職場におけるフィードバックの重要性とその求め方

April 13, 2022

あなたは比較的新しい職場で、自分のポジションに対してどのようなパフォーマンスを発揮しているのか気になりますよね。目標は達成できているのでしょうか?上司はあなたのパフォーマンスに満足しているのでしょうか?あなたは、プロフェッショナルで仕事に有益なフィードバックを求めていますが、それをどのように求めればよいのか迷っています。

 

あまりストレスを感じないようにしましょう。上司にフィードバックを求めるのは一般的なことであり、また、要求することが難しいことである必要はありません。

 

フィードバックを求めることは、実は有利に働くこともあるのです。あなたが会社や自分が貢献してきた仕事に対して関心を持っていることを示すのです。あなたが積極的で、仕事でベストを尽くそうと努力していることを示し、チームにとって信頼できる同僚になれるだけでなく、自分のスキルを向上させることができるのです。また、職場で成功したい、優れた人材になりたいというひたむきな姿勢もアピールできます。

 

どの部分を改善し、どのようなスキルを維持しなければならないかを知るために、フィードバックが必要です。自分の長所を認識し、短所を改善できるように、自分の仕事への貢献度を正直に評価する必要があります。勇気をもって率先してフィードバックを求めることで、自分自身についてより多くの発見をすることができます。また、尊敬するマネージャーからアドバイスや指導を受けることができます。

 

さらに、誠実な仕事上の関係を築くことができ、キャリアを歩む上での指針を得ることができるのです。

 

職場にオープンで透明性の高いコミュニケーションの文化が生まれることは、誰にとっても有益なことです。チームとして目標を達成するために協力することが容易になり、職場でのハードルを乗り越えることができるようになるのです。ただし、隠され、抑圧された意見や考えがあると、生産性が低下する可能性があることに注意してください。

 

職場でフィードバックを受けると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

プロとして成長するために、定期的にフィードバックを受けることは、雇用者と上司の双方に役立つものです。以下はその利点の一部です:

 

フィードバックは、仕事のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

 

上司や同僚から率直な評価を得られるような、具体的な期間や実際の仕事をあげるとよいでしょう。フィードバックを求める目的を理解し、良いことは認め、悪いことは受け入れ、フォローアップの質問をしましょう。

 

ヒント:仕事を効率的に進めるために、スタンディングデスクやスタンディングデスクコンバータを利用することを検討しましょう。

 

フィードバックは、オープンで透明性のある文化を育みます。

 

フィードバックを求めると、誠実さとキャリアパスにおける改善と進歩の意欲に基づいたプロフェッショナルな関係を築くことができるようになります。

 

定期的にフィードバックを求めることで、昇進候補になれる

 

フィードバックを求めることは、あなたが積極的で、献身的で、仕事に取り組んでいることを示すものです。成長への意欲と憧れを示すことで、昇進の可能性が高まります。

 

フィードバックを受けることで、間違いをできるだけ早く改善することができます。

 

同僚にフィードバックを求めないと、自分の苦手なことに気づかないことがあります。同僚から「こうすればよかった」と指摘されれば、すぐに修正することができます。

フィードバックは、上司から学ぶ扉を開く

 

上司は、あなたより前からこの業界で働いていたため、豊富な知識と知恵を持っています。フィードバックを求めると、試行錯誤した方法を教えてくれたり、具体的な仕事の進め方について指導してくれたりします。さらに、会社がどのように運営されているかという全体像も教えてもらえるので、どのように会社を運営していけばいいのかがわかります。

 

では、どのようにフィードバックを求めればよいのでしょうか。

 

1. 適切な時期を決めてお願いする

 

上司や同僚にフィードバック面談をお願いするタイミングを上手に作りましょう。このタイミングは、職場の状況によって異なります。締め切りを急いでいるときや、イベントの準備をしているときにフィードバックを求めるのは避けたいものです。

 

Indeed.comは、最近新しい役割を得たときや、職場で新しいスキルを身につけたときが、質問するのに良いタイミングであると提案しています。そうすれば、自分が何を伸ばし、向上させる必要があるのかを容易に知ることができます。

 

また、上司が何かで忙しくしているときにも、フィードバックを求めることに注意しましょう。上司が忙しそうにしていると、あなたが求めている明確で正直なフィードバックが得られない傾向があります。職場でゆっくりしているときに、フィードバックを得るための話題を持ち出してください。

 

また、相手があなたへの評価を準備する時間を与えることもお勧めします。あなたが望むような詳細なものにはならないので、すぐに求めるのはやめましょう。

 

2. どのような形のフィードバックが欲しいかを選択し、スケジュールを立てる。

 

フィードバックの方法はさまざまです。直接会っての面談がいいのか、メールでフィードバックしてほしいのか、具体的に聞いてみましょう。また、Webサイトやソフトウェアを使って社員にフィードバックを行う企業もあります。

 

どのような形にするか決めたら、フィードバックをくれる上司や同僚の都合の良い時間を予約します。相手の都合の良い日時を聞いておきましょう。

 

3. 評価者が答えられるような質問を用意する。

 

自分が知りたい質問を用意しておくことで、面談を最大限に活用しましょう。明確で直接的な答えを得るために、質問内容も明確にしましょう。時間管理に問題がある場合、どうすればチームをよりよくサポートできるか、自分のポジションに必要なスキルは何か、どんなコミュニケーションスキルを身につける必要があるか、チームの将来のプロジェクトにどう備えるか、などを質問するとよいでしょう。

 

すべての状況はユニークであり、すべての従業員がそうであるように、職場でのパフォーマンスに役立つ質問をするようにします。適切な質問をすることができれば、最良の答えが得られるでしょう。

 

また、面談では、具体的な状況や問題点について質問することで、今後、それらに対処できるようになります。せっかくの機会ですから、最大限に活用しましょう。

 

4. メモを書き留める

 

メモ帳とペンを持って、ミーティングに備えましょう。対話の中で最も印象に残ったことを書き留めましょう。メモを取ることで、情報やフィードバックを大切にしていることを上司に示すことができます。将来、このメモを見返すことで、自分のパフォーマンスを評価することができるかもしれません。

 

5. フィードバックを自分の仕事に生かす。

 

フィードバックは、適用してこそ意味があります。話したことを振り返り、リストの中で最も重要なものに優先順位をつけ、心して取り組むことができるようにする。

 

どうすれば改善できるか、計画を立てる。ミーティング後に目標を書き出し、管理可能な小さな行動ステップに分解する。

 

6. お礼を言うのを忘れないようにしましょう。

 

フィードバックに対して、正式にお礼を言いましょう。どんな形であれ、直接会って、もしくはメールでもいいので、感謝の気持ちを伝えましょう。そうすることで、相手は将来また会うことに前向きになってくれるはずです。月に1回フィードバックをお願いするのは、多かれ少なかれ適切な量です。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。