ホットデスキングによるコロナ後の作業スペースの維持について

August 17, 2022

オープンオフィスのスケジュール、共有の作業スペース、リモートワークの出現により、ホットデスクは急速に現代のワークライフの象徴になりつつあります。

 

これはトレンドというよりも、作業環境を最適化し、好きな場所や時間に作業できるようにするためのライフスタイルです。基本的に、ホットデスクは、不動産コストを節約する柔軟な働き方であるため、作業に割り当てられたデスクやプライベートオフィスは必要ありません。

 

そして、既存の企業と自営業者の両者が、従業員が生産性を維持し、場所に関係なく集中できるようにするためのアイデアを受け入れていることは、非常に明るい話題となっています。

 

このガイドでは、ホットデスクがどのように機能するか、それが提供する驚くべきメリット、それを構築するのに必要な基本的なアイテム、さらに最も重要なことは、それがあなたとあなたの職場にとって最適な選択であるかどうかを理解することができます。

 

ホットデスキングの効果


コワーキング環境についてどのような考えをお持ちでしょうか?ホットデスクはまさに想像された通りのものです。従業員のためにホテルと呼ばれるデスク予約方法を採用しているオフィスもあれば、先着順でデスクを利用できるようにしているオフィスもあります。

 

つまり、さまざまなシフトで同じ作業スペースを共有できます。このホットデスキングの成り立ちについて少し触れてみましょう。コロナウイルスのパンデミックが起こって間もない時期に、多くの従業員が自宅で仕事をし、ソーシャルディスタンスの確保やその他の安全対策を講じなければならなかったことから、ホットデスクは始まりました。

 

そのため、従業員の多くはスタイルに伴う柔軟性に魅了され、企業がオンサイトでの勤務に戻したときにいくつかの変化がもたらされました。そのため、今日の企業ではハイブリッドワークのライフスタイルとホットデスクといった変化が多く見られます。

 

そのため、オフィスワーカー個人が自分だけのデスクを持つのではなく、異なる日やシフトに基づいてデスクスペースを共有することが推奨されています。したがって、より柔軟な作業モデルが得られます。

 

さらに私物の紛失を避けるために、オフィスワーカーは自分の持ち物の安全を個人的に見ることができるロッカーをもっています。したがって、ホットデスクを利用している企業は、必要に応じて簡単に予約できるように、役員会議や会議室にホットデスクを利用しています。

 

ホットデスクの効果に関する質問には、さまざまな答えがあります。したがって、会社の管理アプローチまたはスタイルによって全く異なります。リストの一番上にあるのは予約です。これは、企業が週に1回または月に1回、関心のある従業員にワークステーションを提供するときです。

 

そのため、ホットデスクを利用するユーザーは、会社の予約プラットフォームまたはアプリを使用して会議室やオフィスデスクを予約し、空いている日を把握します。これは、以前ホテリングと呼んでいた方法です。

 

自由席もあります。先着順で働くことが多いので、早めに到着しなければいけません。早めに到着すれば、密度の問題も解消されます。<

 

これらのオプションを利用すれば、車で職場まで行き、ロッカーから必要に応じてアイテムを取り出し、デスクを探して電源を入れ、その日の準備をするだけで済みます。

 

ホットデスクの作業スペースのメリット


あらゆる兆候から、ホットデスクは定着しているように見えます。そして、そのコンセプトがあなたにとって理想的かどうかを知るためには、そのメリットやデメリットを検討する必要があります。

 

では、メリットについて見ていきましょう。

 

1.コスト削減

 

ホットデスクを利用すれば、日々オフィス内の従業員を最小限に抑えることができるため、不動産関連のコストを削減できます。

 

特に都市部では、不動産は企業が苦労している高価な必需品の一つです。最近の調査によると、オフィスデスクの価格は年間約80万円から約90万円になるそうです。ホットデスクではどうでしょうか。雇用主として、これらの費用を心配する必要はありません。

 

このアイデアでは、従業員が自宅で働くか、オフィスで働くか、他の場所で働くかを自由に選択できるため、柔軟な職場のライフスタイルにも適しています。オフィスビル全体を借りるのにかかる膨大なコストの代わりに、職場でこれらのコワーキングスペースを他の人と共有することもできます。

 

2.整理整頓


ホットデスクの概念により、ホットデスクでは毎回必ず整理されています。ここで得られるメリットとしては、適切に整理されて綺麗なワークステーションによって、職場の効率と満足度が向上することです。

 

施設を開放しているこれらの企業の中には、その日の到着時にホットデスク担当者が机や持ち物を消毒して整頓することを求めているところもあります。その日の使用前と使用後に行われます。

 

3.従業員の自主性


ホットデスクは、誰かの監視なしで作業やスケジュールを管理できる自信があることを従業員に伝える暗黙の方法です。人間は、自分を証明する自主性を与えられたときに、より効果的に行動するようにできています。雇用者と従業員の双方にとってウィン・ウィンの状況です。

 

また、いつ、どこで、どのように働きたいかを選択する余裕も生まれます。それによって士気を高めてくれます。

 

4.協調性


ホットデスクの性質として、定期的に一緒に座る人が変わるので、従業員間のより深い絆と人間関係が築けるスペースが与えられています。これは、普段は接することのないチームの他のメンバーと会話をするための手段です。このようにして、一体感、協調性、横断的な関係を高めることができます。


