首の痛みを軽減する人間工学に基づいた職場の作り方とは?

April 06, 2022

デスクワークの多い社員にとって、首や腰の痛みは大きな悩みの種です。

 

その原因は、人間工学的に設計されていないオフィスの設定にあると思われます。

 

パンデミック時にオフィスが閉鎖され始めたとき、誰もが適切な道具や設備を準備していた訳ではなかったため、在宅勤務者が増えるにつれて問題は大きくなっています。在宅勤務者の中には、キッチンテーブルがデスクとなり、ダイニングチェアがオフィスチェアに取って代わった人もいます。その結果、もともと背中や首に問題を抱えていた人の痛みが悪化する一方、これまで痛みを感じなかった人が初めて痛みを感じるようになり、「テックネック」がますます一般的になっていったのです。

 

首の痛みに悩まされ、それを軽減したいのであれば、医学的な支援とともに、人間工学に基づいた職場も必要です。人間工学に基づいた職場を作るにはどうしたらいいのだろう、とお考えなら、私たちがお役に立ちます。

 

この記事では、首の痛みなどの健康上の懸念を軽減するために、人間工学に基づいた職場をどのように作ればよいのかについて見ていきます。また、職場をより快適に、より生産的にするために、人間工学に基づいて設計された製品もご紹介します。その前に、人間工学に基づいた職場を作るために必要な、4つの重要なポイントについて説明します。

 

人間工学に基づいた職場の4つの基本要素

 

人間工学に基づいた職場を作る際に重視すべき点は、以下の4点です。

 

頭の位置を調整する

 

腕の位置をそろえる。

 

背中に負担のかからない体勢を作り

 

動く頻度を意識する

 

この4つの基本を踏まえた上で、人間工学に基づいた職場の作り方をご紹介します。

 

首の痛みを軽減する人工工学に基づいた職場の作り方とは?

 

モニターの高さを調整する

 

デスクワークは、座って画面を見つめる時間が長いため、モニターをどこにどのように設置するかは、健康やパフォーマンスに大きく影響します。モニターをどのように配置するかはあまり意識していない人が多いようですが、それができないと、画面を見ようとしてぎこちない姿勢になり、目、首、肩、背中に大きな負担がかかります。

 

この問題は、画面の位置を適切に調整することで解決できます。ここでは、画面を見るときに不快感を与えないように調整するためのヒントをいくつか紹介します。

 

目とスクリーンの間に少なくとも30センチの距離があることを確認します。

 

キーボードの上にモニターを置き、その角度が15度前後になるようにします。

 

画面の上端が目の高さかそれより下になるようにします。

 

ノートパソコンで作業する場合、ノートパソコンでは画面を柔軟に傾けることができるため、これらの調整を行うことは非常に簡単に思えるかもしれません。しかし、デスクトップで作業している場合や、複数の画面で同時に作業する必要がある場合は、モニターマウントに投資することをお勧めします。モニターマウントは、職場で多くのスペースを節約しながら、モニターを適切に配置するのに役立ちます。

 

Flexispotでは、フルモーションの動きと、どの方向からでも最大限の表示が可能な柔軟性を備えたモニターマウントを見つけることができます。モニターマウントを使えば、背中や肩をリラックスさせることができ、首の痛みも防ぐことができます。

 

キーボードの快適性を追求する

 

首の痛みを軽減するために、人間工学に基づいたオフィスを構築するもう一つの重要なポイントは、腕の位置を揃えることです。腕や指は常にデスクトップやノートパソコンのキーボード、マウスと接触しているため、指や手首の怪我を防ぎ、首の痛みを引き起こす原因となるいくつかのベストプラクティスを知っておく必要があります。

 

腕の位置を揃えるもうひとつの重要なポイントは、仕事をするときに猫背になる誘惑に負けないことです。猫背になると、腕や肩に負担がかかり、結果的に首が痛くなります。

 

キーボードやマウスを人間工学に基づいた位置に配置し、手首を伸ばしたまま上腕をリラックスさせることで、これらの問題を回避することができます。また、人間工学に基づいたキーボードやマウスパッドは、上腕をリラックスさせた姿勢を維持するのに役立ちます。

健康的な座り方から始める

 

