職場における疲労の管理方法

April 18, 2022

ストレスの多い現代社会では、疲労を感じる社員も少なくありません。多くの人にとって、疲労は一晩ぐっすり眠れば簡単に解消される些細な悩みです。しかし、人によっては、疲労が大きな障害となることもあります。生産性の低下、意思決定の誤り、そして事故の原因になることもあります。しかし、そのようなことはありません。疲労を管理する方法を学ぶことで、生産性と安全性を維持することができます。職場の疲労を管理する方法の包括的な内訳については、こちらをお読みください。

 

従業員が職場の疲労を管理する方法とは?

 

従業員が職場の疲労を管理するためにできることは、以下の通りです。

 

疲労の原因を特定する

 

一日の疲れを軽減するためには、自分の気持ちに影響を及ぼしている要因を特定することが重要です。数日間、日記をつけ、昨晩の睡眠時間や最近特にストレスが多かったかどうかなど、あらゆることを記録してみてください。そうすることで、医師と一緒に疲労を軽減するための計画を立てることができます。

 

睡眠スケジュールの管理

 

質の高い睡眠をとり、職場の疲れを残さないためには、いくつかのポイントがあります:

 

まず、毎晩十分な睡眠時間を確保すること。多くの人は毎晩7~8時間程度の睡眠が必要です。

 

カフェインは飲んだ後何時間も眠れず、アルコールはレム睡眠の周期を乱し、質の悪い睡眠をもたらします。

 

毎日同じ時間に就寝・起床することで、体の自然な睡眠リズムを整えることができます。

 

寝室は涼しく、暗く、静かにしましょう。睡眠に適した環境を整えましょう。

 

ベッドでの作業や電子機器の使用は避けましょう。画面の光は、睡眠サイクルを調整するホルモンであるメラトニンの生成を妨げる可能性があります。

 

寝る前にリラックスできるような習慣を作りましょう。お風呂に入る、本を読む、落ち着いた音楽を聴くなどが効果的です。

 

就寝前に、深呼吸や視覚化エクササイズなど、リラックスするためのテクニックを練習しておきましょう。

 

健康的な食品を食べ、水分補給をする

 

赤身のタンパク質、複合炭水化物、健康的な脂肪など、1日中エネルギーを持続させる健康的な食品を食べましょう。野菜や果物、全粒粉のトースト、低脂肪のヨーグルト、ナッツや種など、腹持ちが良く、エネルギー源となる食品を選びましょう。そうすることで、血糖値を安定させ、エネルギー不足を防ぐことができます。甘い飲み物や加工されたスナック菓子は、血糖値を急上昇させ、数時間後に急降下させるので、避けるようにしましょう。

 

また、水分補給も重要です。水をたくさん飲むことは、体を冷やし、リフレッシュすることにもつながります。

 

定期的に運動する

 

定期的な運動が、職場の疲れを癒す最良の方法のひとつであることに疑いの余地はありません。運動はエンドルフィンを分泌し、気分やエネルギーレベルを向上させるのに役立ちます。また、血液の循環を良くすることで、脳や体の他の部分に酸素や栄養素をより多く送り込むことができます。さらに、運動は、疲労の原因となる緊張やストレスの解消にも役立ちます。

 

とはいえ、やりすぎは禁物です。運動のしすぎは逆効果で、疲労感や無気力感の原因になります。大切なのは、活力やリフレッシュを感じられる程度の運動量と、疲労感を感じない程度の運動量のバランスを取ることです。最初はゆっくりと、徐々に運動量を増やしていきましょう。

 

定期的に休憩をとる

 

休憩を取ることは、職場疲れを防ぐために重要なことですが、休憩を有意義で生産的なものにすることも重要です。ここでは、効果的な休憩の取り方のコツをご紹介します。

 

1時間に1回は必ず休憩を取りましょう。あまり長く待ち過ぎると疲れがたまってしまいます。

 

休憩は仕事場の外でとりましょう。そうすることで、気持ちをリフレッシュさせ、また充電することができます。

 

休憩時間には、楽しいことやリラックスできることをするようにしましょう。そうすることで、仕事に戻ったときに集中力を持続させることができます。

 

例えば、散歩をする、自然の中に座る、読書や書き物をする、同僚と過ごす、音楽を聴く、瞑想やマインドフルネスをする、軽いストレッチやヨガのポーズをする、健康的なスナックを食べる、などがあります。