ホットデスクの作業スペースのデメリット


ホットデスキングには多くのメリットがありますが、一部の企業や従業員にとっては逆効果になることもあります。

 

また、ほとんどの職場やオフィスプランでは、ホットデスキングを利用しているときに次のような問題が発生する恐れがあります。

 

集中力の喪失/注意散漫
序列の崩壊
コミュニケーション


ホットデスクのオフィスデザインの本質


ワークステーションがすでに設置されていて、ホットデスクの利用者に十分に対応できるようにするためには、従業員がオフィスを離れてスリリングな作業を行えるようにすることを目的としたアイテムが必要です。また、ホットデスクの作業スペースの開発を支援するためにインテリアデザイナーのサービスを利用する必要はありません。必要なのは人間工学に従うことだけです。

 

この記事では、オフィスの人間工学を別にして、ハイブリッドワークを楽しむために必要なすべての要素を紹介します。

 

オフィスデスク


オフィスデスクは間違いなく、現代的なハイブリッドオフィスデザインを構築するために必要な家具の中で最も重要なものです。とはいえ、人間工学に基づいて設計されたブランドには注意が必要です。Flexispotには、さまざまなオフィスデスクが用意されています。

 

高さ調節が可能なスタンディングデスクがあるので、一定の間隔で座っている状態から立っている状態に切り替えることができます。

 

Flexispotが設計したオフィスデスクには、ワークステーションをすっきりとシャープに見せてくれます。

 

この記事では、アクティブで生産的と感じるあらゆる条件を満たしてくれるオフィスデスクを探している人へ、注意すべき条件を紹介します。

 

クリーンでスタイリッシュ、ワイドなデスクトップ。
安定性・堅牢性・信頼性の高い昇降機構。
高級感および特別感。
竹など丈夫な素材を使用。

 

Flexispot社では、人間工学に基づいて高さを調整できるスタンディングデスクはすべて、機能性や製造品質に影響を与えることなく、これらの仕様を満たしています。

 

エルゴノミック・チェア


ホットデスクワークプレースのもう1つの重要な構成要素があります。そして、これらの椅子の最大のメリットは、あなたの心と魂をリラックスさせることができる癒しのペースです。人間工学に基づいたオフィスチェアに投資することで、体の構造や座る姿勢を安定させ、生産性を高めることができます。

 

例えば、当社の人間工学に基づいたオフィスチェアであるOC14Bは、ワークステーションに最適なギフトの1つです。

 

人間工学に基づいたオフィスチェアであるOC14Bは、背もたれがS字型で、腰の構造から最適なサポートを得るために必要なサポートを背中に施されています。椅子の高さも、自分の身長や座った姿勢に合わせて調節できます。

 

シートパッドは通気性に優れたメッシュ素材で、汗や体の湿気を吸収します。そうすれば、シートがすぐには摩耗しないので安心です。

 

保管スペース


ホットデスクの利用者の主な懸念事項は、コート、バッグ、文房具、作業用品、および貴重品を保管できるスペースがないことです。ただし、これはワークスペースによって異なります。一部のコワーキングスペースでは、従業員が会議に行ったりランチを食べたりするときに、一定時間デスクに持ち物を置いておくことができます。

 

その一方で、ホットデスキングの利用者にロッカーを用意している企業もあります。そして、この傾向はすべてのコワーキングスペースで採用されています。ホットデスキングの利用者としては、持ち帰らないアクセサリーを保管できる安全なロッカーがあると嬉しいです。

 

電源コンセントおよび信頼できるインターネット接続


すべてのホットデスクには、ホットデスクの利用者向けの電源コンセントとともに安定したインターネット接続またはWiFi接続が必要です。大手企業の中には、携帯電話やその他の電子機器を充電するための専用スペースを設けているところもあれば、ホットデスキングの利用者が電話をかけたり受けたりできる電話ボックスを設けているところもあります。

 

また、プライベートオフィスでは、各デスクに固定電話と電源コンセントを設置し、必要に応じて従業員が利用できるようにします。

 

会議室


理想的なホットデスキングの構成としては、ホットデスクの利用者によるアクセスを制限してはいけません。つまり、アプリや予約サイトから会議室を予約できるようにする必要があります。

 

また、キッチンや共有ラウンジ、瞑想やブレインストーミングに適した場所、自分の仕事に関連したカウンセリングやアドバイスをしてくれる優れた専門家チームも必要です。

 

ホットデスキングが最適かどうかを知る方法


ホットデスキングは働き方に革命をもたらしましたが、誰にとっても完璧な選択肢ではありません。そこで、まずは共有スペースでのホットデスキングをお勧めします。試しに利用してみて、あなたの会社の従業員と完璧に連動するかどうか確かめてみてください。

 

ただし、自分に最適な方法を見つけるまで、利用可能なすべてのオプションを検討する機会があります。たとえば、一部のオフィスには、社内とリモートワークを切り替えるためのホットデスキングの作業スペースがあります。また、それらを望む従業者のための常設の場所があります。選択はあなた次第です。

 

Flexispot社はあなたを手助けする存在であることを覚えていてください。夢のようなホットデスキングの作業スペースの設定に役立つヒントや製品については、オンラインストアをご覧ください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。