自宅オフィスの人間工学を改善する方法

December 31, 2021

COVID-19の大流行で、多くの人が自宅で仕事をすることになりましたが、その多くは、仕事場を自宅に移すための準備が出来ていないことがほとんどでした。自宅オフィスを人間工学に基づいた空間にセッティングすることで、健康で幸せに働ける場所になります。ここでは、自宅オフィスの人間工学を改善し、効率を最大化するために最適なスペースを作る方法について見ていきましょう。

 

人間工学の必要性とは?

 

仕事場における人間工学とは、あなたの働き方を最適化することです。生理的、精神的に最適なものを組み合わせることで、効率、生産性、健康促進を最大化する仕事環境を実現することができます。自宅オフィスが人間工学を考慮して設計されていない場合、腰痛、姿勢の悪さによる脊椎の健康障害、捻挫などの生理的な問題が発生することがよくあります。また、代謝率の低下や呼吸器系の機能不全、さらにはストレスやうつ病などの精神的な問題も引き起こす可能性があります。

 

優れた人間工学は、快適性と安全性を確保し、痛みのない状態を保ちながら、生産性の高い仕事をすることができます。

 

人間工学を改善するには

 

オフィスの人間工学を改善するには、特定の機器が必要です。しかし、何かに投資する前に、自分がどのような仕事をしているのかを考えてみる必要があります。タイピングが多い人もいれば、イラストやデザインでペンやスタイラスに頼る人もいるでしょう。

 

どのような設定にするにしても、一番時間を費やす作業を自分にとってより快適なものにするために、空間をカスタマイズすることが必要です。

 

人間工学に基づいたオフィスを実現するために重視すること

 

仕事場の人間工学は、通常、4つの主要なエリアを中心に展開されます。自分にとってより快適な空間にするために、この4つのエリアに注目し、これらのエリアで安全に過ごし、健康上の懸念を回避するように調整する必要があります。

 

頭と首

 

頭、首、肩は悪い姿勢によって傷つきやすいので、そうならないような姿勢を保つことが大切です。そのためには、首に対して頭が垂直になるようにします。

 

ノートパソコンで作業する場合、通常は首を曲げて画面を見ることになるため、これが難しくなります。短時間であれば無害ですが、毎日ノートパソコンで仕事をしなければならない場合は、健康をキープするために設備投資をしたほうがよいでしょう。

 

手と手首

 

また、手と手首は自然な位置を保つようにするべきです。上腕は体と一直線に、前腕は垂直に、平らな面に置いてください。手首は曲げてはいけません。

 

入力デバイスの種類にもよりますが、できるだけ長い時間、この姿勢を維持しながら仕事をすることができます。手や手首の不具合は長期化し、大変な苦痛となるため、この条件を満たすように仕事場を調整するようにしてください。

 

背面サポート

 

多くの人は、床に対して90度の角度が正しい座り方だと思っていますが、これは間違いです。首を曲げずに画面をしっかり見ることができ、かつ腰を支えることができる位置が良いのです。つまり、車に乗っているときのように、少し背もたれに寄りかかるような座り方が必要なのです。

 

良い椅子を使ったり、シンプルにクッションを背中に置いて腰を支えるなど様々な方法がありますが、必ず骨盤の傾きが快適であることを確かめてください。

 

また、座りにくい姿勢でいると、足やひざに負担がかかり、痛みを感じることもあります。これを避けるために、太ももを床と平行に保ち、一部の面で足を平らにしてください。

 

行動

人間工学は、座席の配置だけではありません。健康のために、職場で適切な行動をとる習慣をつけることも必要です。

 

こまめに休憩をとり、体や脳、目を休めることが大切です。

 

20分に一度、20フィート離れたものを20秒間見るという習慣が推奨されています。これによってスクリーンにさらされ続けて疲れた目が休息することができます。

 

また、たまにはデスクを離れ、少し体を動かしてみるのも良いでしょう。動くことは血行を良くし、パフォーマンスを向上させ、怪我を防ぎます。

 

また可能であれば、繰り返し行う動作の回数を最小限にするような機器を使用するとよいでしょう。例えば、音声読み上げアプリやソフトウェアを使えば、タイピングの回数を減らすことができますし、マクロなどのソフトウェアに組み込まれたショートカットを使えば、同じ作業を何度も行うことを減らすこともできます。

 

正しい機器を使う

 

人間工学に基づいた仕事場を実現するための適切な機器を見つけることは、健康上の問題から身を守るために重要です。

 

オフィス機器

 

オフィスツールに投資することで、より快適な空間を実現することができます。例えば、ラップトップライザーを使えば、ラップトップが目の高さにくるので、首を曲げる必要がありません。外付けのマウスとキーボードを使えば、正しい姿勢を保つことができます。

 

口述筆記ソフトや音声読み上げソフトなども、タイピングのような長時間の作業を避けるために有効です。

 

人間工学に基づいた家具

 

人間工学に基づいた家具も、仕事場を考える上で重要な要素です。今あるものを使ってその場しのぎをすることもできますが、人間工学に基づいた家具は快適さと健康を考慮して設計されており、姿勢や仕事上のケガや問題の予防に大いに役立ちます。

 

Flexispot社では、ケガをしないよう安全に配慮しながら、仕事場を快適にする自宅オフィス用の人間工学に基づいた家具を幅広く取り揃えています。

 

人間工学に基づいた椅子

 

人間工学に基づいた椅子は、姿勢に関するさまざまな問題を解決してくれます。また、腰痛の改善にも役立ちます。また、人間工学に基づいた椅子は、健康増進に役立つ特別な機能を備えていることもあります。

 

Flexispot社の2in1フィットネスチェアは、高さ調節が可能なシートが付属しており、座り心地がよく、背中をサポートしてくれます。背もたれには通気性の良いメッシュ生地を使用しており、快適さと安定性を保ちながら作業を行うことができます。また、作業中に邪魔にならないように静かにスムーズに動くスタンディングバイクを内蔵しており、気持ちを活動的にします。

 

この椅子は、作業中に太ももや脚をブラブラさせないことで、健康維持に優れています。また、健康や快適性に配慮しながらも、移動しやすい流線型のコンパクトなボディを実現しました。高さ調節が可能なため、万人に適しており、身長の異なる方でも作業できます。

 

人間工学に基づいたデスク

 

人間工学に基づいたデスクも、仕事場に最適なアイテムです。高さ調節が可能なスタンディングデスクは、仕事場の人間工学に基づいた優れたアプローチで、さまざまな要素を考慮しています。高さが調節できるため、座る・立つのタイミングを自分で決めることができ、長時間同じ姿勢でいることを防げるだけでなく、足の運動にもなります。

 

立って仕事をすることで、消費カロリーが増え、腰痛を防ぐことができます。また、座って仕事をするよりもスタンディングデスクで仕事をする方が生産性が高くなります。高さ調節が可能なので、立ちながら仕事をする場合はもちろん、座りながら仕事をする場合も快適なデスクを維持することができます。

 

Flexispot社の電動高さ調節式スタンディングデスクは、シンプルなモーターシステムで、自分が納得できる高さになるまで調節できるので、優れた選択肢と言えます。安定性を確保するために作られており、かなりの重量に耐えられるので、故障の心配もありません。

 

スタイリッシュなデスクで、竹や無垢材など複数の天板が選択できます。エネルギー効率に優れたLEDコントロールパネルを搭載し、高度なキーパッドを備えているため、設定をプログラムすることができます。

 

適切な機器と姿勢で、自宅オフィスをより人間工学的に快適にし、仕事場の生産性を最大化することができます。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。