日常的な痛みに対するセルフケア法とは

April 20, 2022

誰でもどこかの時点で日々の身体の痛みに悩まされるものです。市販の薬を飲めばある程度は楽になるかも知れませんが、これはあくまで一時的な救済に過ぎません。実のところ、鎮痛剤の使い過ぎは長期的に見て肝臓を傷つけてしまいかねないのです。

 

もし日常的な痛みや辛さに悩まされているなら、日常生活に取り入れるべきセルフケア法があります。こうしたテクニックを使えば、その時々で変化するニーズに対応しながら、より効果的に痛みを管理することができるようになります。

 

長年に渡り、慢性的な痛みとセルフケアとの関連について様々な研究が行われて来ました。それらの研究によると、毎日薬を服用するのと一緒にセルフケア法を実践している人は、痛みのレベルが大幅に低減していることを実感する可能性が高いといいます。

この記事では、あなたが日常生活の一部にするべき、日々の痛みに対するセルフケア法についてご紹介します。

 

瞑想を行う

 

最短で若返りを感じられる方法は、簡単な瞑想をすることです。これまでに瞑想をしたことのない人は、ガイドがついた瞑想をする方が合っているかも知れません。多種多様なオーディオファイルやアプリケーション、ウェブサイトなどがあります。こうしたガイドは各ステップごとに詳細な説明がされており、より瞑想に入りやすくなります。

 

また、心拍数を落ち着かせてストレスを軽減させる呼吸法も数多くあります。こうしたエクササイズに必要な時間は5分ほどで、身体のすみずみまで血液を行き渡らせることができます。深呼吸が痛みにもたらす効果を侮ってはいけません。痛みを感じている時、呼吸が浅く早くなることがあります。その結果、めまいを感じ、パニックをより多く引き起こしてしまうことになりえます。その代わりに深呼吸をして、筋肉の緊張を和らげましょう。

 

あなたの子どもたちにも瞑想法を学ばせることをお勧めします。瞑想は生涯に渡って役に立つスキルです。長期的にあなたとあなたの子どもたちに利益をもたらします。

 

穏やかなエクササイズを日常の習慣に取り入れる

 

日常的に穏やかなエクササイズを行うことの効果も過小評価してはいけません。あらゆるトレーニングをする必要はありません。ガーデニングや水泳、ウォーキングやダンスなどをすることで、脳への痛みの信号を直接遮断することができて、日々の痛みを和らげるのに効果があります。

 

さらに、筋肉のこわばりや関節や靭帯の緊張に悩まされているならば、日常生活にストレッチを行う習慣を取り入れましょう。座って過ごす時間が長い人は、スタンディングデスクを購入することをお勧めします。日中座りっぱなしでいる時間が長いと、痛みや痛みの強度が増すばかりです。

 

運動をすることで痛みが強くなり、ダメージが大きくなるのではないかという恐れを抱くことは当然のことです。けれど、ゆっくりと運動を増やして行けば良いのです。急いで行う必要はまったくありません。身体に害を与えないように、日々少しずつ強度を上げていきましょう。

 

将来起こりうる日々の痛みを、長期的に軽減する効果がある運動もたくさんあります。

 

カウンセリングを受ける

 

身体に痛みがあると、不機嫌になる、落ち込む、疲れやすくなる、不安な気持ちになるなどの弊害が起こります。こうした不安感がさらに痛みを増幅させ、まるで自分が下向きのスパイラルにとらわれたように感じてしまいがちです。そんな時こそ、自分に優しくするのを忘れないでください。

 

日常的な痛みや辛さに対処するのは簡単なことではありません。あなたが頑固になることで簡単に自分自身の手ごわい敵になってしまいます。したがって、毎日の自分の活動のペースを把握し、できないことを受けいれることが大切なのです。

 

また、催眠療法士やカウンセラー、心理学者などとのセッションを行うこともお勧めします。彼らはあなたが自分の痛みの原因を突き止め、自分の感情と向き合うための手助けをしてくれます。こうした困難な時期には、セラピーが救世主となるのです。

 

気を紛らわせる

 

日常的に痛みや辛さを経験していると、やる気がなくなる、不安になる、焦りが出てくるなどの弊害が生まれます。生きることがつらくなり、自分の限界に苛立つ日々になるかも知れません。けれど、心を失わないようにするためには気を紛らわせることが大切です。気晴らしで痛みの強さが軽減することはないかも知れませんが、気を紛らわせるのに役に立つことは間違いありません。

