2022年、最高の仕事体験を実現する楽しいオフィスインテリアのアイデア

April 02, 2022

多くの雇用主が従業員の潜在能力を引き出すために利用しているのが、職場の模様替えです。

 

なぜなら、快適でリラックスできる環境で働くと、生産性が高まり、またそれは多くのブランドがレベルアップに努めるのは、そのためだと説明できます。

 

彼らは、オフィスのデザインに多くの投資をすることで、最終的に大きな利益を得られることを理解しているのです。

 

あなたは、刺激的で息をのむような環境の中で働くことが生産性を高めるという考えを持ったことがないかもしれません。そうですね。その事実だけでも、あなたの会社の成功に貢献するのです。

 

その中で、私たちは、あなたの空間をデザインするために、いくつかの楽しいオフィス装飾のアイデアを慎重に組み合わせています。これらのアイデアは、魔法のように働きます

 

あなたのビジネスの目的を目に見えるようにする


会社のビジョンやミッションを刻印したり、印刷したりして、みんなの目につくところに置いたら、どんなにワイルドで効果的だろうかと想像してみてください。

 

それはもう、あなたのビジネスを世界に投影しているようなものです。たとえ部外者が来て、壁にかかったそれを見たとしても、あなたのブランドが何を象徴しているのか、その人の心に永遠に刻み込まれるのです。

 

これは心理学の一種で、あなたはそれを利用することができます。

 

あなたがすべきことは、部屋の一番奥にいる人でもはっきりと見えるようにすることです。

 

地域の芸術コミュニティと連携する


自分自身や社員のために楽しいオフィスを作るのに、予算オーバーの支出をする必要はありません。

 

そこで、地元で最も評価の高いアーティストに声をかけ、あなたのブランドと共鳴するようなアート作品を制作してもらえないか相談してみることをおすすめします。

 

このアイデアは、御社のPRチームのコンテンツと組み合わせることで、顧客層を拡大するためのカスタムメイドの方法という付加価値を生み出します。

 

また、地元の人たちに帰属意識と個人的なアイデンティティを植え付けることができます。

 

ブランドカラーをブレンドする

 

ワークスペースを彩る素敵な色の組み合わせを探す際、ブランドカラーが常に優先されることを忘れてはいけません。

 

ブランドカラーは、ブランドとしての歩みを振り返り、どのような理念のもとに事業を展開し、今後どのようにその道を歩んでいくかを示すものです。

 

世界的なブランドの多くは、その重要性を理解しているからこそ、他のワークプレイスデザインにもブランドカラーを丁寧に刻み込んでいます。

 

例えば、Googleは赤、青、黄、緑の4色を常にワークプレイスデザインに取り入れています。なぜでしょう?

 

それは、ブランドカラーであり、彼らが行うことはすべてブランドカラーに容易に帰結するはずだからです。

 

あなたのワークプレイスとブランドを視覚的に調和させるために、ブランドカラーは決して忘れてはいけません。

 

巨大なアート作品を吊るす


オフィスや自宅が、アート作品によって美しく飾られているのを見たことがありますか?これはとてもシンプルですが、強力な装飾のアイデアです。

 

単色やカラフルなスタイルを採用することで、創造力を発揮することも可能です。これは、あなたの好みと、オフィスの家具やアイテムの色によります。

 

白を基調とした職場なら、単色のアートワークをおすすめします。

 

アートワークの中に、文字や絵のフレームを入れることもできます。それは、あなたの目にも、部屋に入る人にも、とても魅力的で楽しいことでしょう。

 

仕事中に美しい作品に目を向けるだけで、力が湧いてきます。元気が湧いてきます。

 

個性的な家具を置く

 

ほとんどの企業で、オフィスに家具を設置しています。しかし、最近の傾向として、人間工学が注目されています。

 

それでは、Flexispotが特別に作った最高のスタンディングデスクやストレスを軽減するエルゴノミクスオフィスチェアを簡単に取り入れることができるのに、なぜまだ普通の家具でオフィスをデザインするのでしょうか?

 

職場の美化に投資するのと同じくらい、自分自身にも投資する必要があります。Flexispotは、それを実現するために、あらゆる種類のストレス解消用家具を用意しています。

 

高さ調節可能なスタンディングデスクもあります。立つことは、人体にとって自然な姿勢なのです。

 

また、スタンディングデスクコンバーターやデスクバイク、固定高さのデスクやテーブルなども、あなたの職場に加えることができます。

 

アクセントチェアやゲーミングチェアなど、人間工学に基づいた快適なチェアを導入するのも良いアイデアです。このような家具を導入することで、会社の成功率に反映させることができます。

 

ラグで輪郭を描く

 

もし、あなたの職場がとても広い部屋で、中にたくさんのキュービクルがあるのなら、ラグで輪郭を描いたり、仕切ったりするのは、すばらしいインテリアのアイデアです。

 

このふわふわで気持ちいいラグがあれば、もうインテリアの合板で物理的な境界線を作る必要はありません。

 

