小さな子どもとの机を使った遊び

April 26, 2021

あなたに小さな子どもがいる場合、子どもと彼らが持っているパワーについていくのが難しいことがあるかもしれません。幼い子どもたちが成長していく姿を見るのは素晴らしい経験ではありますが、時には子どもたちに学習体験を与えながらも、彼らが夢中になってくれる状態を維持する方法も考える必要があります。これを行うための最良の方法はあなたが楽しみながらもその遊びに夢中になってくれる方法を考え出すことです。以下は子どもと一緒にできる遊びの例です。

 

これはおそらく子どもと一緒にできる最も簡単な遊びです。子どもは楽しい経験、不思議に思う感覚、そしておそらく少し困難だと感じる、そのような体験をすることができます。子どもたちは物事が少し困難だと感じる時こそ最も楽しい時なのです。

 

必要なもの:

 

  • 無地の普通紙(できればカード用紙などの少し厚いもの)
  • 太さの異なる糸(ミシン糸、かぎ針編み用の糸、コットン素材の糸、より糸など、様々な種類のものが使用できます)
  • 少し汚れても構わないカップ
  • 様々な色の塗料(ポスター用塗料、水彩絵の具、または糸に吸収されやすいその他のもの)
  • 重たい本(後で色が塗られる可能性があるので、これはビニール袋に入れてください)
  • アイスキャンデーの棒
  • ペーパータオル(こぼれた場合)

 

この遊びはすぐにできますが、あなたも子どもも両方が興味を持ってできる回数だけ行うことができます。そして覚えておく必要のある最も重要なことは準備から片付けまですべてのステップで子どもがあなたの手伝いをするようにすることです。これにより彼らは運動能力を発達させ、芸術の感覚を磨くことができます。

 

手順:

 

塗料を準備します。カップの中にそれらを移す、もしくはそれらを希釈してください。テーブルの上にカップを並べ、すぐに手に届くことができ、好きな色を選べるようにします。

 

最大20インチ以内で紐を様々な長さ切ります。子どもが取り扱うのに不自然なほど長い場合、子どもよりもはるかに低くなるように、子どもを椅子に立たせる必要がある場合があります。しかしもし調節可能な机を持っているのであれば、これをずっと簡単にするかもしれません。

 

あなたの色を選択してください。次に、紐をカップの中に落とし、アイスキャンディーの棒を使って、さらに下まで押します。カップから簡単に引き上げられるように、紐の一部がカップから見えていることを確認してください。子どもがこれを行った時にすべて落としてしまうのではないかと心配な場合、もう一方の端をカップの外側にテープで留めてから、残りのひもを中に落としてみてください。

 

グリーティングカードのように紙を半分に折ります。あなたの子どもに1つを与え、あなた用にもう1つ準備してください。目の前の紙を開き、折りたたんだ部分の片面だけを使うように子どもに指示します。

 

紐を1つずつ持ち上げ、紙の中に気を付けてそれらを置きます。スパゲッティの麺をを手で動かそうとする時のように、紐を好きなように置くことができることを子どもに伝えます。覚えておくべき非常に重要なことのテールと呼ばれている紐の一部が紙の中に入っていないことを確認することです。折り目を閉じると、紙からはみ出します。

 

テールが出てきたら、折り目を閉じ、その上に重い本を置きます。これにより用紙が所定の位置に保持され、次のステップに進むことができます。

 

片方の手を本の上に置き、もう一方の手でテールを紙の折り目から引き出します。これをゆっくり行うように子どもに指示してください。子どもがテールを引っ張っている間、本があまり動かないように、本を押さえる必要がある場合もあります。

 

本を取り出し、折りたたまれた紙を開きます。今、あなたは完成品の出来具合に驚くでしょう。そして、出来上がった製品が花や泡のような実際のイメージのようになるかどうかを試してみてください。触れる前に、まずは乾燥させることも忘れないでください。

 

いくつかのポイント:

 

おそらく始めは紐1本と色は1つのみを使用してください。その後、色の異なる2本以上の紐で試してみてください。あなたの子どもが様々な結果にどのように驚くのかを見てください。

 

水彩絵の具を使用する場合、水っぽくなりすぎないように注意してください。そうすれば、びしょ濡れで終わるということはなくなります。

 

にじみの少ない、より細かいイメージが必要な場合、紙に入れる前に、アイスキャンデーの棒をカップに押し付けて、ひもから塗料部分をこすり落とします。

 

汚れた色が必要な場合、染料をこすり落とさないでください。いくつかの実験を行い、どの設定が最適かを確認してください。あなたは彼らの最高傑作で何がお気に入りかについても知るためにも、子どもに関わらせることを忘れないでください。

 

紙の上に紐を置くことをを楽しんでください。風船やボールのような基本的なパターンを子どもに見せ、それから引っ張るとどのように変化するかを教えてあげてください。

 

遊びが終わったら、子どもに片付けの手伝いをさせます。机の片付けと掃除を続けながら、このアート作品をどこに吊るすかについて話し合ってみてください。あらゆるステップにおいて励まし、もし「できない」という言葉を聞いたら、一度試してみるように言ってください。それがどのようにするのかを子どもに見せて、それがいかに簡単であるかを示すために彼らの手を持ちながら教えます。もちろん、すべての中で最も重要な部分は楽しみ、そして困難になるかもしれないことは心配しないことです。このステップにおいてあなたの子どもがその過程を楽しみ、自由にさせてやる必要があります。間違った結果というものはないので、これは一緒に遊ぶ内容としては完璧なスタートと言え、それは常にユニークかつ美しいものになります。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。