職場における慢性疲労症候群の管理:2022年ワーク&ウェルネスガイド

March 28, 2022

職場の慢性疲労とどう付き合うか:症状と対処法


"仕事ばかりで遊ばないジャックは退屈な少年になる "と言われます。しかし、遊びでさえもジャックを助けることができないような場合はどうなるのでしょうか?何もかもが手に負えなくなり、仕事でもほとんど成果を出せなくなったら、どうするのでしょう?

おそらく、ストレスや疲労に苦しんでいると言うでしょう。さらに、仕事を休んで休養するようアドバイスするかもしれません。あるいはさらに、うつ病と診断することもできるでしょう。そして、座りっぱなしの生活をやめて、もっと外に出るようにと言うでしょう。

これらの診断と治療のアドバイスは、もしジャックがうつ病や疲労困憊に悩まされていたなら、とても良い結果をもたらしたことでしょう。しかし、この場合、彼は座りっぱなしの生活による副作用よりも、もっと深刻な問題に直面しています。この病気は、慢性疲労症候群(CFS)と呼ばれるものです。

 

慢性疲労症候群は、筋痛性脳脊髄炎(ME)とも呼ばれ、最も複雑なストレス障害の一つです。長期にわたる激しい疲労が特徴です。肉体的、精神的に関わるたびに悪化していく病気です。

 

CFSは、労働者階級の多くの人々が、知らないうちに苦しんでいる病気です。ほとんどの人は、そのような病気が存在することさえ知りません。そして、知っている人も、どのように対処すればよいのか分からない人がほとんどです。

 

この記事では、慢性疲労症候群が何であるかについて考えるきっかけを与えます。また、すでに慢性疲労症候群を患っている方には、FlexiSpotがどのように慢性疲労症候群を管理できるのか、そのヒントもご紹介します。そうでない方は、仕事のストレスを解消するためのヒントがきっと見つかるはずです。続きを読む


慢性疲労症候群と管理のヒント


慢性疲労症候群は、身体と心の両方の病気です。今のところ、このサイレントキラーの原因は特定できていません。しかし、症状は簡単に特定することができます。

 

CFSに罹患すると、極度の疲労、記憶喪失、筋肉や関節の痛みを感じるようになります。集中力が低下し、運動ができなくなり、不定期に痛みを感じるようになる。この痛みは、関節の筋肉部分であったり、常に 頭痛を伴うものであったりします。

 

このような人は、原因不明の不快感や不安感を経験するかもしれません。彼は眠れないか、過剰な睡眠をとるかもしれません。喉の痛み、思考困難、倦怠感も続きます。

 

なお、この症候群は、軽度のストレス性疾患とほとんど同じ症状です。しかし、これらの症状が同時に、しかも長期間にわたって起こり始めると、CFSであると考えられます。いずれにせよ、自己判断は禁物であることを知っておいてください。医師の診断が必要な疾患です。

 

CFSは不治の病ですが、いくつかのセルフケア療法により、この症状に対処することができます。これらのセルフケアは、治療、薬物療法、生活習慣病薬物療法などが考えられます。そして、Flexispotは、あなたやあなたの従業員がすぐに立ち直れるようにするためのツールをすでに用意しています。

 

どうすればいいか知りたいですか?以下のセルフケアの方法をご覧ください:

 

過度な運動はよくない

 

全てのCFS患者は、CFSが激しい運動によって悪化することを知っておく必要があります。本症が過去最高の状態であろうと、体調が良かろうと、決して不必要に体を動かしてはいけません。これは、元の状態に戻ってしまうことを避けるためです。長時間の過度な運動は避けると良いでしょう。

 

健康的な方法としては、Sit2Go 2-in-1 Flexispot フィットネスチェアを所有することです。このチェアは、通気性の良い背もたれを備えた高級オフィスチェアです。普通のチェアと違い、これは椅子の根元にエクササイズバイクが付いています。オフィスや書斎はもちろん、キッチンでも使えるチェアです。

 

このチェアがあれば、ジムで余計なプレッシャーを感じることなく、自分のペースで静かに運動することができます。また、再発を防ぐために、体に力を入れるレベルをコントロールすることができます。そうすることで、体に無理な負担をかけないようにすることができます。そして同時に、運動を完全に怠るということも防げます。

 

睡眠をとる

 

夜や休日にゆっくり休むことは、リラックスするための最良の方法の一つであることは間違いありません。しかし、CFS患者は、睡眠障害を持つ傾向があるため、睡眠が最良の選択肢とは思えないかもしれません。多くの場合、不眠症に悩まされていません。そして、最終的に睡眠をとったとき、寝 たときよりもさらに疲れがたまっています。

