仕事のプロフェッショナリズムを実践する方法

July 07, 2022

今日のあなたの振る舞いが将来のあなたの人生を決定づけます。あなたはほとんどの時間を職場で過ごすので、職場でどのように振る舞うかで、職場の仲間や上司からあなたがどのように記憶されるかが決まります。このことは、あなたの将来のキャリアパスがどのように形成されるかに影響し、あなたの行動があなたのキャリアを作るか壊すかを決めるのです。結局のところ、たとえあなたのスキルが職位と同等であったとしても、人々の記憶に残るのは、あなたが職場でどのように振る舞ったかということなのです。だからこそ、同僚と接するときはプロフェッショナルでいることが大切なのです。

 

では、どうすればプロフェッショナルに振る舞えるのでしょうか。プロフェッショナルであるためには態度、身だしなみ、そしてマナーが重要です。人はあなたの話し方、言葉遣い、声のトーン、身振り手振りに注目します。職場で適切な服装をしているか、有能で信頼できる同僚であることをアピールしているか、などです。また与えられた仕事に対して、どのように決断し、どのような行動をとるかも見られています。何時に出社し、日中どのように仕事をし、仕事が終わったら何時に退社するのかも観察されています。プロフェッショナリズムとは同僚や上司をいかに尊重するか、楽観的かつ熱心に仕事に取り組むか、いかに礼儀正しく接するか、自分や他人に影響を与える決断をどのように判断し実行に移すか、といった点も関連しています。

 

あなたがプロフェッショナルとして働き始めると、同僚はあなたの効率的で生産的な仕事ぶりに注目し、観察するようになります。あなたのことを聞かれた同僚はあなたのことを信頼できる同僚だと思うので、悪いことは何も言えなくなり、あなたと一緒に働くことが楽しくなります。プロフェッショナルに振る舞うことで、昇進の可能性もあり、リーダーとしての役割を考慮されることもあります。

 

具体的に言うと、職場で最もプロらしい振る舞いをするためのヒントは以下のとおりです。

 

1. 遅刻をしない

 

時間通りに来るということは、他人の時間を尊重するということです。それはあなたがルールを守り、常に全力で取り組むことができる、信頼できる人であることを意味します。時間を守ることはあなたの性格を反映するものです。これは上司や同僚に、あなたの仕事があなたにとって重要であり、毎回可能な限り最善の方法で行っていることを示すものです。

 

時間通りに到着するのが難しい場合、この遅刻癖を直す方法があります。まず、遅刻の原因を突き止めましょう。朝起きるエネルギーが足りないのであれば、前の晩に早く寝て、睡眠で元気を取り戻した状態で朝を迎えてはどうでしょう。やる気が出ないのであれば、「なぜ」に立ち返ってみてください。あなたはなぜ働いているのでしょうか?仕事に満足していないなら、支払うべき請求書があることを知り、第二の選択肢がない限り、今の仕事でプロフェッショナルな姿を見せるためにベストを尽くしましょう。スケジュールを忘れているのであれば、カレンダーに記録しておきましょう。通勤に時間を取られるなら、移動時間を計算に入れて、何かあった時に備えて数分余裕を見ておきます。万策尽きた場合でも、上司に遅刻することを伝えれば、プロとして振る舞うことができます。必ず謝りましょう。

 

2. 適切な服装をする

 

私たちは好きな服を着る自由がありますが、中には厳しいドレスコードを設けている会社もあります。そのような会社で働くのであれば、ルールを守らなければなりません。またオフィスでのカジュアルな服装が許されているかどうかも確認する必要があります。現在所属している職場の文化を尊重するということです。もし、どうしても我慢できない、あるいは別の服装をすべき理由があるのなら、経営者にきちんと訴えてください。またキャリアアップを望むのであれば、同僚やクライアントが仕事に向かう姿を期待するのと同じように、常に身だしなみを整えておく必要があります。

 

では、どうすればいいのでしょうか。服にアイロンをかける。大きすぎたり、きつすぎたりする服は着ない。自宅やビーチに行くときのようなスリッパを履かない。会社のガイドラインを理解し、自分が今いる会社の文化に関心を持つことです。

 

3. 敬語を使う

 

もし、あなたの職場で、お互いをファーストネームで呼び合っているのであれば、それに従いましょう。また目上の人への呼び方が決まっている場合や、その上司が特別に呼び方を希望している場合にも従いましょう。これは権威に対する敬意と呼ばれるもので、結局のところ、あなたはその仕事に応募してきた人なのです。職場で同僚と何気なく話していても、汚い言葉を使うのは控えましょう。私たちは友人を作りたいと思っていますが(もちろん、そう思っています)、それでも何を話すかについて境界線を置く必要があります。デリケートな話題はオープンにせず、自分に関係のない事柄について一線を越えておせっかいにならないように気をつけましょう。職場の友人とはいつでもプライベートで、あるいは職場の外で話すことができます。

 

また、あなたは同僚に注意を払う義務があります。会議中に誰かが話しているときは、耳を傾けましょう。誰かがあなたと会話しているときに、携帯電話を使用しないでください。誤解を招きかねないので、紛らわしい言葉を使わないことです。たとえ、相手の意見や考えに反対であっても、自分の考えを丁寧に伝えます。言葉だけでなく、声のトーンにも気を配りましょう。電子メールなどの文書通信も、記録された取引であるため、できる限りプロフェッショナルに伝える必要があります。

 

4. 自分のミスに責任を持つ

 

ミスをしたときに指をさすのはやめましょう。なぜなら、そうすることで、それを撤回したり、修正したりすることができるからです。そうすることで、同じようなことが二度と起こらないようにすることができます。謙虚になるには、他の人がしたことではなく、自分がしたことに集中することです。たとえあなたが間違いを犯したとしても、その責任を取り、それを正すために何をしたかを覚えているあなたを相手は褒めてくれるはずです。謝罪のたびに、自分が犯した過ちから学んだことを示しましょう。

 

5. 勤務時間中のソーシャルメディアの利用は控える

 

ソーシャルメディアのアカウントをチェックするのは、休憩時間になってからにしましょう。あなたは職場にいるのですから、やるべきことは仕事です。Facebook、Instagram、Twitterはあなたが今やらなければならないことの妨げになります。同僚や上司に、あなたには仕事に完全に集中する能力があることを示しましょう。何らかの形で、誰かがあなたがソーシャルメディアに夢中になっていることに気づき、上司に報告するかもしれません。あなたは注意深く、仕事に集中したいので、スタンディングデスクやアンダーデスクバイクを使ってはどうでしょうか。これらのアイテムや人間工学に基づいた家具は仕事中に集中を維持するのに役立ちます。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。