コロナウイルスの大流行時の外向的な人

April 27, 2021

外向的な人とはダイナミックかつペースの速い職場で働くことを好みます。内向的な人とは異なり、外向的な人は人がたくさんいる場で活躍します。彼らは新しいアイデア、新しい経験、そして新しい人々を好みます。外向的な人は常に新しいことを発見し、そこから学ぶことに飢えています。彼らは素晴らしいコミュニケーターであり、非の打ちどころのない親しみやすさは話しかけやすい環境を作ります。これらの自然的性質は外向的な人の高い評価につながります。

 

彼らのエネルギーは周りの人々、彼らが注目するもの、そして新しいアイデアからくるものです。外向的な人は自分たちが慣れている範囲から外に出るのが大好きです。慣れている範囲にとどまる傾向がある内向的な人とは異なり、外向的な人は何か新しいことに挑戦するスリルが大好きなのです。

 

彼らは従来型職場で活躍します。オフィスにいる人々が放出するエネルギーは外向的な人の生産的を上げます。適切なモチベーションがあれば、外向的な人は期待を上回る活躍をすることができます。

 

世界的なコロナウイルスの大流行がやってきた時、外向的な人は大きな影響を受けました。在宅勤務のアイデアに喜んだ内向的の人とは異なり、外向的な人は彼らの生命の源から切り離されたのです。家で一人で働くという考え方は外向的な人にとっての最悪の悪夢なのです。

 

ウイルスを封じ込め、隔離するために、世界中でロックダウンが実施されました。そのため、世界中の外向的な人はダイナミックな職場をあきらめることを余儀なくされています。

 

アレックス・ハンフリー氏

 

「それは悪夢のようでした!ウイルスに感染することへの恐れとは別に、在宅勤務というアイデアは私を本当に心配させました。私は一人暮らしなので、アパートの中にずっといるというイメージが私を心配にさせたのです。私は仕事をすることができると思います。しかし私は自分自身を知っており、ずっと長い間家にいることに我慢できないのです。」

 

「ロックダウンのニュースが発表された時、私はパーティーの後で友達と一緒に家に帰っているところでした。その時の友達の顔の表情は今でも覚えています。思い出すだけで今でも笑ってしまいます。私たちはみんな心配しています。それから私の友人の一人が私たちみんなで一緒に住むことを提案しました。」

 

「ロックダウンに対する準備をするのに2日間かかりました。私たちは迅速に行動し、物を集めました。そしてプールとバスケットコートのある4ベッドルームの家に引っ越しました。月曜日、私たちの上司が電話をした時、彼は私たち全員が一緒にいることを知って驚きました。」

 

「私の友達と私は外向的な性格です。一人ではうまくいきません。私たちはお互いを必要とし、お互いの背中を押し合い、それぞれが関わり合ってうまくいくのです。この戦いの中で、私たちだけではないという考えが常に必要です。私たちはこのようにしています。誰が私たちを責めることをできますか? 一緒に一生懸命働き、一緒に全力でパーティーをするのです。」

 

「私たちの上司はオフィス備品を異なる場所に送る必要がなくなったので、喜んでいました。彼は重要なファイルを保存しているオフィスのパソコンと机の引き出しを送ってくれました。彼はまたFlexispotと呼ばれる会社から電動昇降スタンディングデスク E7 Proとオフィスチェア OC5Gを送ってくれました。」

 

「オフィスから離れた場所でオフィスに変えたその1階のエリアでは、大きな窓の前にスタンディングデスクを設置し、働きながら海を一望できるようになりました。」

 

「それは完璧なセットアップでした。スタンディングデスクは素晴らしいものでした。座ったまま仕事でき、立ち仕事の時間になると、ボタンを押すだけでテーブルが立ち机に変わります。人間工学に基づいた椅子も素晴らしいものでした。何時間も働いた後、いつものような腰痛を経験したことは一度もありませんでした。それはまさに奇跡のようでした。」

 

「ロックダウンは4か月間続きました。しかし、私たちはお互い一緒にいたので、生き残ることができたのです。」

 

エドワード・スミス氏

 

「ロックダウンが発表された時、私はスペインへの出張中でした。オフィスから電話があり、いますぐに家に帰らなければなければヨーロッパから出られなくなると言われました。次のフライトを予約し、家に帰りました。オフィスの家具や備品が従業員に送付された後のオフィスに直行しました。それはまるで映画のようでした。パニックにならないように頑張ったのですが、その日の午後のオフィスの様子はもう投げだしたくなるような雰囲気でした。まるで戦争が宣言され、全員避難しているような感じでした。

 

「オフィスのコーナーは自分の物を集めている人で騒がしくなっていました。私に送付する必要がないように、彼らには私の車にすべてを持って行くように伝えました。パソコンから机のファイル置きまですべてを詰め込みました。私は2つ家を持っており、1つは都市部に、もう1つは北の山の方にあります。私は人から離れるために山の方の家に車で行くことにしました。私は人と一緒にいるのが大好きなので、それは苦渋の選択でした。私は忙しい環境が大好きなのです。私は自分の周りでなされている様々な活動の音を聞くのが大好きなのです。私は人々からエネルギーを得ています。山に一人でいるという考えは私はまるで病気になったような気分になりました。

 

「最初の夜は大変でした。眠れませんでした。私が一人でいるという事実は悲鳴を上げたくなる程でした。そのため私は仕事をすることにして、朝に終わりました。背中が痛くなり、ベッドまで這わなければなりませんでした。アシスタントに電話したところ、彼女は来られないとのことでしたが、午後には何か送ってくれると言ってくれました。」

 

「私はそれをほとんど忘れかけていましたが、午後遅くに、荷物が到着しました。それはオフィスチェアOC5Gでした。私は彼女に電話して、なぜ彼女が私に椅子を送ったのかと尋ねました。彼女はそれを使ってみるとわかるでしょうと言いました。私はその夜にその椅子を使い、そしてそれは私の仕事人生を大きく変えてくれました。それは私が今まで使った中で最も快適な椅子でした。腰痛は発生しませんでした。肩こりもありません。それは最高の経験でした。

 

「ロックダウンが解除された時、私はすべての従業員約500人のためにオフィスチェアOC5Gを注文しました。また全員に電動昇降スタンディングデスク E7 Proを注文しました。人間工学に基づいたオフィス家具と備品のメリットは一生懸命働くことによる肉体的苦痛からの解放効果がその費用をはるかに上回ります。」

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。