ストレスが溜まったら、すぐにリラックスできる方法

December 07, 2022

仕事では、複数のプロジェクトを同時に進行させることは珍しくありません。1つのことに集中しようと努力しても、マルチタスクから逃れられないことが多く、その結果、不安や圧倒された気持ちになります。その結果、心配でたまらなくなり、時間内にすべてを終わらせることができるかどうか疑わしくなります。あるいは、時折、私たちはそれをコントロールすることができません。したがって、私たちは、精彩を欠いたアウトプットをもたらすかもしれないエネルギーを発していない状態でタスクを実行することを余儀なくされるのです。たとえ急いでいても、心に悩みや不安を抱えていては、仕事ははかどりません。まずはそれをどうにかすること、少なくともある程度はコントロールしてから、目の前の仕事に戻ることです。

 

仕事の合間に、人生を変えるような休みを取ることもできます。仕事中もくつろぎ、モチベーションを維持することが可能なので、あなたは幸運と言えるでしょう。

 

燃え尽き症候群は防ぎたいものです。その結果モチベーションが下がってしまい、効率よく仕事をすることが億劫になってしまいます。非常にストレスの多い状況でも心を解き放つことができれば、チームプレーヤーとして、同僚として、仕事人として向上することができます。心に好ましくない考えがなくなると、生産性が格段に上がり、目の前の仕事を終わらせるためのインスピレーションが湧いてきます。その結果、仕事の満足度も上がり、終始楽観的でいられるでしょう。あなたの部下も、落ち着きがあり、誠実で、思いやりがあり、完璧なプロフェッショナルであるあなたと接することができるのです。

 

以下に、困難な一日の疲れを癒すためのテクニックをいくつか紹介します。

 

夢のような職場を作る

ストレスは机の上が散らかっていることでも起こります。デスク周りを整え、持ち物を整理する時間を設けましょう。必要なオフィス用品は、ファイルキャビネットやデスクオーガナイザーを使って整理しましょう。

 

ストレスが溜まっているときは、ワークスペースにインスピレーションを与えるような言葉や家族の写真、植物を置くと、リラックスできるかもしれません。

 

また、人間工学に基づいた家具を購入することで、リラックスでき、健康的で、生産的な職場環境を手に入れることができます。

 

リラックスできる音楽をかける

 

音楽がもたらすメリットは意外に多いものです。明るい音楽のプレイリストを作って、不安なときに聴いてみてください。仕事中はインストゥルメンタル音楽を聴いてリラックスしてください。明るい曲は気分を良くしてくれるでしょう。

 

集中力を高め、リラックスするためのお気に入りのプレイリストがまだない場合、ネット上でたくさんの選択肢を見つけることができます。音楽は、あなたの精神的なスペースにふさわしいものに関心を向けることで、あなたの視点を変えるのに役立つかもしれません。

 

筋肉をリラックスさせる

 

長時間座っていると、体が痛くなったり、筋肉に負担がかかったりすることは、誰もが知っていることです。定期的に自分自身の状態を確認し、仕事中に体がどのように感じているかに気を配りましょう。

 

背中と首をサポートするオフィスチェアなど、人間工学に基づいた家具を購入することが、主な解決策かつ長期的な解決策となります。高さ調節可能なスタンディングデスクを使って、座った状態から立った状態に移行することができます。スタンディングデスクコンバーターを使えば、姿勢の矯正に役立つかもしれません。

 

もちろん、ストレッチも忘れないようにしてください。仕事のストレスからくる身体の緊張を和らげてくれます。

 

食事に気を配る

 

仕事でプレッシャーを感じていると、ジャンクフードを食べたくなることがあります。でも、栄養価の高い食事をし、水をたくさん飲む方がずっといいのです。心穏やかな人間になりたければ、身体の健康が良好でなければなりません。ジャンクフードは魅力的で美味しいのですが、たいていの場合、体の調子は悪くなります。よく噛んで食べると、元気が出て、生産性が高まります。仕事中に生産的であれば、残りの時間をくつろぐことができます。

 

同僚と会話をする

 

休憩時間に、同僚と仕事とは関係ない話をしましょう。席を外している同僚とちょっとした会話をしてみましょう。ストレス解消だけでなく、仕事上のつながりも深まるでしょう。気軽でカジュアルなおしゃべりは、あなたの精神状態を全体的に向上させ、一日を少しのびのびとしたものにしてくれるでしょう。

 

きれいな空気を吸い込みましょう

 

ストレスが多いと、思考がネガティブになりがちです。無力感や圧倒されるような感覚を覚えるようになります。このような状況で必要なのは、できるだけトーンダウンし、冷静になることです。きれいな空気を何度も吸って頭をリフレッシュさせれば、家事にも集中できるはずです。在宅勤務をしている場合、決まった休憩時間を設けましょう。チャイムが鳴ったら外に出て、涼しい風を感じながら散歩をしましょう。目に見えるもの、耳に聞こえる音、鼻に抜ける匂いなど、「今、ここ」に意識を集中させます。顔に当たる太陽の光を感じながら、この瞬間を楽しんでください。景色を変えることで集中力を取り戻し、再び仕事を始めようと思ったときに、調子を取り戻すことができるのです。

 

休憩をとって瞑想する

 

1日3分の瞑想でも、物事の成り行きに大きな影響を与える可能性があります。特にストレスを感じている場合、時間の無駄と考えないでください。心が穏やかでないと、何も達成できません。落ち着いて、目を閉じ、ゆっくりと、しかし確実に、数回の深呼吸をしてください。朝一番に瞑想すれば、仕事のことが頭の中をグルグル回ることを避けることができ、それがそもそもの瞑想の目的でもあります。

 

快適な姿勢を見つけ、両手を膝の上に置き、目を閉じ、息を吸って吐きながら呼吸を数えましょう。これが瞑想をしたことがない人がやるべきことです。集中し、心を清らかにするとよいでしょう。

 

どんなことでもそうですが、慣れるまでに少し時間がかかりますので、これを毎日の日課にすると、より早く慣れることができます。慣れてくれば、より心地よく感じられるようになります。リラックスして、瞑想に身を任せましょう。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。