子どもと青少年に多い反復性負担による怪我

July 18, 2022

モバイル機器や日常的なテクノロジーの利用が明らかに増加しているため、事実上、誰もが反復性ストレス障害(RSI)を発症するリスクにさらされています。特に若い世代は腱や筋肉の伸縮によってすでに体が緊張しているため、その傾向は顕著です。また子どもや10代の子どもの怪我は「成長痛」として軽視されがちですが、無視すると後遺症が残る可能性があります。

 

滑液包炎、腱炎、手根管症候群などは大人と同じように、子どもや10代が発症する可能性のある一般的な病気です。

 

これらの疾患はいずれも関節に不快感や腫れをもたらし、放置すると一時的または長期的に関節の動きが制限されることになります。特に10代は骨が成長する成長板付近のケガを悪化させる傾向があるため、注意が必要です。

 

使いすぎによる怪我:その原因とは?


使いすぎによる怪我は10代では成長板で多く見られます。成長板とは骨の端の部分で、人間が成長するにつれて骨細胞が急激に増殖しやすい場所です。使いすぎによる怪我は肘、膝、肩、かかとに最も多く見られます。

 

体の関節や関連する腱や筋肉は長期間同じ動作を繰り返すと、刺激を受けて炎症を起こします。

 

使いすぎの怪我はそのような食料品チェッカーとして物をスキャンしたり、ウェイターとして大きなトレイを移動するなどの繰り返し業務を必要とする雇用で発生する可能性があります。楽器を演奏しながら、特定の手や腕の動きの使い過ぎは問題を発症させる可能性があります。テキストメッセージを含む、あらゆる繰り返しの動作は害をもたらすかもしれません。

 

プレティーンおよびティーンエイジャーの年を通して起こっている膨大な物理的な成長のため、十代の若者たちは使いすぎの怪我を発症する危険にさらされる可能性があります。成長期は思春期に起こる急速な発達の時期です。この時期には腱の緊張が高まり、10代の若者は怪我をしやすくなります。

 

技術的な酷使

 

コンピュータやゲーム機、携帯電話などを使用する人はキーボードを多用することで、腱鞘炎や滑液包炎、手根管症候群になる可能性があると言われています。正しい姿勢のため、下腕と手首が上腕と90度の角度をにする必要があります。そして、足は地面に平らになるようにします。足が地面に届きにくい場合は、フットレストを追加してください。

 

コンピューターは大人の体を想定して作られていることが多いため、その使用によって子どもが怪我をすることがあります。ディスプレイが高すぎたり、キーボードが手の届かないところにあったりすると、時間が経つにつれ、痛みや破損の原因になることがあります。モニターとの距離や高さは調整可能なモニターアームで簡単に調整できるので、様々な体格の人に対応できます。ランバーサポートなどの機能を備えた人間工学のオフィスチェアを使えば、正しい姿勢を保つことができるかもしれません。子どもや10代の頭は画面の上部と平行でなければなりません。

 

手首や手の怪我もテキストメールの使い過ぎが原因です。子どもや10代は長時間のメール使用を避け、不快感や痛みがある場合は中止することが必要です。手を持ち替えることで、特定の関節の緊張を和らげることができるかもしれません。

 

重い荷物

 

バックパックの重さは子どもや10代の間でよく知られている問題です。リュックサックに入れる荷物は体重の15~20%程度にとどめるべきとされています。医師によっては、背骨や腰を痛めない健康的な体重を維持するために、体重の10%しか背負わないようにと助言する場合もあります。負担のバランスをとるために、重いものは常にバックパックの底の方に置くようにします。可能であれば、使用しない資料はロッカーや教室に置いておきます。

 

人間工学に基づいたバックパックの構造は背中の問題を避けるのに役立つかもしれません。ウエストストラップは体重を腰に移動させます。幅広でクッション性のあるストラップは肩にも体重を均等に分散させます。小さなポケットは、バックパックにかかる重量を均等に分散させ、バックパックを所定の位置に密着させるのに役立ちます。

 

学業ストレスの増加や教室での電子機器の使用により、子どもや青年はこれまで以上にRSIになる可能性が高くなっています。保護者や指導者は適切な習慣や姿勢を教え、子どもに優しい人間工学的機器の使用を拡大することで、傷害の予防に役立てることができます。

 

反復性負担が引き起こす一般的な怪我

 

思春期や10代の子どもたちは身体がまだ発達しているため、大人以上に反復性負担による怪我をしやすいと言われています。ここでは彼らがかかる可能性のある一般的な小児期の負担による怪我をいくつか紹介します。

