自身のホームライブラリを作るためのヒント

August 02, 2021

私たちが知っているほとんどの本の虫は現実から脱出し、良い本と一緒に丸まって寝ることができる場所があればいいと思っています。ホームライブラリは過去のものに見えるかもしれませんが、自分の家にライブラリを作ることができない理由はありません。必要なのはこのプロジェクトがあなたが描いた通りの結果になるようにするための事前計画です。これはとてもユニークな場所であるため、デザインのほとんどはあなたの好みによって決定することができます。ただし、好みに関係なく、ホームライブラリが最適に機能することを保証するため、いくつかの指針に従った方が良いと言えるでしょう。

 

必要なもの

 

壁の棚と本棚

 

これはあなたのホームライブラリにとって重要な優先事項です。お気に入りの本棚または壁の棚を選んでください。より合理化されたビルトインの外観のためには引き出し、ドア、およびその他の収納の機能を備えたクローゼットカップボードを選んでみてください。これらのフローティングシェルフは他の本よりも見せたいいくつかの本を洒落た感じでかつミニマリストな雰囲気で見せることができます。

 

椅子

 

快適な読書用の椅子とフットスツール、ベンチ、またはビルトインの読書コーナーはパーソナルライブラリにとって優れたアイデアです。ゲストベッドルームを改造する場合、マットレスまたはスライディングベッド付きのソファは座席とゲスト用ベッドの両方として使用することができます。ポップな色をしたこれらのアクセントチェアと読書用チェアのフットスツールを組み合わせることもできます。

 

照明

 

様々な機能を備えたライトを追加することで大きなインパクトを与えることができます。読書灯は不可欠です。ただし、棚や本棚の壁を照らすアクセント照明も備えることを忘れないでください。ビルトインの照明を設置することができない場合、電池式のLEDライトとライトストリップを使うことを検討してみてください。

 

アクセサリー

 

ウォールアート、植物、または花でスペースをカスタマイズすることを忘れないでください。 皿、花瓶、または小さなアートワークなどの装飾品を棚に置くことができます。

 

デスク

 

勉強またはワークステーションとしても使用したい場合、ライブラリにワークステーションを追加することを検討してみてください。在宅勤務に最適な高さ調節可能なスタンディングデスクをご確認ください。

 

はしご

 

棚の高さに基づき、ライブラリのはしごは実用的でもあり、また優れたデザインコンポーネントにもなります。

 

では必要なものがわかったところで、更に下記を読み、ホームライブラリのニーズの詳細を確認し、すべてを実現するための一歩を踏み出しましょう。

 

焦点を展示することへ

 

あなたが熱心な読者であるなら、理想的な場所を作るよりも本を保持することに多くの時間を費やしていたことでしょう。でも今はライブラリーを作ることにしたので、今度はあなたの本を展示することにも専念しましょう。最初のステップとしてはあなたの家の中でこのプロジェクトに最適な場所を決定することです。部屋全体を使うことができるほど幸運な人はほとんどいないでしょう。その代わりにホームオフィスや通常の生活空間と共有するための独創的な方法を見つけることの方がはるかに普及しています。必要に応じて、マスターベッドルームまたはロフトエリアにおける十分に活用されていなかったスペースが小さな読書コーナーになることもあります。ライブラリがどこに作るのかを想像したら、次は棚について実際に検討するタイミングです。古典的なオプションとしては床から天井までの棚ユニットまたはビルトインです。一方で住宅所有者はカビーホールシェルフとフローティングシェルフでより独創的な空間を作っています。

 

適切な椅子の位置

 

これには明確なガイドラインはありませんが、その部屋が1つの快適なリクライニングチェアまたは大きな椅子の組み合わせに適合するかどうかに関わらず、快適にする必要があります。 超近代的なミニマリズムの代わりに、クラシックなデザインで見られるようなより大きく、より豪華な賞品を選んでみましょう。家具を設置したら、次のステップとしては適切な配置を見つけることです。この座る位置は家の他のどのものよりも、歓迎されるべき場所にあるべきです。少しカーブを描いて各椅子を配置し、そのエリアにカジュアルで居心地の良い雰囲気を作り出してみましょう。互いに離れて置くのではなく、互いに向かい合って、傾けるように配置します。

 

照明スキームを作る

 

家のどの部屋にも適切な照明が不可欠ですが、ライブラリにもそれは必要です。文章を読むために身をかがめる手間が好きな人は誰もいません。適切な照明のプランと適切な種類の照明を決めることは部屋が思った通りに機能するために重要です。まずは今の照明の設定を分析することから始めます。通常、次の少なくとも1つがあるはずです。

 

  • アクセント照明:アクセント照明は彫刻や写真など、特定の物に注意を引くためによく使用されています。調光器はムード照明を作るために、ピクチャーライト、燭台、またはトラック照明でよく使用されています。
  • タスク照明:タスク照明は特定の機能の実行をサポートするために使用されています。これにはデスクやタスクランプから頭上から吊るされたペンダントライトまで多岐に渡ります。
  • アンビエント照明:アンビエント照明は一般光とも呼ばれ、部屋全体を包み込み、快適になるようにします。これは通常、埋め込み式照明、トラック照明、または壁掛けランプなどがあります。

 

家庭的でパーソナライズする

 

居心地の良さはパーソナルライブラリの最終段階です。これはオフィシャルな室内装飾のルールではありませんが、私たちは非常に重要だと考えています。結局のところ、これは本質的に贅沢であるということです。そのような空間が完成すればあなたはそこで何時間も続けて良い本に寄り添っていたくなるはずです。このシナリオでは布地を使用することは部屋に暖かさを加えるための優れた手段と言えます。あなたのホームライブラリは日常生活のストレスからの避難所として機能している可能性が高いので、オアシスのように感じにしてください。それが芸術作品であろうと、この場所があなた自身のものであるように感じさせる特定の装飾アイテムであろうと、あなたはそれを持ち込む権利を持っているのです。

 

私たちの多くはいつかは自身のライブラリを持つことを夢見ています。あなたの生活環境が古典的な映画で見られるような従来のライブラリに適していない場合でも、その夢が実現できない理由はないのです。この記事は居住スペースの広さに関係なく、個人的な聖域を作るのに役立つことを目的としています。あなたの家を設計する時、それらを覚えておくのを忘れないでください。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。