マイクロブレイクの意外な効能と始め方

September 13, 2022

多くの人は、昼食をとるとき、トイレに行くとき、同僚と仕事の話をするときだけ、自分の作業場を離れます。毎日数時間、コンピュータの前にいるか、ファイルの山にかじり付いているのです。だから、帰宅する頃には心身ともに疲れ果てています。

休憩というと、仕事の合間にコーヒーやランチを飲んだり、友人とおしゃべりしたりする15分から20分程度の休憩が頭に浮かぶでしょう。しかし、1日のうちでこのような休憩を取れるのは、仕事があるため、1回か2回だけでしょう。仕事の合間に15分も休めない日もあります。そして、それだけ忙しいと、当然ながら、イライラ、むかつき、苛立ちを感じることになります。

もし、あなたの仕事の性質上、仕事の合間に長い休憩を取る余裕がないのであれば、小休憩を取ることを検討してみてください。わずか5分程度の短い休憩です。5分の休憩に何の意味があるのか、と思われるかもしれません。しかし、その5分間の休憩が、あなたの仕事をより良いものにする可能性があるのです。私たちがそう言っているのではなく、小休憩の効果を証明する研究結果があるのです。

小休憩が仕事の疲れを癒すという事実がまだ頭から離れない人は、このブログ記事をしっかり読んでみてください。多くのメリットから始め方まで、あなたが知りたいと思うことをすべてあげていみました。

小休憩とは?

小休憩とは、その名の通り、仕事中の極めて短い休憩時間のことです。30秒程度の短いものから、5分程度の長いものまであります。デスクでストレッチをしたり、キッチンまで歩いて行って水を飲んだり、バスルームで冷たい水を顔にかけたりすることができます。

小休憩は、同じ作業を繰り返す単調な日常を打破するだけでなく、一日中同じ姿勢で座っていることがないようにするためでもあります。仕事中の定期的な運動は非常に重要です。座りっぱなしで筋肉が硬くなるのを防ぎ、体に大きな負担がかからないようにするためです。休憩を取らず、何時間もオフィスの椅子に座り続けると、疲労や筋肉の変性、最悪の場合、筋骨格系障害(MSD)を引き起こす危険性が高くなります。

勤務中の小休憩の効用

小休憩が提供する数多くのメリットを知れば、きっと驚かれることでしょう。私たちは、仕事中の小休憩の最も顕著な利点をいくつかまとめましたので、あなたの心を吹き飛ばす - 驚きの - 準備をしておいてください。

集中力と生産性の向上

さて、5分という短い休憩が、どうして仕事の集中力と生産性を高めるのでしょうか。研究によると、小休憩をとることで、集中力を高め、生産性を向上させることが本当にできるのだそうです。これだけ短いと、休憩しても気が散るだけだと思われるかもしれませんが、実際にはその逆効果なのです。

日中、ノンストップで作業を続けていると、脳が疲弊し、本来の集中力が発揮できない時期がやってきます。そうすると、パフォーマンスが低下し、仕事の質が落ちてしまいます。

しかし、ストレッチ程度の短い休憩を取れば、一日中一定の生産性を維持することができます。短い休憩は、長時間同じ作業を続けると起こる脳の脱感作を防ぐことができます。小休憩は基本的に、注意力が低下した脳が目の前のタスクに再び取り組むのを助けるのです。小休憩は、注意力を回復させるのに役立つと言っても間違いではないでしょう

ストレスの軽減

一日中仕事をしていると、休憩も取らずに極度のストレスを感じることがあります。仕事によるストレスは現実のものとなっています。社会人の大半は、仕事による慢性的なストレスに悩まされていることを受け入れています。

しかし、仕事の合間に定期的に短い休憩を取れば、体がリラックスする機会を得ることができます。心拍数が下がるのは、ストレスが軽減された証拠です。ストレスが軽減されると、自動的に仕事に集中できるようになり、それに伴い、ミスをする確率もぐっと下がります。

