仕事中の立ちっぱなしからくる足の痛みを素早くかつ効果的に回避する方法

August 11, 2022

足の痛みは職場の人にとって大きな悩みの種です。時間の大半を足を使って過ごす業界で働いていると、足の痛みによって気分が妨げられ、1日の生産性に影響を与えることがあります。仕事の後、散歩やランニングをしたいと思っていた人もいるかもしれませんが、足が疲れている日は何もしないようにして、足の痛みを和らげたいと思うかもしれません。
職場で一日中立っていると、在宅勤務者でも何人かの人が足を痛めることがあります。かかとのある靴を履いていると、脊椎の問題や、腰痛、足の痛みを引き起こすことが最も多いです。足のけがや足の酷使は、履き心地の悪い靴を履いて、長時間立っていることが原因であることを理解しておく必要があります。また、立っていても座っていても、仕事中に足が痛くなることがあります。原因は、足が常に体の負担や体重の影響を受けているからです。しかし、当社が注目しているのは、仕事中に一日中立っていても、足の痛みを回避できる方法です。
立って仕事をしていても足が痛くなるのを回避できる方法をいくつか紹介しましょう。

 

1.履き心地の良い靴を履く

 

自分に合った靴を履くことは、特に職場では時間がかかります。女性も男性もヒールのある靴や硬い靴を履いていることが多い職場では、履き心地の悪い靴を履いて無理やり立つと、足の痛みを引き起こしたり、長期的な合併症を引き起こしたりする可能性が高くなります。もし足の痛みが原因である場合は、履き心地の良いスニーカーを持ってきて、かかとのある靴で疲れた時に履くことを検討してみてください。快適でフィット感のあるスニーカーは、長時間立っていても、足の痛みを軽減できる優れたアプローチです。かかとの痛みに悩んでいる場合は、かかとをサポートする靴を検討しましょう。土踏まずのアーチが高かったり、足の痛みがある場合は、インナーソールの靴を履くことを検討してみてください。

 

2.弾性ストッキングを履く

 

過去数年間、医療機関は足の痛みに苦しむ人々に弾性ストッキングを勧めることをほとんどあきらめていました。「見せかけのパンティストッキング」 では男性に見られても恥ずかしくなく、ファッショナブルではないものに挑戦していました。しかし、弾性ストッキングは日々の生活の中で様々な快適なスタイルに進化したので、その時代は終わりました。素材の技術が進歩したことで、着圧タイツは今ではあらゆるデザインや色で作られているより薄くて軽いタイツと同じ効果があります。ほとんどの時間を立って過ごす場合は、血流を促進し足の痛みを和らげる弾性ストッキングを探すことが一番です。

 

3.医療用マットを使う

 

足の痛みを和らげるために、疲労軽減マットが必要だと思ったことはありますか?前にも述べたように、長時間同じ姿勢でいると足が疲れてしまい、一日中立っているだけでなく、自宅で仕事をしていても足が痛くなることがあります。Flexispotの疲労軽減マットを使えば、足の痛みを避けることができます。このFlexispotの人間工学に基づいて設計された、疲労軽減マット DM 1は、足の痛みの問題を解決したり、回避したりするのに最適な選択です。DM 1の疲労軽減マットには、マッサージスポットとマウントが含まれており、自然な体の動きで定期的な足のマッサージを促します。このマットの上に立つと、疲れた足が目覚め、心身が落ち着き、血行がよくなります。

 

FlexispotのDM 1の疲労軽減マットは、82センチ×52センチのサイズで、1日を通して移動したり、姿勢を変えたりするのに十分なスペースがあります。これらはすべて、靴や靴下を履いたままで使っても良いです。滑りにくい耐摩耗素材を使用しているので、滑りにくくなっています。マットの上に立っている間、分厚いパッドが重力を分散し、足圧を低下させ、快適性を向上させます。DM 1は、立っている間もインソールと足を守ってくれます。疲れにくいマットの上に足を乗せると、下から5センチほどリクライニングするのがいいでしょう。足の痛みを軽減するマットは、高張力PUとビーガンレザーの構造により、裂け目に強いです。

 

