人間工学に基づいたデザインを家の周りに取り入れる方法

November 26, 2022

人間工学に関する意識は、今日、最高潮に達しています。自分のワークスペースをより人間工学的にすることに関心を持つ人が増えています。従業員もオフィスのエルゴノミクスが悪いと声を上げるようになり、雇用主も従業員に安全で健康的な職場環境を提供することを意識し、積極的に取り組むようになっています。

 

しかし、エルゴノミクスの概念とその実践は、まだどこか職場に限定されたものです。人間工学の考え方が悪いと、家庭でも同じように健康と安全に影響があると考える人はあまりいないでしょう。職場は人間工学的に改善されていても、人間工学の改善に取り組んでいない家庭に来ると、職場で懸命に防いだのと同じリスクにさらされることになるのです。

 

人間工学に基づいた家づくりの重要性は、それと同じか、それ以上かもしれません。仕事では、自分の健康と安全だけがリスクにさらされますが、家では、家族全員が苦しまなければならないかもしれないのです。

 

人間工学に基づいた設計を改善することは、あなたとあなたの家族が、人間工学に基づいた設計の不備によるあらゆる健康被害から安全に身を守るために、非常に重要なことなのです。

 

家庭でのエルゴノミクスを改善することは、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

人間工学に基づいた職場を設計することよりも、人間工学に基づいた住まいを作ることに取り組むことが重要である、というのは、私たちの核心をついた言葉です

 

家では姿勢を意識することが圧倒的に少ないので、会社で気をつけていることも、家では多かれ少なかれ監督されていることになります。それから、人間工学に基づいた悪い姿勢によって、健康障害を発症しやすい子どももいます。

 

家庭で良好なエルゴノミクスを確保するのは、エルゴノミクスのあらゆる側面と家族全員に配慮しなければならないため、大変な作業となります。しかし、一日の終わりには、その苦労のすべてが報われるのです。ここでは、自宅周辺の人間工学的デザインの改善に取り組むことで得られる多くのメリットについて見ていきましょう。

 

身体をよりよくサポートする

 

自宅周辺のエルゴノミクスを改善する最初の方法は、エルゴノミクス家具に投資することです。人間工学に基づいた家具は、あなたの体に必要なサポートを提供します。

 

長時間ソファに座って、家族と一緒に映画やドラマを見ていると、悪い姿勢で座っていると体に大きな負担がかかり、体が痛くなることがあります。しかし、適切なエルゴノミクス家具など、人間工学に基づいた対策を施していれば、体をしっかりと支えることができ、自分や家族が姿勢に関連した健康上の合併症を引き起こすリスクはなくなるので安心です。

 

姿勢の改善

 

食卓でしばらく座っていると、体が硬くなるのを感じたことはありませんか?それは、ダイニングチェアが人間工学的に優しくないからです。家庭での正しい人間工学的解決策は、正しい姿勢を促します。普通のソファやカウチ、ダイニングチェアを使っていると、すぐに体が疲れてしまいます。

 

体の痛みを感じにくくする

 

人間工学の考え方が悪いと、肩や首、腰など、体のさまざまな部分に痛みが生じるのが最も一般的な原因です。しかし、自宅に適切なエルゴノミクス家具を置き、人間工学に基づいた方法で日々の活動を行えば、体の痛みを感じる可能性を大きく減らすことができます。

 

快適性の向上

 

なぜ、家以外の場所は居心地が悪いのでしょうか?それは、あなたの家があなたに必要な快適さを提供しているからです。自宅周辺の人間工学に基づいたデザインを改善することで、自宅はもっと快適になるはずです。

 

安全性の向上

 

家庭における人間工学の最も重要な要素の1つは、移動の際に邪魔になったり、邪魔になったりしないように家具を配置することです。家具の配置が悪いと、本人や家族がぶつかってケガをすることもあります。人間工学に基づいた家具の配置をすることで、より安全な住まいを実現することができます。

 

住まいの周りの人間工学を改善する方法

 

家庭をエルゴノミクスに配慮したものにすることは、職場をエルゴノミクスに配慮したものにするよりも困難なことです。仕事場では、自分のワークステーションだけに取り組めばよいのですが、家では、家にいる全員が安全で健康に過ごせるように、家の中のすべての場所に取り組まなければなりません。そこで気になるのが、自宅周辺のエルゴノミクスデザインをどのように改善するかということです。でも、心配はご無用です。私たちがサポートします。

