持ち上げ速度と積載量:直接対決のデスクバトル

November 08, 2021

持ち上げ速度と積載量:

 

直接対決のデスクバトル

 

新しい仕事のパラダイムにおいて、個人は会社のために速いペースと素晴らしいサービスを維持する必要があります。新しいセットアップにおいて直面する困難と課題があるにもかかわらず、人々は会社の基準に合わせて設定された作仕事上の目標を達成し続けなければなりません。その結果、人々は間違った姿勢から引き起こされる人間工学的傷害や自宅にある非人間工学的製品からの圧力などによって、多くの逆境に直面しました。

 

2021年の在宅勤務とハイブリッドオフィスワーカーの苦闘

 

2021年は希望と苦境の両方をもたらしました。今年はより多くの人々がワクチン接種を受けました。これにより、ビジネスが再開され、労働者が現場に出勤できるようになりました。一方でコロナはより堅牢に変異しています。したがって、病気にかかる恐れがあるのです。その結果、多くの従業員は依然として病気になる危険にさらされています。さらにRSIまたは反復運動過多損傷を経験する在宅勤務者がいます。残念ながら、RSIは労働者の人間工学的健康に大きな打撃を与える可能性のある深刻な状態を引き起こします。これらの条件は次のとおりです。

 

腱の損傷神経の損傷:神経に損傷があると、作業者は手首の周りに痛みを感じることがあります。常にコンピューターを使用している労働者にとって、手首に負担をかけがちです。その結果、手首の周りの筋肉や神経を刺激し、圧力がかかる可能性があります。したがって、人々は手首の周りの手根管症候群に痛みを感じます。

 

頸椎の痛み:首の後ろに頸椎があります。FlexiSpotのカナプロバンブースタンディングデスクやウィローソリッドウッドスタンディングデスクなどの適切な機器や家具を使用していない人は頸椎の周りの痛みを経験します。この痛みを経験する人は可動域が限られている人です。彼らは素早く動くことができず、肩や背骨の周りの緊張を経験しています。腰痛:長時間座っていることは在宅勤務者が経験することの1つです。これは仕事を完了するのに一時間以上座っているからです。その結果、最初に感じたしびれが悪化し、腰の周りがズキズキする痛みになります。場合によっては従業員がオフィスの椅子に何時間も座った後、すばやく立ち上がって背中を伸ばすことが難しくなる場合もあります。このような出来事はすでに腰痛があることを示唆しているのです。

 

したがって、これらの怪我を見てみると、在宅勤務者とハイブリッドオフィスワーカーが人間工学に基づいていない製品を使い続けることがどれほど危険であるかがわかります。 人間工学に基づいた製品とは例えば仕事中に使用するデスクです。実際、彼らが使っているデスクにはFlexiSpotのスタンディングデスク、シットスタンドデスク、スタンドアップデスクのように人間工学的な能力を備えたものではありません。これは何千もの在宅勤務者とオンサイトワーカーが自分自身を筋骨格系障害から保護するのに使った世界クラスのイノベーションなのです。

 

それどころか、自分に最適なスタンディングデスクをどのように特定できるのか疑問に思われるかもしれません。 その場合あなたは自身の好みに集中するかもしれません。スタンディングデスクのメリットが理解できたら、E9やEG8のようなモデル、またはE7ProやE8の強化されたモデルなど、どちらが最適かを簡単に選択できます。自分にぴったりのデスク製品がわかれば、人間工学に基づいた最高のソリューションを提供できる家具を簡単に選ぶことができます。

 

確かに、ホームオフィスに置くスタンディングデスクを選択する際に考慮したい機能があります。これらの機能は動きを推進したり、かさばるデバイスを使用してオフィスでタスクを完了させたりするのに役立ちます。その場合、比較できる2つの機能としてはスタンディングデスクの持ち上げ速度と積載量です。それでは、詳しく見てみましょう。

 

持ち上げ速度と積載量:
E9とEG8をE8と比較して、積載量を確認するとします。E9とEG8の両方の積載量は154キロですが、E8の積載量は125キロです。

 

タブレットしか持っておらず、持っているもののほとんどが別々の引き出しにある場合、またはストレッチ活動を行う必要がないと思う場合、E9とEg8のどちらでも良いでしょう。あなたのニーズに応えることができます。この種のテーブルには積載量が十分であるため、このテーブルの価値をすぐに最大化して活用できます。したがってこのデスクを購入すると、この製品に費やしたお金に見合う価値があると感じるでしょう。

 

一方、ノートパソコンを2台持っていて、ライティングツールやその他の事務用品が必要な場合、E8が最適です。このデスク製品がニーズに合うことを保証します。さらにあなたのペースを上げることができるデスクであるため、消耗することなくそのスピードを最適化できます。これらを備えたFlexiSpotのデスク製品をお考えの場合、Seiffenラミネートスタンディングデスク(Eco&Pro)、実際のデザイン、およびその他の仕様を確認してみてください。

 

今、あなたは効果的なデスク製品の指標として積載量を考えているかもしれません。その場合、デスク製品の持ち上げ速度も考慮する必要があります。持ち上げ速度はデスク製品の機能であり、作業のペースに影響を与える可能性があります。すばやく移動してデスクをすばやく調整できる軽量のデスク製品が必要な場合、EN1およびEC1デスクが最適でしょう。これらの製品を使用すると、作業のペースをすばやく調整できます。EC3およびEC4よりも高速です。EC3とEC4はより頑丈ですが、動作が遅くなります。ただ、どちらを選択しても、これらのデスク製品が人間工学に基づいた最高のソリューションを提供し、最悪の怪我から身を守ることができます。

 

結論:

 

賢明な消費者であるあなたは購入したい製品のすべての機能を知ることが重要です。さらに、製品をうまく利用し、RSIのような最悪の人間工学的問題を回避するため、どの製品がニーズに最も適しているかを知る必要があります。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。