スタンディングデスクはひざに悪いのでしょうか?

January 18, 2022

あなたはずっとパソコンをいじっています。そして、何回目かわからないほど、仕事に集中しようとしています。しかし、あなたの膝の鈍い痛みは悩みの種になっています。それは終わりのない痛みの戦いのように感じています。

 

あなたは人間工学に基づいた椅子とスタンディングデスクを所有しています。では何が問題なのでしょうか?

 

私たちは常に座りがちな生活を非難されます。しかし、座りがちな生活が痛みの唯一の原因ではない場合はどうでしょうか?

 

座りがちな生活習慣の解決策であるスタンディングデスクが膝の痛みの原因である可能性があります。スタンディングデスクに起因する様々な膝の痛みについて聞いたことがあります。これは答えることができない質問のうちの1つです。スタンディングデスクは膝に影響を与えるのでしょうか?

 

この記事では答えを出すことですべての心配をなくすことを目指しています。答えを見つける準備はできていますか?

 

では、始めましょう!

 

スタンディングデスクは膝に影響を与えますか?

 

立っているというのは複雑な姿勢ではありません。座っているのとは異なり、良い血液循環を促進しています。その上、座りがちな生活による問題を取り除くことができます。

 

しかし、他のすべてのものと同様に、立ちすぎている可能性もでてきます。長く立つことはいくつかのリスクを伴っているのです。ただし、リスクは緊張、痛み、不快感を超えることはほとんどありません。外傷になることもめったにありません。

 

長時間立ったり、スタンディングデスクを誤用したりすると、これらのいずれかを感じる可能性があります。

 

膝の不快感

 

倦怠感

 

張り

 

関節のこわばり

 

脚と腰の筋肉痛

 

立っているときになぜ痛みを感じるのですか?

 

立っているときに感じる痛みや不快感は日常生活で蓄積した姿勢の悪さから生じることがあります。

 

完全に治療しきれていない過去の怪我のために、姿勢が悪くなることもあります。または完全に回復してきれていない場合もあります。過去の怪我は不快感や痛みを引き起こす可能性があり、健康的な姿勢をとることができなくなります。

 

それはおそらくあなたがアクティブな生活を送っているときでさえ背中の痛みを長引かせてしまう理由になります。

 

治療が完了していない怪我は膝の痛みを引き起こす可能性があります。どうしてでしょうか?完全に機能していない関節を別の何らかの方法で補っているからです。

 

例えば、足首を捻挫して治療していない場合、足首に体重をかけたくないでしょう。この怪我による緊張により、別の関節で補う必要があります。そこで雪玉効果が発生します。腰、膝、または背中の痛みにまで及んでしまうのです。

 

問題は軽微に見えるかもしれませんが、あなたの体に耐え難いほどの痛みを引き起こすかもしれません。

 

しかし、これが常に当てはまるとは限りません。姿勢を調整し、健康的な選択肢を選ぶ必要があるかもしれません。

 

あなたの身体意識を確認してください

 

人々は身体認識を確認することは難しいかもしれません。職場環境で自分の体の位置を理解するのに苦労したことがあるかもしれません。

 

これは問題です。

 

そのような疾患は大きな動きにつながります。これらの動きは過度の負担を必要とするだけでなく、不適切な姿勢にさらされます。最悪なこととしてはあなたはそれさえ気付かないことです。それでも、あなたはエネルギーを使い果たしてしまうでしょう。

 

あなたがこれをしてしまっている場合、あなたの立ち姿勢は間違っているだろうと思います。身体意識を高めないと、立ったまま足の前に体重がかかることになります。この誤った姿勢のため、あなたの体は前に倒れるのを防ぐための負担を強いられます。この負担は時間の経過とともに倦怠感と筋肉の不均衡を引き起こします。

 

持久力と機動性を向上させる

 

仕事中に姿勢を固めてしまうのは危険です。あなたの体が長時間同じ位置に固定されると、あなたの筋肉が硬くなってしまう傾向にあります。うまく動くことができないかもしれません。姿勢が良い場合でも起こります。

 

そのため、立っている状態と座っている状態をタイミングを合わせて切り替える必要があります。立ったり座ったりしている間は柔軟に対応してください。いくつかのエクササイズも試してみてください。これによってあなたの筋肉を動かし続けることができます。そして健康的でもあります。

 

筋肉を動かしてください!

