パソコンで仕事をする際に正しく座る方法

March 04, 2022

オフィス仕事では多くの場合、従業員は自分の机の前に長時間座る必要があります。9時から5時まで、彼らはその日の仕事を完了させるために集中しているので、座った姿勢から立ち上がったり歩いたりすることはめったにありません。もちろん彼らは立ち上がって水を飲んだり、トイレに行ったり、昼食を食べたりします。しかし、それだけです。1日の大半は健康な体を維持するために不可欠な、活発な動きをせずに座って過ごします。

 

残念ながら、これらの従業員のほとんどは適切に座る方法を知りません。首や背中の痛みを軽減するために人々が行うべき適切な座位があります。身体的な健康上の利点は別として、まっすぐな姿勢を保つことは人がより自信を持つのにも役立ちます。

 

姿勢を良くするものは何ですか?

 

人の上半身の部分が正しい位置にあり、十分な量の筋肉の緊張によって支えられている場合、適切な姿勢であると言われています。姿勢が良いと、体を動かしたり運動したりするときの体への負担が少なくなります。筋肉、関節、靭帯はより少ない摩耗と裂傷となるでしょう。またバランスを取り、維持するのも簡単です。それはあなたの筋肉に負担をかけ、特定の部分を使いすぎるリスクを減らします。またあなたの背骨の健康を改善します。

 

では座っているときの最適な位置とはどのようなものでしょうか?

 

万能の座位はありません。もちろん人それぞれ違うので、あなたの身長、あなたが使用している椅子、そしてあなたが座っているときにあなたがする活動の性質にうまく合うものが最良の座位であることを意味します。

 

足を床に平らに置いたり、フットレストに置いたりすると、姿勢を改善できます。膝を組む傾向がある場合でも、膝を組むことは避けてください。膝の後ろと座っている椅子の間に隙間を空けるように注意する必要があります。膝が腰と同じ高さであるか、それよりもわずかに低いことを確認してください。さらに足首を膝の前に置き、肩をリラックスさせます。繰り返しになりますが、時々姿勢に注意し、前腕と膝を床と平行に保つようにしてください。肘を反対の手で持って、腕でL字型を作ります。首をリラックスさせながら、背中をまっすぐにし、背もたれを椅子に当ててください。ただし背もたれが椅子に合わない部分がある場合、クッションを使用してください。特に、腰の痛みを感じる場合はそうです。最後に最善の治療法は長時間座っていることを避けることです。少なくとも10分毎に立ち上がることを意識してください。

 

パソコンで仕事するときに正しく座る方法


目の前にパソコンがあり、それを使うときは正しい座り方を知っておく必要があります。長期的に過度に座ることによって引き起こされる健康上のリスクと戦うことができるように、特別な注意を払う必要があるでしょう。パソコンでの仕事中に適切な座位をとるためのヒントを以下に示します。

 

1.腕でモニターに手を伸ばすことができるようにしてください。モニターの高さは自然な目線から2インチを超えないようにする必要があります。

 

2.適切な座位を維持するため、必要に応じてワークステーションをカスタマイズし、人間工学に基づいていることを確認してください。 例えばフットレスト、バックレスト、またはリストパッドを追加してください。

 

3.市場で入手可能なスタンディングデスクをチェックしてください。FlexiSpotは現在、通常のデスクからスタンディングデスクに移行している人々の間で人気となっています。

 

このワークスペースは人間工学に基づいており、高度にカスタマイズ可能であり、体に健康的であると見なされています。立っている状態から座っている状態へ、そしてその逆に安全に移行することを確実にします。

 

4.人間工学に基づいたゲーミングチェアまたはヨガボールを使用します。これらはすべて、地元のスポーツ店で簡単に見つけることができます。FleixSpotには首と背中を支える調節可能な背もたれが付いた人間工学に基づいた椅子もあるため、ゲーミング用だけではありません。それはまたプレミアムな座り心地を保証するクッションシートを備えています。

 

5.モニターで使用できるキーボードとマウスには多くの種類があります。適切なものが見つかるまで、必要なオプションを検討してください。また、仕事中にどちらか一方に手を伸ばす必要がないよう、それらを並べて配置する必要があります。

 

6.ヘッドセットまたはイヤホンを使用して首の負担を防ぎます。これにより会議中に相手の言っていることを聞くために前かがみになったり、不快な姿勢をとったりする必要がなくなります。

 

7.そして、上記のように、1日を通して座っている時間と立っている時間をスケジュールします。体を伸ばして筋肉の緊張を避けることができるように動きましょう。FlexiSpotスタンディングデスクには高度なコントロールパネルが付属しており、集中的な仕事を行うときに座ったり立ったりする必要があることを思い出させるために、リマインダーを設定できます。

 

体に最も快適な姿勢をとるため、10〜15分ごとに姿勢に変化がないか確認し、それに応じて調整してください。

 

結論

 

たった1日で姿勢を変えることはできません。仕事中は時間、注意、そして適切な姿勢を保つための取り組みが必要です。重要な健康上の利点もすぐには出てくるとは限りません。数週間~数ヶ月後に変化を感じることができるかもしれません。

 

正しい姿勢を確実にした後の次のステップとしてはそれを維持することです。そのため、定期的に自分自身をチェックして、座っているべき正しい健康的な位置を完全にすることが重要です。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。