 

滑液包炎

 

滑液包炎とは関節のクッションの役割を果たす滑液包という液体の入った袋に炎症が起こる病気です。滑液包炎は不快感や腫れが特徴です。重いリュックを背負ったり、膝や肩などの関節を酷使したりすることが原因とされています。

 

手根管症候群

 

手根管症候群は手と手首に起こる病気です。手根管症候群では手首の骨と靭帯で作られた小さな「トンネル」内に腫れが生じます。このトンネルは手との間で運動と感覚のインパルスを運ぶ神経を取り囲み、痛み、うずき、しびれ、衰えを生じます。手根管症候群はジョイスティックでビデオゲームをプレイしたり、タイピングをするときに発生する可能性があり、反復運動によって引き起こされる状態です。10代の若者には珍しく、大人、特にコンピューター関連の仕事をしている人に多く見られます。

 

上顆炎

 

肘の骨が接する部分に腫れや痛みが生じる病気です。テニスプレイヤーに多いことから、「テニス肘」とも呼ばれます。
オスグッドシュラッター

 

10代、特に成長期に膝に違和感を感じる代表的な疾患です。膝蓋骨から脛骨につながる腱が、頻繁な使用や長距離走などの身体的負荷により炎症を起こすことがあります。

 

膝蓋大腿症候群

 

膝蓋大腿症候群は膝蓋骨と膝に影響を与える疾患です。膝頭の軟骨が軟化したり、破壊されたりします。膝を曲げる、しゃがむ、階段や坂道を登るなどの動作で、膝の違和感が増すことがあります。

 

シンスプリント

 

シンスプリントとはシンスプリントの一種で、脚やすねに痛みが発生するものをシンスプリントと呼びます。シンスプリントはランナーの間で頻繁に見られる病気で、通常は無痛ですが、耐えられないほどの痛みを伴うこともあります。ストレス骨折との区別が難しいです。

 

ストレス骨折

 

ストレス骨折は繰り返されるリズミカルなストレスによって、骨の表面に生じる小さな骨折です。走る、行進する、歩く、跳ぶなどの動作で繰り返し骨に負担がかかる場合や、走る場所を変えたり、すり減った靴で走り続けるなど、体に負担がかかる場合に起こります。

 

腱鞘炎

 

腱鞘炎は筋肉と骨をつなぐロープ状の組織である腱の裂け目や炎症が特徴です。腱炎は特定の筋肉の使い過ぎによって腱が過度に伸びることによって起こります。

 

使いすぎによる怪我を防ぐことは可能でしょうか?

 

パソコンに関連する事故を防ぐにはパソコン機器や家具が自分の体に合っているか、理想的な姿勢でタイピングやシーティングができるかを確認することです。もしご両親が新しいパソコン用家具をお探しなら、家族一人ひとりに合わせて変更できるような家具をお勧めします。

 

以下はその例です。

 

パソコンの画面上部が眉間と平行になっていることを確認してください。

 

背中をシートバックにつけて、まっすぐ座ります。背もたれをサポートする椅子、特に腰椎をサポートする椅子が効果的です。キーボードにもたれかかったり、肩に力を入れたりすると、背中、首、背骨に余計な負担がかかります。
足は地面に平らに置くか、フットレストを用意し、足を快適に休ませます。

 

タイピングする時、ソフトなタッチにします。また、キーボードのために背伸びをする必要はなく、近くに置いておくようにしましょう。

 

タイピングをする時、指と手首を水平にしてください。リストレストを使用すると、より効果的です。腕の上部は手首と前腕に対して90度の角度になるようにします。手首の側面が曲がらないように、肘は体の側面に近づけるようにします。

 

ウェブを見たり、学校の課題に取り組んだりしていると、時間を忘れてしまいがちです。疲労や痛みを感じていなくても、30~60分ごとに休憩(ストレッチや散歩など)をとるようにしましょう。時間を忘れがちな方は、タイマーを使うことをおすすめします。こまめに休憩を取ることを意識してください。

 

マウスの代わりにトラックボールを使い、人間工学的な製品の(人間工学に基づいた、快適さを追求した)キーボードを使い、カーブした形状にしてみてください。

 

FlexiSpotの人間工学のチェアを購入する


ゲームやパソコン、デスクワークが好きな10代には背中と肩をサポートする人間工学に基づいたチェアをおすすめします。人間工学に基づいたチェアは手首とモニターの高さを考慮し、最適な高さで座れるように設計されています。これにより、仕事中に首、手首、目、肩、背中に負担がかからないようになっています。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。