 

自分が楽しめるアクティビティや趣味を見つけましょう。精神的に、また身体的に刺激を与えてくれるものであればなんでも構いません。それをしている間、あなたの心は痛みに集中しなくなります。その代わりに、手の中にあるタスクに焦点を合わせるのです。そうすれば、自分の動きが制限されていると感じることなく、自分自身の生活を楽しむことができるようになります。

 

睡眠の習慣を構築する

 

日常的な痛みに悩まされている人は、夜もなかなか眠れないかも知れませんね。痛みに悩まされていると睡眠サイクルに影響が出て、長期的にはさらなる健康上の合併症を引き起こす可能性もあります。日々の睡眠の習慣を構築し、それを守ることが大切です。そうすることで、夜を通して安らかに眠れる可能性が高くなります。

 

睡眠を取らないと、あなたの痛みは悪化するばかりです。まずは毎晩同じ時間に就寝し、毎朝同じ時間に起床する習慣を身につけましょう。さらに、日中は昼寝はしないようにしましょう。もし睡眠障害が続くようなら、一般的な内科を受診することをお勧めします。

 

温熱療法

 

多くの研究によると、ヒートラップは筋肉の痛みから来る身体の痛みを和らげるのに効果的だといいます。腰であっても膝であっても、痛みを軽減することができるのです。温熱療法は、温湿布や湯たんぽを利用して行います。また、月経前症候群(PMS)の痛みに悩む人や、月経痛に苦しむ人にもとても素晴らしい治療法です。

 

温熱療法は、収縮した血管を広げることによって痛みを軽減します。体内の血流量が増えると、関節のこわばりが和らぎます。関節のこわばりは通常、変形性関節症によって引き起こされます。専門家によると、これを治療する方法は、定期的に温熱パッドを貼ることだけだといいます。

 

医師から温熱療法と冷却療法を交互に行うように言われる場合もあるでしょう。冷却療法は、筋肉の緊張や捻挫によって引き起こされる身体の腫れや痛み、炎症を抑えるのに効果があります。さらに、坐骨神経痛、滑液包炎、腱鞘炎などの痛みに対処するための治療法としても推奨されています。必要となるのは、保冷剤か冷凍エンドウ豆の袋だけです。

 

自己管理コースを見つける

 

あなたが自分の痛みをより良く管理するのに合った、NHSのトレーニングプログラムを

 

がたくさんあります。世界中では多くの人が、様々な症状、特に関節炎や糖尿病から発生する慢性的な痛みに対処することを余儀なくされています。自己管理コースは、こうした人々が定期的に自分たちの痛みを管理するのに役立ちます。

 

多くの研究によると、自己管理コースを受講した人は、毎日服用していた鎮痛剤の量を減らすことができるようになったといいます。自己管理コースは、個々人が自分の痛みを理解して対処するのをサポートすると同時に、支援グループを紹介してくれます。自分と同じ境遇の人が多ければ多いほど心を開き、一緒に痛みに対処する方法を見つけられる可能性が高くなります。ひとりで何かをやり遂げるのは、何人かで一緒にやり遂げるよりも難しいことなのです。

 

感謝の日記をつける

 

感謝の日記をつけている人は夜中に長い時間眠ることができて、睡眠の質が高いという研究結果が報告されています。日常的な痛みに苦しんでいる人は睡眠の習慣も悪い可能性が高いのです。横になっても痛みで寝付けないということもあります。

 

けれど、感謝の日記を毎日つければ、それほど時間をかけることなく、メンタルヘルスに良い影響をもたらすことができます。大切なのは、感謝していることをいくつか毎晩書き留めるということです。借金を返済し終えたというような大きなことでも、散歩に出かけたというような小さなことでも良いのです。どんなに些細なことでも構いません。感謝の日記の大切なポイントは、たとえ苦しい状態でも、気持ちを高めてくれることは数えきれないほど日々存在しているのだと自分に気づかせることなのです。

 

まとめ

 

日常的な痛みとつき合うのは大変なことです。毎日が苦しさの連続で、ベッドから起き上がるのさえひと苦労かも知れません。けれど、こうした痛みと闘う時期には症状を軽減するためのセルフケア法を取り入れて、自分自身を大切にすることが重要なのです。

 

がまん強くやり遂げることを忘れないでください。ただし痛みが続くようであれば専門家の診断を受けてください。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。