次にくじけそうになったら、仕事を中断して深呼吸をし、窓の外の緑豊かなオフィスの風景や行き交う車を眺めて小休止し、また仕事に戻ってください。きっと違いを感

じられるはずです。

筋骨格系疾患のリスク軽減

先に述べたように、長時間同じ姿勢で座っていたり、ぎこちない姿勢で作業をしていると、体、特に筋肉、関節、軟部組織に過度のストレスがかかります。人間工学的に劣悪な環境で仕事をしていると、労働災害のリスクはより高くなります。

仕事の内容を変えることはあまりできませんが(8時間コンピュータの前に座っていなければなりません、すみません)、できることはMSDの発症を予防することです。プロプラス・スタンディングデスク(E7)はMSDのリスクを減らすのに役立ちますが、小休憩はMSDの症状の発症を防ぐための最もシンプルで簡単な方法です。数分間ストレッチしたり歩き回ったりする短い休憩を取ることで、実際に筋肉や体を劣悪な人間工学の影響から守ることができるのです。

ストレッチやウォーキングなどの微小な休憩を取ることで、長時間座っていた部分の血液循環を回復させることができます。これにより、筋肉疲労が軽減され、その結果、MSDのリスクを低減することができるのです。

眼精疲労の軽減

一日中、コンピューターの画面の前に座っていることが多い人は、すでに頭痛や目の重さなどの症状を感じ始めているかもしれません。それが眼精疲労です。パソコンの画面がまぶしいと、眼精疲労につながります。眼精疲労を改善しないと、視力が低下したり、目がかすんだりすることがあります。

小休憩をとることで、パソコン画面のまぶしさから解放されます。これにより、眼精疲労が大幅に軽減されます。基本的なルールとして、20分ごとに20秒間、6m離れた窓の外を見るようにすると、眼精疲労を最小限に抑えることができます。

何から始めるか?

20分に1回は休憩を取ると約束しても、気がつけば全く休憩を取らないまま3時間が経過している。仕事に没頭して時間が経つのを忘れてしまうのは、当たり前のことなのです。では、何から始めればいいのでしょうか?

答えは簡単です。近日から始めましょう。休憩を逃さないようにスケジュールを組む。リマインダーやタイマーを設定し、どんなに忙しくても、休憩を逃さないようにしましょう。そうすることで、あなたのパフォーマンスが向上するはずです。

携帯電話にタイマーやリマインダーを設定するか、懸案事項を思い出させてくれるアプリをインストールするのがよいでしょう。

小休憩の活用方法には、次のようなものがあります。

1.作業場でストレッチをする。デスクを離れる必要はありません。デスクを離れられるのなら、なおさらだ。仕事中にサッとできる全身ストレッチほど気持ちのいいものはありません。

2.休憩時間を利用して、引き出しの中を整理する。整理整頓された作業場を見るたびに、気分が良くなりますよ。

3.屋外を軽く散歩する。それが無理なら、ヴェンディまで歩いて行って、軽く一杯やってみましょう

4.呼吸法をする。重要な締め切りが近くなって、深刻なパニック発作に襲われたとき、これが役に立ちます。呼吸法をすることで、リラックスして仕事に集中することができるようになります。

5.小休憩を活用してオフィスの窓の外を眺めるなら、緑に注目してみましょう。研究によると、緑色には心を落ち着かせる効果があるそうです。神経が落ち着き、不安がすり減るような感覚を味わえるはずです。

ほら、どこから始めてもいいんです小休憩をどこから始めるかについて、難しい決まりはありません。休憩中に何をするかではなく、その休憩を取ることが重要なのです。短い休憩時間を利用して、どんなことをしてもいいのです。

慢性的な仕事上のプレッシャーが、生産性やリラックスの妨げになることは否定できません。オフィスにいる時間をすべて仕事に費やせば、最高の結果が得られると思うかもしれませんが、実はそれがあなたのベストを発揮する妨げになっている可能性があるのです。もし、あなたが冷静さを失い、心が折れそうになることが多いなら、5分間だけ休憩を取ればいいのです。

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。