 

ストレスマネジメント

 

職場疲れを防ぐには、ストレスマネジメントが重要です。ストレスを感じると、体内でコルチゾールが分泌されます。このコルチゾールは、疲れや負担を感じる原因となるホルモンです。ヨガのクラスに参加したり、本を読んだり、屋外を散歩するなど、毎日自分のためにリラックスしてストレスを解消する時間をとることが大切です。また、ラベンダー、ジャスミン、イランイラン、ベルガモット、ローズ、フランキンセンスなど、ストレスを緩和するエッセンシャルオイルをアロマテラピーディフューザーで使用することもおすすめします。また、2〜3ヶ月に一度、セラピストと相談し、心の健康状態を継続的に評価してもらってください。しかし、何をするにしても、毎日、自分のための時間を確保し、充電し、若返るようにしましょう。

 

疲労管理のためのその他のステップ

 

職場における疲労のリスクを軽減するために、従業員ができることがいくつかあります:

 

バディシステムを導入する。パートナーとの共同作業により、短い休憩時間や話し合いの機会を設けることで、疲労を軽減することができます。

 

疲労に関連する事象を報告する。従業員が疲労を感じたとき、あるいは職場で事故やヒヤリハットを経験したときは、できるだけ早く報告すること。そうすることで、雇用主は職場における疲労の症状や蔓延状況を把握することができます。

 

ウェルネス計画を立てる(積極的にカウンセリングを受けたり、心の健康状態を確認する)。

 

辛いことがあったら、個人的に休みをもらう(契約内容内で)。

 

仕事の整理整頓をする。疲労の危険因子のほとんどは、締切に間に合わせようと急ぐことから生じます。タスクが割り当てられたら、より簡単に(ストレスなく)実行できるよう、十分な時間を割り当てるようにしましょう。

 

従業員の疲労を管理するために雇用主ができること

 

職場疲労に関しては、雇用主が率先してその影響を管理する必要があります。従業員にはさまざまな形で疲労を感じるリスクがありますが、より生産的で健康的な職場環境を作るために、雇用主が守れる一般的なガイドラインがいくつかあります。

 

雇用主が職場の疲労を軽減するために、オフィスをより快適にする方法には、次のようなものがあります:

 

人間工学に基づいた家具への切り替え

 

調節可能で、良い姿勢を促進する人間工学に基づいた家具を用意する。いくつかの提案があります:

 

人間工学に基づいたチェア - オフィスに人間工学に基づいたチェアを設置することで、従業員に快適な座り心地を提供し、疲労を軽減するのに役立ちます。これにより、長時間正しい姿勢で座ることができ、筋肉の疲労や緊張を軽減することができます。

 

スタンディングデスク - スタンディングデスクは、日中に体を動かすことを奨励することによっても、疲労を軽減することができます。立ち上がることで、筋肉を伸ばし、血流を良くすることで、疲労感を軽減することができます。

 

アンダーデスクバイク - アンダーデスクバイクは、デスクから離れることなく、日中の運動量を増やすことができる素晴らしい方法です。

 

オフィスの温度管理

 

OSHAのガイドラインによると、オフィス環境の理想的な温度は華氏68~76度です。オフィスが暖かすぎたり寒すぎたりすると、従業員は無気力になり、居心地が悪くなります。したがって、雇用主は快適な労働環境を確保するために、質の高い空調システムと適切な換気システムをオフィスに装備する必要があります。

 

まとめ

 

疲労は、職場において重要な問題となり得ます。生産性の低下、ミス、そして事故につながる可能性もあります。職場の疲労に対処するために、雇用者と従業員ができることはたくさんあります。休憩を取る、十分な睡眠をとる、人間工学に基づいた機器を使用するなどは、疲労と闘うための良い方法です。また、雇用主は職場環境を考慮し、それが従業員の疲労にどのような影響を与えるかを考える必要があります。快適で明るい職場を作ることは、疲労を軽減するのに役立ちます。また、従業員は疲労の兆候を把握し、いつ休憩を取るべきかを知っておく必要があります。従業員一人ひとりの心がけ次第で、疲労を軽減したり、完全に取り除いたりすることができるのです。これらの提案が、あなたとあなたの同僚のために、より健康的な職場を作る手助けになることを願っています。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。