妊娠中のデスクワークを快適にするためには

April 27, 2022

もうすぐ赤ちゃんが生まれますね。おめでとうございます。この素晴らしい祝福によって、あなたの人生は変わろうとしています。妊娠は女性が母親になろうとする旅の道の一部です。けれどこの旅が順風満帆ではなく、時には母親にとって困難であったとしても、山九は出産後にしか与えられません。女性は赤ちゃんにとって良い生活を送れるようにするために、妊娠初期から第三期までであっても働かなければならないのです。

 

けれど、会社に雇用されていようともフリーランスで働いていようとも、女性には快適さと柔軟性が与えられる権利があるのです。

 

母親は産休を取得できますいが、残念なことにほとんどの雇用主はこの期間中の給料を払ってくれません。妊娠中に出勤しなければならなかった時、身体の変化に対処しながら同時に職場で自分の仕事をまっとうするために、彼女たちは最善をつくさざるを得なかったのです。お腹にもうひとりの人間を宿しながら長時間座りっぱなしでデスクワークをするのは、そうじゃない人よりもずっと大変なことなのです。けれど、こうした大変な状況であっても、妊娠中の女性にとって仕事は楽しく充実したものになる可能性があります。ここからは、妊娠中でも仕事を楽しんでやるためのお勧めの方法をご紹介します。

 

ワークスペースの備品を使いやすいように配置する

 

妊娠すると身体の調子があまり良くないため動くことが少なくなります。そのため、仕事の効率を上げるためには、必要な備品や機器を置く際に、その時々で必要なものがすぐ手に取れるように配置することがより良いでしょう。あまり使わないものは適切な場所に収納し、必要な時だけ取り出すようにします。引き出しに手を伸ばす時に前かがみになる、携帯電話で話すために首に負担をかけることは避けてください。筋肉を消耗させないようにしましょう。

 

ワークスペースを、「事務作業用」「パソコン作業用」「ミーティング用」と3つに区切るなど、仕事内容や環境に応じて使い分けるのも良いでしょう。

 

頻繫に座り姿勢と立ち姿勢を入れ替える

 

長時間座りっぱなしでいるのは健康に悪いため避けるべきだということをついつい忘れてしまうかも知れません。座り姿勢から立ち姿勢へ、またその逆へと移行するための休憩が必要なことを思い出すために、アラームをセットすることをお勧めします。この時点で筋肉に問題を起こしたくありませんね。同時に長時間立ち続けるのも良くありません。足や脚全体が痛んだり、腫れやむくみなどが発生したりする可能性があります。したがって、仕事中に立ち姿勢と座り姿勢をバランスよく取ることが大切なのです。背中が丸まっているのは姿勢が悪い証拠ですので気をつけてください。ある程度の時間ごとに座り姿勢と立ち姿勢をくり返すことが良いでしょう。

 

人間工学に基づいた快適な椅子を使用する

 

これが妊娠していない従業員にも有益なのはもちろんですが、妊娠している女性にとってはなおさらです。妊娠によって身体が変化しますが、その中にはお腹も含まれます。お腹の中の赤ちゃんは筋骨格系に負担をかけますが、それがやがて腰痛につながる可能性があります。ニーズに合わせて適切に調節できるオフィスチェアを持つことは、素晴らしい価値のある投資です。人間工学に基づいたオフィスチェアは、腰痛や首の痛み、筋肉の痛みを軽減するように設計されています。

 

オフィスチェアを最も快適な位置に調節する

 

快適なオフィスチェアを手に入れるためには、その機能を最大限に活用することが必要です。調整可能なオフィスチェアをあなたにぴったりにするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

1. ランバーサポートの位置を確認し、肩がリラックスした状態でバランスの良い位置に来るまで前方に押し出してください。

 

2. 足が床に平行に着いた状態が理想的です。シートの高さと奥行きを調節してください。自宅や涼しい場所で働く時は裸足になっても良いでしょう。

 

3. 一日を通してバランスの取れた姿勢でいたいものです。そのために、背もたれの傾きを調節しましょう。腰から肩、首、耳までが一直線になる姿勢を思い描くと良いでしょう。

 

4. 妊娠した際に、正しい姿勢を取れるようにオフィスチェアを調節するのは当然のことです。

 

デスクの片すみにヘルシーな軽食を置いておく

 

妊娠中の女性は時々激しい食欲に襲われます。初めて妊娠をする女性も、母親ベテランの女性も、いつもひっきりなしに食べているのに収まらない旺盛な食欲に驚くことでしょう。大丈夫です。あなたはふたりの人間を養っているのですから。そうは言っても、赤ちゃんの健康を預かっているのですから、食べるものは健康的で身体に良いものを選ぶようにしてください。手の届く範囲に健康的な軽食を用意しておくと取り組みやすくなります。空腹感に仕事が中断されることもなくなります。

 

スタンディングデスクを購入する

 

スタンディングデスクが妊娠中の女性にもたらす恩恵は計り知れないものです。運動量やカロリーの消費の面からも、1時間ほど集中して仕事をするごとに10分間立ち姿勢になるだけでも大きなメリットになります。スタンディングデスクがあれば、仕事中に定期的に立ち上がる、ということを簡単に確実に行うことができます。立っている間も快適で、血液循環も良くなります。

 

まとめ

 

これから人生最大の祝福を迎える新米ママのあなたは、今が幸せの真っ盛りです。私たちはそんなあなたの心配を取りのぞき、前向きな気持ちできらきら輝いていて欲しいと願っています。人間工学に基づいた良好な職場環境を整えるための素晴らしいヒントこそが、妊娠中の女性に受け取っていただきたいものなのです。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。