 

これを解決するには、Flexispotの疲労対策フロアマットを手に入れることです。これは、一日中立っている時に感じる圧力を緩和するのに役立ちます。また、一日中座っていて、後で料理や掃除をするためにしばらく立っている人にも効果があります。

 

疲労対策マットの上に立つことによって、足の下にクッションのサポートのいくつかのレベルを感じることができます。そうすることによってあなたの足に体の重量を感じさせないようにします。こうすることによって、あなたは疲れや、痛みや筋肉痛でベッドに行くことはありません。その結果、健康的な睡眠を楽しむことができるのです。

 

リラックスして疲れを癒す

 

ストレスや日常の心配事は、CFSであるかどうかに関わらず、私たちのエネルギーを奪ってしまいます。CFS患者の場合は、さらに深刻です。ストレスは、病状を悪化させ、ほとんどの場合、再発の引き金となります。

 

このような事態を防ぐために、時々はリラックスしてくつろぐことをお勧めします。瞑想のクラスに参加したり、セラピストと話したり、ストレスのない冒険をしたり、サポートグループを探したりしてください。ストレスのない状態でリラックスすることが目標であることを忘れないでください。

 

コントロールする

 

CFSのような疾患を持つ人は、他人の言いなりになって生活していると、回復に支障をきたします。自分の症状を自覚した時点で、自分の人生の舵取りをするのがベストです。なぜなら、自己憐憫は、あなたを100万歩後退させるからです。

 

回復を成功させられるのは自分だけだと理解すること。だから、その意識で生き、食べ、呼吸し、仕事をする。仕事場には、自分が回復を主導していると感じ、怠け癖をなくすのに役立つものを置いてください。

 

まずは、Flexispotの高さ調節可能なスタンディングデスクのどれかを手に入れることから始めてみてはいかがでしょうか。自分の足で作業することで、権威を感じられるようになります。そして同時に、慢性疲労の解消にも役立ちます。

 

自分の限界を見極める

 

回復への最も早い方法の一つは、自分の限界を明らかにすることです。日記を書き、再発のきっかけとなる事柄を特定すると良いでしょう。良い時と悪い時、そしてこれらの心理的変化を取り巻く要因を書き留めておきましょう。

 

また、セルフケアを始めたら、自分の成長を意識してください。最初は、小さなこと、些細なことに思えるかもしれません。でも、それを記録することを止めてはいけません。良い変化がある度に、ここまで来られたと自分を褒めてあげましょう。

 

自分が守れるスケジュールを立てる

 

また、自立心や自助努力も毎日を過ごす上で大切です。一日の始まりに、自分ができるやることリストを作っておくと良いでしょう。スケジュールは面倒くさくてはいけません。必ず達成できる目標だけを毎日設定しましょう。

 

スケジュールに負荷がかかり、毎日の目標を翌日に持ち越さなければならなくなると、圧倒されてしまいます。そして、何らかの再発を招く可能性が高くなります。

 

運動は重要ですが、かしこく行う必要があります

 

運動不足は、極端な運動がCFS患者に与えるのと同じレベルのダメージを与えます。そのため、バランスをとる必要があります。

 

医師がCFS患者に運動を勧めたり、理学療法士 を紹介したりすることは、非常によくあることです。我々は、医学的に承認された運動習慣を守るべ きだと考えます。

 


よくある質問(FAQ)

 

慢性疲労の目に見える症状にはどのようなものがありますか?

 

慢性疲労症候群の最も顕著な症状は、睡眠障害、記憶力の低下、極度の疲労、体調不良、倦怠感、説明のつかない理由による不快感などです。

 

慢性疲労は治りますか?

 

いいえ。今のところ治療法はありません。しかし、医学的に処方されたセルフケアの手順で維持することは可能です。すでに提案されているFlexispot機器と合わせて、これらの手順を行うことで、症状を緩和することができます。

 

CFS患者が死亡する確率は?

 

現在のところ、CFSに関する研究は、ほとんど行われていません。そのため、罹患率や死亡率については、 極めて不明です。とはいえ、症状を適切に管理しなければ、はるかに悪い状態で休息することになりかねません。そして、死につながることも。

 

慢性疲労症候群はどのくらい危険なのか?

 

この病気は、患者の生活をしばらくの間停止させることが知られており、かなり危険な病気です。そして、その中でも特に危険なのは、患者が自分がそのような状態にあることに気づかない場合です。あるいは、それよりも悪いことは、患者が自分の状態をかなり遅く発見した時です。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。