オフィスワーカーの肥満:原因と予防

June 09, 2022

健康維持のために体重を減らしたいというのは、立派な理由です。しかし、その肥満の原因は何なのか、考えたことはありますか?あるいは、最も効果的な予防策をご存知でしょうか?すべての答えはここにあります。さっそく始めましょう。

 

オフィスワーカー:肥満の主な原因


世界のほとんどの地域で、多くの産業が、労働者の生産レベルの低下により、年間数百万ドルの損失を出しています。これは間違いなく、オフィスで働く従業員が肥満で悩んでいることも原因の一つです。American Journal of Public Health誌によれば、太りすぎや肥満は企業で働く人々の労働環境の悪化につながることが明らかになりつつあります。そればかりか、完全に受動的な職場、長時間座っている人、人間工学に基づかない労働環境で働く人などが危険であると説明されています。肥満の最も難しいところは職業性喘息、神経毒、筋骨格系障害(MSD)、振動誘発性損傷、心血管疾患を引き起こす可能性があることです。

 

しかし、あなたが太り過ぎや肥満に対処しているかどうかを知る確実な方法はあるのでしょうか?それは簡単なことです。BMIが25kg/m2より高ければ太りすぎということです。一方で、BMIが30kg/m2より高い人は肥満になります。世界的な公衆衛生上の危機として扱う必要があるのです。

 

さて、あなたがどちらの側に属しているかがわかったところで、私たちはこの問題に一丸となって取り組む必要があります。もしあなたが雇用主なら、人間工学に基づいたオフィス家具やその他のアクセサリーを従業員に提供し、彼らのワークライフをより健康的なものにする義務があります。また、オフィス内外で健康的な生活を送ることを奨励することも重要です。ランチタイムに外にでるようにすれば、活動的になり、脳もリフレッシュされるでしょう。

 

今日から、健康な従業員に影響を与えることができるのです。また、あなた自身にも体重を管理し、あらゆる有害な活動を避け、バランスの取れた生活を送る義務があります。この記事を読み進めるうちに、肥満の原因、体重を増やさない方法、そしてすでに肥満と付き合っている人が脂肪を減らす方法について学ぶことができます。

 

肥満の原因

 

肥満の原因は代謝、遺伝、ホルモンなど様々ですが、消費カロリーが摂取カロリーを上回った場合に多く見られます。この過剰摂取はどのような意味を持つのでしょうか。残りのカロリーはすべて、腹部や臀部に脂肪として蓄積されます。一方で、カロリーを燃焼するために仕事をほっておくことはお勧めできません。定期的な運動などによる補助が必要です。この際、一般的な原因について簡単に説明しましょう。

 

長時間の座り仕事

 

私たちの時代の多くの従業員がデスク仕事が多いという性質を考えると、私たちはオフィスワーカーが肥満の影響をより受けていることがわかります。彼らの多くは1日に8〜9時間座りっぱなしです。メイヨークリニックによると、座りすぎはオフィスワーカーの肥満の最も一般的な原因の1つであります。そして、これが脊髄に蓄積された負担となり、他の健康問題にもつながっているのです。繰り返しになりますが、現在、多くの従業員が在宅勤務をしています。そのため、彼らの仕事は身体的な負担が少ないことが予想され、仕事中に十分なカロリーを消費しない傾向にあります。日常的な活動も放置されるようになりました。職場でエスカレーターを使ったり、自宅でリモコンを使ったり、ネットショッピングで食料品を手に入れたりと、必要なカロリーは少なくなるばかりです。

 

不健康な食生活

 

メイヨークリニックは「米国に住むほとんどの人の食事はカロリーが高すぎる」と説明しています。この主張は私たちに疑問を抱かせます。それらは自炊した食べ物なのでしょうか?また、メイヨークリニックはカロリーは飲料やファーストフードから得ていることが多いとも続けています。そして、肥満の人に共通する特徴としては満足感を得るまでに消費するカロリーが多いということです。不安やストレスでこれだけ食べてしまうという説もあります。
そこで、肥満で悩んでいる人は野菜や果物が不足している可能性があるとイエール生物医学ジャーナルは見解を示しています。同時に、カロリーの高い食事を自分自身に与えているのです。一方で、液体カロリーも体重を増やしすぎる一因になります。液体カロリーには非常に欺瞞性があるので注意が必要です。満腹感を得ることなく、いくらでもカロリーを摂取できるという意味での欺瞞です。砂糖入りの炭酸飲料、アルコールのカロリーなどが含まれます。