毎日8時間前後、座ったままの姿勢で過ごしているのであれば、その姿勢を正す必要があります。正しい姿勢をとることで、痛みを防ぎ、健康的な姿勢を保つことができ、長期的な健康維持につながります。

 

ですから、最近在宅勤務に切り替えた方は、ダイニングチェアを仕事用の椅子として使うことに抵抗がないでしょうか。ダイニングチェアやキッチンスツールは、長時間座っている人を十分にサポートするようには設計されていないことを忘れないでください。

 

オフィスチェアは、腕、脚、背中、臀部を支え、身体のどの部分にも接触ストレスを感じることなく、快適に座ることができることが必要です。さらに、オフィスチェアは背中と首を十分にサポートする必要があります。これは、画面を見ながらうつむくことで起こる首の痛み、いわゆるテックネックの予防に不可欠です。

 

首の痛みを軽減する秘訣は、信頼できる業者による人間工学に基づいて設計されたオフィスチェアに投資することです。人間工学に基づいたオフィスチェアは市場にいくつかありますが、必ずFlexispotのような人間工学に基づいたオフィスソリューションプロバイダーを選んでください。Flexispotでは、快適な座り心地を実現するために必要なあらゆる種類の人間工学に基づいたチェアを、最も手頃な価格で提供しています。

 

エルゴノミクスチェアの快適性を最大限に引き出すもうひとつの秘訣は、そのチェアに正しく身体を預けることです。ほとんどの人はエルゴノミックチェアに投資したものの、適切な姿勢をとらないため、エルゴノミックチェアを使っているにも関わらず、首や背中の痛みなどの悩みを抱えることになります。そのため、人間工学に基づいたオフィスチェアに座るときは、足が床に対して平らになるようにして下さい。さらに、膝の高さが腰とほぼ同じ高さになるようにします。また、クッションやフットレストを使用することで、より人間工学に基づいた線を作ることができます。

 

体質やデスクの高さなど、その他の要因も、職場での快適さに影響する可能性があります。

 

背骨に負担がかかりにくいように、リクライニングやチルト機能を備えた人間工学に基づいたオフィスチェアを選ぶと良いでしょう。人間工学に基づいたオフィスチェアは、通気性の良いメッシュ素材やレザー、ファブリックなど様々な素材から作られているので、自分のニーズに合ったものを選び、背骨を最大限にサポートすることができます。

 

座ったり立ったりしながら作業できる職場を選ぶ


人間工学に基づいたオフィスチェアを購入し、モニター、キーボード、マウスを正しい位置に配置しても、ずっとその位置にいればいいという訳ではありません。

 

仕事中は、定期的に休憩を取り、歩いたり、体を伸ばしたりする必要があります。しかし、近年、医療従事者は、仕事中に立つことが健康に良い影響を与えることを強調しています。その結果、立って仕事をすることに人気が集まり、そのための製品も登場しています。しかし、一日中直立でいることは、一日中座っていることと同じくらい有害であるため、2つのポジションを柔軟に切り替えられる人間工学的ソリューションを探す必要があります。そこで、高さ調節が可能なスタンディングデスクが人気を集めています。スタンディングデスクは、立っている状態と座っている状態を切り替えられるので、首や腰への負担が軽減されます。

 

シットスタンド(座位・立位)職場ソリューションの人気が高まっていることを考えると、高さ調節可能なスタンディングデスクの圧倒的な選択肢を見つけることができますが、Kana Bamboo Standing Deskのような耐久性と頑丈な高さ調節可能なスタンディングデスクを選択するのがベストでしょう。フレキシスポットのこのスタンディングデスクは、環境に優しい竹製のデスクトップでできており、頑丈な構造と高度なデュアルモーター高さ調節システムが特徴で、デスクがより多くの重量を支え、座ることから立つこと、その逆もまたシームレスに移行することを可能にします。

 

最後に


人間工学に基づいた職場は、既存の首の痛みを予防し、軽減するのに役立ちます。人間工学に基づいた職場を作るには、頭、腕、背中の位置を適切に調整し、座位から立位へ、またはその逆へと体勢を変えるタイミングを把握する必要があるのです。Flexispotの人間工学に基づいて設計された製品は、人間工学に基づいた職場を作るためのこれら4つの基本的な側面であなたをサポートし、首の痛みを軽減しながら仕事の生産性を高めることができるのです。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。