 

健康的な姿勢にする

 

仕事環境は疲れ、要求が厳しく、そして混乱を招く可能性があります。混乱の部分についてはサポートできません。 しかし、少し姿勢を変えると疲れを和らげることができます。

 

絵に描いたような完璧な姿勢を見つけることがうまくいかない場合、理学療法の専門家に相談してください。専門家はあなたが仕事をしている間、健康的な姿勢を形成するのをサポートしてくれるでしょう。またそれらを維持する方法についてのヒントも得られます。

 

あなたの仕事ユニークなものであれば、理学療法士はあなたの仕事の必要性に合う戦略を立ててくれるでしょう。このプロセスは難しいかもしれませんが、とても良いです。

 

膝の問題を回避する方法


膝の問題を回避するための最初の秘訣は体で理想的なバランスをとることです。体の安定性とアライメントがあれば、筋肉が安定し、痛みを防いでくれます。

 

あなたはおそらくスタンディングデスクを買うことがすべての痛みの終わりだったと思っているかもしれませんが、膝の痛みが現れることがあります。良いニュースとしてはスタンディングデスクによって、座りがちな生活習慣の痛みを終わらせることができるいうことです。立ち姿勢を少し調整し、スタンディングデスクを使うと、幸せになります。

 

休憩を予定する

 

これを十分に広めることができません。調節可能なスタンディングデスクの健康的なルーチンは間隔を置いて座っていることと立っていることを繰り返すことです。一部のスタンディングデスクにはこの目的のためのリマインダー機能が備わっています。

 

あなたの選択が何であれ、一日中立っていることはしないでください。それは良いことよりも悪いことをもたらすでしょう。重要なのは膝の痛みを取り除くために休憩することです。

 

正しく使用してください

 

スタンディングデスクを正しく使うにはどうすればいいですか?立ったまま腰をかがめないでください。まっすぐ立って、目と合うようにデスクトップパソコンを調整します。仕事中にぎこちなく曲げないでください。これはマウスとキーボードを手の高さに合わせる必要があることも意味します。

 

マウスまたはキーボードを使用する時、手が地面に対して90度になる必要があります。首の不快感を回避するため、首を傾けないでください。

 

履物

 

スタンディングデスクを使用する際、快適な靴を選びましょう。動きを制限したり、姿勢のバランスを崩したりするような靴を履かないでください。例えば、ハイヒールを履くことはお勧めできません。この目的を果たすために底が平らな靴にしてください。履物によっては不快感の一因となる可能性があります。

 

姿勢

 

私たちの姿勢は重要です。座っている間でも、体の痛みを避けるために良い姿勢を維持してください。

 

ストレッチ

 

労働時間は伸び、時にはそれは際限なく続きます。あなたがリモートワーカーである場合、知らず知らずに残業していることに気付くでしょう。これらすべての仕事は筋肉の緊張を引き起こします。したがって、機会があるたびに関節を伸ばしたり曲げたりする必要があります。

 

休憩してワークスペースを歩き回ることをお勧めします。または予定している昼休みをとって、筋肉を伸ばしてリフレッシュしてください。これらの休憩は関節や筋肉をリラックスさせるだけではありません。あなたに活力を与え、集中力を高めます。

 

アクセサリー

 

立っている負担を軽減するアクセサリーに投資しましょう。例えば、倦怠感のないマットは魔法のように機能します。立っていることを忘れてしまうでしょう。シームレスな体験のため、FlexiSpot抗疲労マットをお試しください。

 

立つことはかつてないほど容易になりました。他のアクセサリーはあなたの仕事のプロセスと立ったり座ったりするセッションをより簡単にするでしょう。それらを調べて、投資してください。結局のところ、あなたの健康は不可欠なのです。

 

立っていることのメリット

 

スタンディングデスクにはいくつかのメリットがあります。それが多くの健康上の懸念を解決すると言うのは正しいと言えます。ただし、スタンディングデスクの効果をすぐに感じられない場合があります。しかし、しばらくすると、座りがちな生活によって引き起こされる腰痛やその他の不快感がないことに気付くでしょう。

 

例えば、スタンディングデスクは心臓病からあなたを守り、心臓病と闘うことができます。 どのようにでしょうか?

 

さて、あなたは立っている間にカロリーを消費します。立った状態で消費するカロリーは1週間で約2000カロリーになる可能性があります。その意味合いがわかりますか?

