在宅勤務はニューノーマルになる可能性がありますか?

May 20, 2022

在宅勤務は有益だとわかりましたが、それが唯一の選択肢である必要があるのでしょうか?

 

過去2年間において、コロナウイルス大流行は私たちに多くのことをもたらしました。それは私たちに異論、病気、死、ワクチンなどをもたらしました。それがキャリアの世界にもたらした最大のことの1つは在宅勤務です。在宅勤務は企業が従業員を社会的に遠ざけることができる最も安全な方法であり、全員がオフィスにいる必要はないのです。在宅勤務をすることはで、彼らがより集中し、より生産的になり、通勤しないことから節約する時間で生活をより充実させる機会を持つのをサポートしたので、一部の人にとっては良いことでした。

 

多くの人々が在宅勤務をしながら、その結果を企業は見てきました。Twitter、Facebook、Spotifyなどの多くの企業は在宅勤務制度をすべての従業員にとって永続的な制度にしました。まだ多くの企業で従業員はオフィスで働いていますが、他の企業はオフィスにいる従業員と在宅勤務をしている従業員とのハイブリッドアプローチを取っています。

 

在宅勤務を行う側面は非常にシンプルです。あなたは自身の家の快適さの中にいながらも、雇用主とコミュニケーションを取り、日々の仕事に取り組む場所を持っています。在宅勤務は今やニューノーマルだと感じている人もいれば、「オフィスでの社会生活」を懐かしむ人は在宅勤務は1つの選択肢に過ぎないと感じている人もいます。確かにウォータークーラーの周りに立って、職場の仲間とおしゃべりするのはいいことです。ほとんどのことがオンラインで行われてしまうと、対面でやり取りしたり、仕事仲間と合うことも、そのためだけにわざわざセットアップしないといけないのです。

 

コロナウイルスの予測不可能な未来により、私たちが住んでいた以前の世界がいつか戻ってくるのか、それともソーシャルディスタンスのある生活が永遠に私たちの生き方になるのかを知るのは困難です。私たちの多くが気付いていない側面の1つは在宅勤務が持つメンタルヘルスへの影響です。この世界には社会不安に苦しむ何百万人もの人々がいます。社会不安は不自由で管理が難しいのですが、仕事をするために人々と協力しなければならない世界ではほとんどの人がそのストレスを抑え、生活をするためにそれに対処しています。

 

在宅勤務のメリットは社会不安や一般的な職場での不安などに苦しむ人々が仕事を完了させるために集中することができるようになることです。社会不安やメンタルヘルスの問題が発生することなく、人々は職場で日常的にどのように対処するかを心配することなく、本当に自分の価値を示すことができます。仕事のストレスは一般的に、人々が対処しなければならない苦痛なことであり、もちろんそれはまだまだ起こる可能性がありますが、在宅勤務をすればそれが軽減されます。

 

あなたがベッドから起き上がり、何歩か歩き、そして仕事をすることができるという純粋な事実は驚くべきことです。私たちはお堅い企業のドレスコードに合った服装の代わりに快適な服を着て一日中働くことができ、ホームオフィスを離れるとすぐに文字通り家でくつろげるのです。それ以上に良いことはないでしょう。また在宅勤務をして休憩時間で健康を改善したり、休憩時間に家の周りで必要なことをしたり、昼食に自炊を楽しんだりしている人もいます。

 

在宅勤務をすることは不幸に見えても結局は幸福となるものなのです。在宅勤務をすることがもはや選択肢ではなくなった時、現在の仕事を辞める人がたくさん出てくるでしょう。彼らは安全を感じたいと思っているだけでなく、あまり快適ではない環境に戻りたくないことから辞めるのです。私たちは習慣の生き物なので、90%の確率で変化が起こる時、私たちはそれを快適には感じないでしょう。私たちが2年以上快適に過ごしてきた環境を根こそぎなくしたいと思う人は誰もいません。

 

過去の私たちのオフィスに戻る時が来ると、おそらく引き裂かれる思いを持つでしょう。あなたは在宅勤務を続けたいですか、それともオフィス環境に戻りたいですか? 10人中9人が在宅勤務を選ぶだろうと私は確信しています。物事を以前の状態に戻したいとはあまり思わないでしょう。先に述べたように、職場のメンタルヘルスの問題は(人や仕事の種類によっては)減少しているように見えます。個人的には在宅勤務を2年近く続けていますが、ノイズキャンセリングヘッドホンを使ったり、ポッドキャストを聴いたり、暗い部屋で集中力できるのは私にとって天国です。

 

社会不安やその他多くの問題など、職場でメンタルヘルスの問題に苦しんでいる人であれば、在宅勤務を行うことは非常に素晴らしいことです。在宅勤務をしている時、オフィスで発生するような気を紛らわすものがないです。仕事の集中を切らすようなおしゃべり、数え切れないほどの大声の会話、またはオフィスで働くことによってもたらされるストレスを求めて、オフィスに来る人はあまりいないでしょう。

 

ほとんどの人はコツコツと週末のために働くのが好きです(キャッチーな80年代の歌がそう言っているように)。私たちが一生懸命働くほど、週末は早くやってくるでしょう。それはただの一般的なことです。これからは働き方は私たちの多くが今後の働き方についてどうしたいのか、どうなるのか考えながら決まっていくでしょう。あなたは在宅勤務が好きな人ですか、それともどちらでも良いですか?環境を変更する前に、両方のことについて考えてみてください。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。