厚さ2.4センチのこのFlexispot社製の疲労軽減マットは、快適さと足の痛みを和らげる最高のチャンスです。

 

4.ルーティンの中に足のストレッチを取り入れる

 

足底筋膜炎、アキレス腱痛、足の指の痛み、足の甲の痛み、および他のタイプの足の痛みといった足の悩みを対象とした足のストレッチが本当に助かる可能性があります。ストレッチは通常、習得するのにそれぞれ5分未満とかかりません。一日中立って仕事をしている場合は、一日の始めと終わりに足のストレッチをする時間をとりましょう。ストレッチは、慣れてくると仕事による足の痛みが軽減され、そのうち痛みがとれていきます。

 

血行は、軽い運動とストレッチ運動で良くなります。机の横に立ってエクササイズをするのも効果的です。もっと簡単な足のエクササイズでは、つま先を前に向け、まっすぐ立ったまま足をブランとさせて、両手を腰に当ててつま先で円を作ります。自分の快適さにもよりますが、5回から10回行った後、反対向きに行います。

 

そうして仕事中に運動を続けることで足の痛みを避けることができます。Flexispotはいつもお客様に寄り添っています。オールインワンのデスクバイク/バイクワークステーションV 9は、ワークアウトとワークアウトのバランスを取るのに役立ちます。運動をすることで、カロリーが消費しやすくなり、活動的で健康的な状態を維持できます。空圧調節レバーで高さを調節できます。このデスクバイクを使えば、軽い運動から手首をフリックするだけでしっかりとした運動までできます。V 9は、一日中立ちっぱなしで仕事をしていて、ちょっとした休憩が多い人に向いています。このデスクバイクで休憩しながら、締め切りに間に合うよう働きましょう。最大のメリットは、デスクバイクがスムーズで静かにサイクルを回すことができることです。迷惑になる恐れはありません。

 

5. 座って休憩をとる

 

大半の時間を足を使った作業に費やしている場合は、休憩をとることを検討してください。中途半端なサイズの靴を履いていて、合わない靴を履く必要がある場合は、休憩中に座って靴を脱ぐことを検討してください。このとき、痛みを和らげるために足を伸ばしてください。また、1日中立っている場合は、休憩中は立つことを避けましょう。座って休憩をとれば、残りのシフトを乗り切ることができ、足の体重がかかる部分にかかるプレッシャーを取り除くことができます。

 

Flexispotが研究者や科学者と何年もかけて、立っているときと座っているときの移動方法を改良しようとしているのはそのためです。さまざまな高さ調整可能なスタンディングデスクを製造しており、立ったり座ったりすることができ、1日を通して簡単に姿勢を変えることができます。長時間立って仕事をしている場合は、Flexispotの高さ調節可能なスタンディングデスクを検討してみてください。これらはすべて、使用者の日常的なニーズに合わせてすべて設計が異なっています。ほとんどの社員は立ったままで机を使っています。長時間立っていると足に体重がかからなくなり、背中に緊張がかかるため、痛みを引き起こし、健康に影響を与えます。

 

6. 足湯を楽しむ

 

1日の終わりに運動をすることで長時間立っていることによる足の痛みを避けることができます。足湯は足の痛みを和らげ、痛みの進行を防ぎます。就寝前にお湯に足を浸しておくと、炎症が抑えられ、気持ちの良い朝を迎えられます。お湯に浸かることで血行が良くなります。足湯は足の痛みを和らげるだけでなく、お肌を柔らかくし、疲れを取り、ストレスを軽減する働きもあります。エッセンシャルオイルやエプソムソルトを足湯に入れるとなお効果的です。

 

最後に、ルーチンワークに精力的に取り組んでいる人は、たいてい立ちっぱなしです。足を休めると多くのメリットが得られるため、足を休めることが賢明で有益なのです。楽にして、機会があればいつでも歩いてください。そうすることで、足の痛みの影響や悪化を防ぐことができます。Flexispot社のウェブサイトを見て、この記事に記載されている製品を非常に手頃な価格で購入することもできます。今だからこそFlexispptの公式サイトを見て、足の痛みの治療法と予防法を頭に入れてください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。