 

人間工学に基づいた家具に投資する

 

家の中の人間工学を改善する最も良い方法の1つは、人間工学に基づいた家具に投資することです。リビングルームに普通のソファーや椅子を置く代わりに、リクライニングチェアに投資してみましょう。そうすれば、座っている間、背中が完全にサポートされるようになります。ダイニングチェアを人間工学に基づいたものに変える。自分に合った高さのダイニングテーブルを購入する。子供には高すぎる場合は、子供用の高座椅子を購入しましょう。これは、食事中に正しい姿勢で座っていることを確認するために重要です。テーブルの高さが適切であれば、食事中に背中を丸めたり、肩を落としたりする必要がありません。

 

フィートサポート追加

 

自宅でテレビを見たり、本を読んだりする時間が長い人は、フットサポートを追加することが大切です。足をしっかりと支えることは、人間工学の重要な側面です。足がぶらぶらしていて、足が床に平らに置かれていないと、膝の裏のツボにストレスがかかることがあります。その結果、脚の痛みにつながってしまうのです。

 

よくある間違いは、足が床につくように前かがみの姿勢で座ることですが、そうすることで背中を支えきれずに腰痛の原因になることがあります。

 

この問題に対処する最善の方法は、座っている時間の長いソファでフットサポートを確保することです。

 

テレビを正しい高さに設置する

 

テレビを何時間も見ていると、首がこるような気がすることはありませんか?もしそうなら、それはテレビが正しい高さに設置されていない証拠です。テレビが壁の上の方に設置されていると、テレビを見るために首を高くする必要があります。また、テレビが低すぎる場合は、首を下に曲げなければなりません。どちらも首に大きな負担をかけることになり、首の痛みにつながります。

 

人間工学に基づいたコンピューターテーブルとチェアに投資する

 

お子さまが長時間パソコンを使う場合は、人間工学に基づいたパソコンテーブルとチェアに投資することをおすすめします。そうすれば、お子さまの身長に合わせてパソコンの高さを調整し、正しい姿勢で座ってもらうことができます。

 

ほとんどの子どもたちは、パソコン用の椅子の端に座り、パソコンのモニターが見えるように首を後ろに曲げてパソコンを使っています。これは、彼らにとってテーブルが高すぎるためです。これは、特にコンピュータを長時間使用する場合、筋骨格系障害を発症するリスクが高くなります。

 

家具の配置を工夫する

 

家具を増やしすぎると、家の中が混雑してくすんで見え、家具にぶつかってケガをする可能性も高くなります。家具と家具の間は50cm以上空けるのが理想的です。スペースに余裕がない場合は、部屋に置くものを減らしましょう

 

すでに移動が困難になっている高齢者がいる家庭なら、なおさらです。家具がたくさんあって、それらが近くに配置されていると、つまずいたり転んだりする可能性があります。

 

転倒・落下する可能性のあるすべての危険に対処する

 

家の人間工学的設計の改善に取り組む際に考慮すべき最も重要な要素の1つは、つまずきや転倒の危険性をすべて解決することです。バスルームに、あなたや家族の誰かがつまずくような段差がないことを確認してください。部屋と部屋の間に見落とすような段差があってはなりません。階段とパティオは水平にする必要があります。

 

家庭での人間工学的な配慮は大変な作業ですが、非常に必要なことです。オプションとして放棄できるようなものではありません。人間工学に基づいた住まいのデザインは、住まい手全員の健康と安全を確保するものです。

 

照明の改善

 

人間工学を考える上で、照明も重要な要素であることをご存知でしょうか。人間工学を改善するためには、家の中の照明にも工夫が必要なんです。子供の勉強部屋には十分な照明を設置しましょう。寝室の照明は明るすぎないように。リビングルームの照明は、リビングルームが生き生きとした幸せな雰囲気になるような、ちょうどよい明るさが必要です。モダンなフロアランプは、明るさが必要な部屋に置くとよいでしょう。

 

照明が適切であれば、光が少なすぎたり多すぎたりして、目が疲れることはありません。どちらも、頭痛や不快感を引き起こす可能性があります。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。