 

質の高い睡眠の不足

 

夜、ほとんど熟睡できないほど健康への負担が大きい職場では、肥満のリスクにもさらされる可能性があります。また、その逆の場合もあります。睡眠時間が長すぎると、体内のホルモンが変化し、食欲が増すことがあります。そうなると、炭水化物やカロリーの高い食べ物を欲するようになるかもしれません。これらはすべて、体重増加の原因となります。

 

肥満を防ぐには

 

肥満に悩むことは死を意味するものではありません。その上、多くの研究では、あなたがそれを防ぐことができる方法を提案しています。世界保健機関(WHO)の報告によると、肥満によって毎年250万人が亡くなっており、流行病へと発展しています。この戦争に勝つためには、何を食べ、何をするかについて非常に慎重になる必要があります。

 

食品

 

健康的な食事のルールを厳守して、肥満を予防することを提案します。

 

ここでは、毎日の食習慣に取り入れることで、肥満を予防することができる変化をご紹介します。

 

1日5回食べる

 

野菜や果物を毎日5~7回食べると、果物はとても栄養価が高いので、体の免疫力を高めることができます。世界保健機関(WHO)もこれが健康で充実した生活を送るためのコツの1つであることを確認しています。野菜や果物には、カロリーが低いだけでなく、インスリン抵抗性や糖尿病のリスクを軽減する栄養素が含まれています。さらに、食物繊維も含まれているので、少ないカロリーで満足感を得ることができます。

 

加工食品を避ける

 

スナック菓子や白いパンなど、加工食品の摂取を控えることでも、肥満を予防することができます。規律正しく過ごせるのであれば、それらを避けることをお勧めします。間隔を空けて食べるという誘惑に負けないでください。

 

人工甘味料を減らす

 

人工甘味料が糖尿病や肥満と関係があることをご存知ですか?Yale University Journal of Biology and Medicineによってレポートされました。これらの健康状態を防ぐには、蜂蜜のような自然な代替品を使用することをお勧めします。

 

その他の予防策としては、以下のものがあります。

 

- お腹いっぱいまで食べない。

 

- 手料理を食べる。

 

- 早寝早起きをする。

 

- スポーツドリンクやエナジードリンクを控える。

 

- 植物性の食事を心がける。

 

- 砂糖の摂取量を減らす。

 

肥満を解消する方法

 

肥満に悩んでいる人は、それが決して終わりでないことを知っておく必要があります。その点、Flexispotは家庭でも職場でも体重管理ができるように、人間工学に基づいた製品をたくさん作っています。しかし、その中でも最も重要なのはスタンディングデスクです。

 

スタンディングデスク

 

座りっぱなしの仕事場では、スタンディングデスクを購入することが体重管理の近道です。様々なスタンディングデスクがありますが、おすすめは「調整可能なスタンディングデスクE8」です。座っている時と立っている時の切り替えが簡単にできるので、仕事中も体が落ち着くのです。調節可能なスタンディングデスクE8なら、脊髄への負担や体の痛みを心配する必要はありません。また、立つことで集中力が持続し、より生産性が高まります。

 

継続的な運動

 

25~49歳の女性成人であれば、週に2時間半以上の集中的な運動をすることをおすすめします。2015年のイングランド健康調査データによると、健康的な体重を目標とする人には、早歩きが最適な運動とされています。早歩きをすることで、他のどの屋外運動よりも余分な脂肪を燃焼させることができるのです。最後に、専門家は定期的にストレッチ休憩を取ったり、スタンディングデスクを使ったりして、1日中常に活動的に過ごすことも提案しています。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。