コロナ禍でポッドキャストを始めましょう

July 05, 2021

ポッドキャストは、特にパンデミック以降人気を集めています。まだそれほどリスナーが増えていない今の時期に自分のポッドキャストを立ち上げれば、目標とする配信数を達成することができます。

この記事では、番組の構想から公開まで、番組を立ち上げるための各プロセスを紹介します。この記事を最後まで読めば、ポッドキャストの扱い方を理解し、すぐにでも始めてみようという気持ちになるでしょう。

デジタル構想
まずはじめに、あなたはなぜポッドキャストを始めようと思ったのでしょうか?

あなたは自営業の方ですか? 会社勤めの方ですか? それとも、ただ退屈しているだけでしょうか? いずれの立場であっても、ポッドキャスティングは情報の信頼性を確立すると同時に、消費者やターゲットリスナーに貴重で興味深い情報を提供するための、素晴らしい戦略であることに気付いているのでしょう。

それとも、副業としてポッドキャスティングを考えているのでしょうか?もしそうであれば、あなたの余暇の時間にプログラムに取り組むことを考えているのでしょう。そして、そのテーマは、あなたが今、熱心に取り組んでいることだと思います。

目的を明確にした上で、リスナーのターゲット層を認識する必要があります。

問題は、誰のために番組を作っているのか、なぜそれをやっているのかを明確にしない限り、リスナーを作ることはできないということです。

商業的な観点からアプローチする場合は、本業がトピックの源泉となります。たとえば、暗号通貨に夢中になっている人は、なぜ暗号通貨が紙幣や投資の未来の姿であるかをテーマにすることができます。

リスナーに自分の趣味をアピールしたい人は、特定のニッチな分野にこだわるといいでしょう。読書家の方は、自分の好きな本や新刊本を紹介したり、レビューをネタにできます。

リスナーの人格やアイデンティティを明確にすることは、多くの専門家が議論していることです。自分の作品に興味を持ってくれるのはどんな人なのか、具体的に思い描いてみるとよいでしょう。エピソードを企画する際には、常に仮想したリスナーを念頭に置くようにしましょう。"視聴者のジョーは、これを喜ぶだろうか?"、"これは彼が楽しみにしていること、興味を持っていることと合致しているだろうか?"、などです。

その個性や懸念があるからこそ、番組のテーマやターゲットを絞ることができ、結果としてより有意義なコンテンツになるのです。


自分のターゲットリスナーが決まったら、どうやってつながるか?

ある人がポッドキャストを始めるときには、すでに小さなファンがいます。それは、ミュージシャンであったり、引退したスポーツ選手であったり、小説家であったりします。

自分のポッドキャスト以外にすでにリスナーがいる場合は、番組の基盤を作る素晴らしいチャンスです。もちろんそのためには、あなたの番組がそのリスナー層にもふさわしいものである必要があります。

開発段階で視聴者の声を聞くこともできます。例えば、"あなたの最大の課題は何ですか?"というような質問をしてみましょう。これは、リスナーに合わせて素材を調整するために、将来役立つかもしれません。

リスナーのことをもう少し知りたいと思うかもしれませんね。その場合は、統計情報や居住地域などの情報のほか、その人が他にどんなポッドキャストをフォローしているかなども確認するとよいでしょう。

早めに決断して前に進むべきです。

ポッドキャストを始めようとしている大多数の方へ。ようこそ! チャンネル登録者数やリスナー数がゼロだからといって、自分の番組を始めることを躊躇しないでください。ほとんどの制作者は、自分のニッチな話題から始めて、あっという間に数人の忠実なリスナーを獲得しています。

20代前半を過ごすために役立つ情報を提供したり、好きな漫画家との面白いやりとりをしたり、視聴者に価値を提供できるのです。

注目してもらうだけでなく、もっと見てみたいと思うきっかけを提供することも、開発段階で考慮すべき極めて重要なことです。それと同様に、潜在的なファンを釣り上げたり、寄せ餌となるような番組概要を開発し、シナリオを書かなければなりません。


番組を表現する3つの分類
- 気の利いた番組名
番組のハンドルネームは、面白いものを思いつくかもしれません。しかし、人々がそのテーマに関する情報を探しているときに、見つけることができなければならないことを意識してください。番組名が面白い場合は、タグの中に説明文を入れるようにしましょう。優れたコンテンツを提供しても、誰にも見つけてもらえなければ意味がありません。
例えば、「Worth The Weight」は、重量挙げに情熱を燃やすフィジカルトレーナーの方にぴったりのポッドキャスト名と言えます。

- 名前ではない番組名
とっつきやすい(しかし、少々つまらない)オプションは、リスナーが求めているであろう内容をそのまま名前に付けることです。
その場合、あまりにも長くて曖昧な名前にならないようにしましょう。番組制作中にポッドキャスト名を何度も口にすることになるので、簡単なものにしておきましょう。

- 個人名の番組名
すでにリスナーがついている場合を除いて、これはやめておくべきです。番組のタイトルに名前を入れて、何か説明を加えることはできます。ですが、情報をつけずに自分の名前を番組名にするのは控えましょう。


エピソードのスケジュール作成
ポッドキャストでどのようなコンテンツを出したいかが決まったら、番組そのものについて熟考する必要があります。ポッドキャストを始めるときに、定番の質問にはどのようなものがあるでしょう。

要点を伝えるためには、どのくらいの時間が必要だと思いますか? 多くのポッドキャストリスナーは、10分以下のものを「短い」エピソードだと考えます。そして、1時間以上のものは「長い」エピソードだと考えるのです。

多くの場合、20分を目安にしているかもしれません。しかし、エピソードの長さの「マジックナンバー」は、20分から45分の間のようです。

しかし、数字にとらわれすぎてはいけません。番組の長さは、最終的にはコンテンツとターゲットとなる市場の2つの要素によって決定されるべきです。

せっかく50分もの魅力的なコンテンツがあるのに、なぜ10分に短縮する必要があるのでしょうか? 番組が長すぎるか短すぎるかは、時間の経過とともにフォロワーが教えてくれます。このような統計を取るには、年に一度アンケートを行い、必要に応じて番組長さを調整してみてください。


まとめ
ここで紹介したことは、あなたがポッドキャストを始めるときに心に留めておいてほしいことのほんの一部です。この記事は短いかもしれませんが、役に立たないことはありません。さあ、今すぐポッドキャストを始めて、あなたの創造性を発揮してください。