 

立っていることで、アクティブで健康的なライフスタイルを送ることができます。さらに余分なカロリーを簡単に燃焼することができます。それによって減量につながります。肥満出ない場合健康な心臓になり、その他のメリットもあります。その他のメリットには血糖値のチェックが含まれます。立っていると血糖値が下がり、糖尿病を防ぎます。

 

スタンディングデスクの精神的メリット

 

また物理的なメリットに加えて、スタンディングデスクからいくつかの精神的なメリットを体験できます。立っている間、あなたの脳はあなたを気分良くさせるエンドルフィンを放出します。あなたの体はどんな運動でもエンドルフィンを放出します。立っていることは運動の一形態であるため、あなたはより幸せになり、生産性が高まり、ストレスを感じることが少なくなります。

 

生産性とムードの向上は誰にとっても常に朗報です。あなたも例外ではないでしょう。結局のところ、立っていることには多くのメリットがあるのです。

 

リスク管理

 

スタンディングデスクのメリットを享受するか、文句を言って終わるかのどちらかです。これら2つの結果の間の境界線はぼやけており、1つの要因に左右されます。それは使い方です。私たちはそれをリスク管理と呼んでいます。次の場合、膝の痛みや痛みはまったくありません。

 

モニターとデスクを調整する

 

スタンディングデスクを購入したら、設置する必要があります。スタンディングデスクのセットアップには他のすべての付属ワークステーションを適切に固定することが含まれます。

 

どういう意味ですか?

 

立った状態で身長に合わせてモニターを調整します。これを達成するためにあなたの身長まで上がるスタンディングデスクを購入してください。それがスタンディングデスクの良い買い物をするための重要な要素の1つだと思います。

 

座って、立ってを繰り返します

 

座ったり立ったりすることは不可欠であり、仕事をしながら健康を維持するための鍵を握っています。静的な仕事は健康への影響を引き起こす可能性があります。しかし、姿勢を定期的に切り替えるようにすると、健康上の問題が発生する可能性が低くなります。そしてそれはまたあなたの仕事の効率を改善します。

 

さらに、必要に応じて何度でも筋肉や関節を伸ばしてください。

 

倦怠感のないマットを使用する

 

先ほども言いました通り、アクセサリーのような倦怠感のないマットにうよってシームレスに立つことができます。倦怠感のないマットを使用してください。そしてこれをメリットを最大化するため、高品質の抗疲労マットに投資してください。FlexiSpotの人間工学に基づいた抗疲労マットDM1にはマッサージマウンドがいたるところにあります。よって、あなたの自然な体の動きはあなたが働いている間足のマッサージを刺激します。このマッサージは血行を促進するだけでなく、リラクゼーションを高めます。

 

キーボードとマウスのポジショニング

 

キーボードとマウスは健康的なスタンディングデスクをセットアップするために考えるべき要素であります。キーボードとマウスを配置することで、仕事中に厄介な曲がりが発生する可能性を回避できます。

 

一般的に姿勢を形成する上でポジショニングは非常に重要です。ワークステーションのいずれかが適切でない場合、恐らくひどい姿勢になるからです。

 

どのスタンディングデスクを購入すればよいですか?

 

ワークステーション市場ではスタンディングデスクがたくさんあります。座りがちな生活への最近の問題意識の高まりのおかげで、市場では様々な種類と形のスタンディングデスクで活況を呈しています。

 

これは良いニュースでも悪いニュースでもあります。選択肢はほぼ無限にあるので、朗報です。悪いニュースとしては選択をすることが難しいということです。

 

幸いなことに、私たちは解決策を提案できます。このジレンマを解消するための提案がいくつかあります。

 

まず、高さ調節可能なスタンディングデスクを購入します。具体的には完璧な高さ調節機構を備えたものを購入します。

 

次にあなたの身長に適したフルハイト調整を備えたスタンディングデスクが必要です。 購入する前に高さの範囲を確認してください。

 

最後にあなたの予算が要因です。FlexiSpotはクラシックな機能を備えた手頃な価格のオプションを提供しています。そして最後に机の美学は不可欠です。ワークスペースの外観は予想以上に仕事のアウトプットに影響を与えます。したがって、美学はスタンディングデスクを決定する際の簡単な要因とは言えません。

 

よくある質問

 

スタンドデスクは害を及ぼす可能性がありますか?

 

両方です。スタンディングデスクを適切に使用すれば、問題はありません。ただし、姿勢などに注意を払わずにスタンディングデスクを使用すると、体に痛みを感じることがあります。

 

スタンディングデスクを8時間以上使用する必要がありますか?

 

高さ調節可能なスタンディングデスクはいつまでもご利用いただけます。しかし、長時間立っていると、健康上のリスクにさらされます。したがって、調整可能なスタンディングデスクを購入し、仕事中はできるだけ頻繁に調整機能を使用することをお勧めします。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。