャーはそれに応じてソリューションが実施できるようにこれらの課題を特定する必要があります。

 

チーム内で問題を解決できれば、各従業員のパフォーマンスレベルを向上させることができます。

 

問題を解決する前にオフィスでのチームワークに関する通常の課題についての理解のレベルを把握する必要があります。そうしたのであれば、ソリューションを創造的かつ効果的に考えだすことができます。課題はあなたの仕事の分野によって異なりますが、様々な業界で共通の課題があります。これらの問題にどのように対処できるかを以下で説明します。

 

1.プロジェクト目的を明確にする


従業員がプロジェクトにおいて何が期待されているかを知ることは非常に重要です。プロジェクトの目標からかけ離れた無関係な仕事を行わないようにするため、または会社が期待するものを正確に把握できるように、明確な方向性を与える必要があります。このようにして割り当てられたタスクをより効率的に実行できるようにします。

 

スタート時点において従業員と話すことは彼らが最初に何に取り組んでいるのかを知るのに役立ちます。その後、彼らに仕事をさせ、彼らの進捗状況と最初の会議で話し合ったタスクとの整合性を定期的に確認します。誤解が生じないようにこれらすべてを記録してください。従業員はこのファイルを参照またはガイドとして使用することもできます。

 

2.チーム全員の間で信頼関係を確立する

 

チームメンバーが生産的に仕事ができるよう、お互いを信頼することが重要です。従業員が同僚を信頼する場合、彼または彼女は助けを求めたり、それを提供したりするのが容易になります。その結果、問題はより効果的に解決されます。

 

同僚がどのように行動し、タスクを確実に遂行するかを見ることができれば、時間の経過とともに自然に信頼が形成されます。スタッフがお互いにもっと精通するようにチームビルディング活動を行うようにします。

 

3.状況に応じて調整する

 

従業員を採用する時、応募者があなたの職場文化に適合し、すでにいるスタッフと一緒に仕事をできるかどうかを検討してください。これによりオフィスで衝突するのを防ぐことができます。二人が対立している場合、二人が調和して働くことができるように、彼らの悩みに耳を傾け、彼らの仕事を調整してください。また仲介者を入れ、第三者が彼らの違いを解決し、対処するのをサポートできるようにすることもできます。

 

職場での紛争にうまく対処できれば、モチベーションを高め、スタッフ間の協力関係を向上させることができます。

 

職場の非効率性が懸念される場合、チームの各メンバーのために人間工学に基づいた家具に投資することを検討してください。スタンディングデスク、スタンディングデスクコンバーター、人間工学に基づいた椅子、デスクバイク、およびその他の人間工学に基づいたモノはプロジェクトのタスクの完了に集中して仕事をしている間、より集中するのに役立ちます。

 

4.プロジェクトに関連するすべての情報を透明にする

 

信頼を築き、チームメンバーがプロジェクトを成功させるためには透明性が必要です。すべての従業員はプロジェクトに関連する情報を互いに隠してはいけません。1人の従業員が不十分な情報を受け取った場合、その従業員はプロジェクトに関係のない仕事を行う可能性があり、チーム全体にとって逆効果になります。

 

まず、マネージャーとして、例を設定する必要があります。常に透明性を保ち、プロジェクトに必要なすべての情報を共有する必要があります。次にスタッフに対して、プロジェクトへの自分の役割や貢献についても透明性を保つ必要があることを繰り返し伝えなければなりません。個人的な動機はチームの最善の利益の上にあるべきではありません。

 

これとは別に、重要な情報にはチーム内の各従業員に対する期待も含まれます。したがってチーム全体の生産性を維持するため、全員が必要なものと期待するものをオープンに伝達する必要があります。これにより仕事が重複したり、プロジェクトの進行が遅れたりするリスクも軽減されます。マネージャーはグループ内の各メンバーが互いにコミュニケーションを取り、タスクを調整する方法について様々な方法を提供できます。

 

必要な全員が会話に入れるグループチャットまたは電子メールスレッドを持つことも良いでしょう。


5.コラボレーションの必要性を強調する

 

競争はある程度であれば健全ですが、チーム内で競争力のある従業員がいる場合、プロジェクト全体の改善に貢献したいのではなく、自分の利益のために働いている可能性があります。競争が激化するのではなく激しくなってしまう場合、チーム内のコミュニケーションが少なくなる傾向があります。これにより誰かが間違いを犯す可能性が高まり、重要な情報の差し控えにつながる可能性があります。

 

マネージャーはコラボレーションのメリットを強調する必要があります。これはチーム共同での仕事であり、個別のタスクではありません。チームの目標に対する報酬を一緒に達成することを強調します。次に達成への各メンバーの貢献を強調してください。

 

6.チームメンバーの違いを考慮する

 

チームの各メンバーは目標を達成するための様々なアプローチを取ります。彼らが個人的な好みに基づいて仕事をする時、非効率性がグループ内で広がるかもしれません。マネージャーとしてのあなたはそのような違いによる悪影響を最小限に抑えるため、しっかりとしたリーダーシップを発揮する必要があります。Indeed.comによると、すべてのメンバーが自分の懸念や好みに対処し、それぞれの意見を聞くことができるようにします。その後、全員が従うべき最終決定を下します。

 

彼らはまた個人的な習慣の違いに関して衝突するかもしれません。これらにはファイルの整理方法、衛生状態、外食する場所と時期なども含まれます。個人的な習慣の違いに対処するための行動規範は他の人にとって軽率で不適切なものを考慮しながら、個人の自由を許可するのに役立つ場合があります。

 

7.1つの統一されたチーム目標を持つ

 

目標は最初から明確でなければなりません。彼らはプロジェクトが完了した後の最終成果物がどうあるべきかについて合意している必要があります。これは合意され統一された目標に沿ってまとまりのある仕事をしながら、全員の一貫性を保つのに役立ちます。目標を明確にするため、常にメンバーとコミュニケーションを行ってください。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。