さらに、部屋を仕切るストレスがなくなるだけでなく、風通しもよくなり、十分な広さを確保することができます。

 

ラグは多目的な役割を果たすので、オフィスが狭くても使うことができるのです。

 

また、ワーキングデスクの下にラグを敷けば、仕事中に足を置くのに便利です。

 

足を乗せすぎて筋肉痛になるのを防いでくれる効果もあります。

 

事務用品は色で分類する

 

オフィス用品をすべてパックごとに整理することで、オフィスや空間がより整然とコーディネートされたように見えます。

 

整理されていない、手入れされていないオフィスがクライアントに与えるイメージを想像してみてください。

 

彼らは彼の家を整理することができない誰かとのビジネス関係を確立したいと思わないのは明らかでしょう。

 

ペンはすべて容器ごとに分けて入れ、鉛筆や書類クリップも同じようにします。

 

ただし、ただ並べればいいというわけではありません。色で分類することで、スペースを確保し、より整理されたワークスペースを維持することができます。

 

また、色によっては、人間の数量的推理能力を高めることが科学的に証明されているものもあります。

 

青色は思考力に良い影響を与え、黄色は情緒を調和させ、より機敏で生産的な思考ができるようになると言われています。

 

上からの流れで、わが社のメッシュのデスクオーガナイザーもおすすめです。このアイテムにはいくつかのコンパートメントがあり、筆記用具や書類を丁寧に並べることができます。

 

鏡を設置する

 

鏡がオフィスのインテリアとしても楽しめるなんて、不思議だと思いますよね?

 

それにいくつかのミラーをあなたのオフィスに設置するとどれだけ素晴らしくなるかに、きっと驚くことでしょう。必要なのは、やってみることだけです。

 

鏡は、オフィスのどの部分でも簡単に変形させたり拡大させたりすることができます。

 

ランチを買いに行く時など、わざわざトイレに行かなくても、自分がどれだけ格好いいか確認することができます。

 

こうした利点以外にも、ワークスペースをよりプロフェッショナルに見せることができます。

 

ルームディバイダーで部屋を仕切る

 

モバイルホワイトボードや内装合板、ガラスパーティションで広い部屋を仕切るという段階から、ワークライフは一般的にステップアップしています。

 

今、トレンドになっているのは、社員と社員の間に壁や仕切りがないオープンエアーの状態です。

 

雇用主としては、この方法を採用することで、休憩時間に他の人のスペースに入って話をすることができ、従業員同士のコミュニケーションと結束を高めることができます。

 

また、従業員の生産性を高めることにもつながります。このように、社員が一体感をもって働ける環境であれば、誰だって働きたいと思うはずです。

 

職場の雰囲気を確認する


どのようなデザインにするか決める前に、職場の特徴や特殊性を考慮する必要があります。

 

より見やすく、より喜ばれる装飾にするためには、それらの特徴に基づいて、あなたの装飾を調整する必要があります。

 

例えば、オフィスの休憩室に必要な装飾と、ミーティングルームやスタッフルームに施す装飾は異なります。

 

よりプロフェッショナルでフォーマルな雰囲気を出したいのであれば、モダンな家具やアートワークが理想的でしょう。

 

一方、オフィスの休憩室には、よりリラックスできるインテリアが必要です。

 

そうすることで、社員は気分転換し、笑い、リラックスし、絆を深め、次の仕事を前にした休息時間にうまく関係を築くことができます。

 

アクセントウォールを使う


オフィスをほどよくアーティスティックに演出するために、オフィスの壁の一面をクールな色でペイントすることをお勧めします。

 

先ほど紹介した巨大なアート作品やアーティストとのコラボレーションの引き立て役となります。

 

ただし、あくまでシンプルに、ほどほどにというのがポイントです。やりすごないことです!

 

チームメンバーが職場をカスタマイズできるようにする

 

雇用主としては、自分の好みの内装を従業員に押し付けて制限する必要はありません。

 

スタイルや好みは様々であることを忘れてはいけません。

 

例えば、社員Aはシンプルなインテリアが好きで、社員Bは好きなバスケットボール選手のインテリアにしか目がない、というように。

 

社員が思い思いのスタイルで働くことができるように、十分なスペースを確保してあげましょう。

 

自然光を最大限に活用する


楽しいオフィスインテリアのアイデアの中で、この点は職場そのものと同じくらい重要なポイントです。どんな風に?

 

たとえ最高のアート作品や快適な人工工学に基づいたチェアやアクセントチェアで飾られたスペースであっても、適切なオフィス照明を実現しない限り、完成したとは言えません。

 

適切なオフィス照明は、オフィスの各アイテムを輝かせます。つまり、すべてのアイテムやオフィス家具を調和させる方法があるのです。

 

それゆえ、自然光がオフィスに入りやすいように、窓まわりをすっきりさせておくことをおすすめします。ここでは、窓のブラインドを使う必要はありません。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。