子供に関する人間工学で知っておくべきこと

October 27, 2022

姿勢の悪さや人間工学の乏しさがもたらす結果についての認識が高まるにつれて、ほとんどの雇用主は、従業員の身体的および心理的な健康が損なわれないように職場を改善しています。そのため、ほとんどの社会人は人間工学関連の問題を解決できています。しかし、子供はどうでしょうか。人間工学に問題があると子供に悪影響があるのではないかと考えたことはありますか?

 

この疑問に対する答えは、人間工学の不備は大人よりも子供の方がはるかに大きなリスクをもたらすということです。少なくとも大人は結果がどうなるかを知っていて、科学を理解していて、適切な予防措置を取ることができるが、それは子供には当てはまらないことがあります。

 

今日の子供たちは、様々なテクノロジーに囲まれています。昔は宿題の課題が出ると教科書を参考にしていましたが、今日では、Googleですべて解決できます。何時間もテレビゲームをしていた今までとは違い、今日では、子供たちはスマートデバイスで高解像度のグラフィカルゲームをプレイしています。暇つぶしとしてビデオゲーム機でマリオをプレイして遊んでいましたが、今日では、子供たちはコンピューター、プレイステーション、Xboxでインタラクティブ性の高いゲームをプレイしています。画面の前に座ることが深刻な原因ではありません。むしろそれよりも、大きくて有害な原因は、子供たちが長時間ゲームをしたり、学校の仕事でコンピューターを使用したりして座っている姿勢が悪いことです。

 

人間工学が乏しいことで子供に与える影響

 

驚くべきことに、背中や肩の痛みを訴える子どもたちが増えています。コンピューターの画面の前に長時間座っている姿勢が悪いことが原因です。背中や肩の痛みは今になって現れ始めた結果ではありますが、長期的に見れば、今日の子供の姿勢を矯正しなければ、長期的には筋骨格系の損傷 (MSD) につながるおそれがあります。

 

子供が間違った姿勢で座っていると、筋肉や骨、特に腰の部分に過度のストレスや圧力がかかっています。時間が経つにつれ、筋骨格系の損傷につながり、子供にとって非常に苦痛になる可能性があります。もちろんあなたにとっても苦痛になります。

 

筋骨格系の損傷だけが、人間工学の乏しさが子供に影響を与えている原因ではありません。姿勢は人間工学の多くの側面の1つにすぎません。子供が利用する自習室では、画面(コンピューター、ラップトップ、スマートデバイス)を見すぎたり、明るさが足りなかったりすると、目に大きな負担がかかり、視力が衰えることがあります。子供の目が耐えられないほどの負担にさらされている最初のサインの1つとしては、頭痛を訴え始めることです。

 

今日この問題に取り組まなければ、将来子供が苦しむことになります。それは無視できません。

 

人間工学に乏しい環境に子供がさらされている理由

 

自分はオフィスで劣悪な人間工学ににさらされていると思うかもしれませんが、よく見てみると、子どもは更に劣悪な人間工学にさらされていて、その結果に苦しむリスクが高いことに気づくはずです。

 

悪い姿勢でコンピューターの前に座っていることが、彼らにどのような影響を及ぼしているかは、すでにご存じのとおりです。しかし、子供が劣悪な人間工学にさらされるのはそれだけではありません。学校でさえ、子供にとっての人間工学の重要性を考えていません。すべての子どもたちに同じ机と椅子が用意されているのです。学校は、子どもたちの体格がそれぞれ違うという事実を考慮していません。座るのにもっと大きな椅子が必要な子供もいるし、教室の机の高さに対して背が高すぎたり低すぎると感じる子供もいます。学校、そして家庭で、子供がどのようなリスクにさらされているか想像してみてください。つまり子供は一日中、人間工学的に劣悪な環境の中で生活しているようなものなのです

 

これが、今すぐ踏み込んで、お子さんの身体の健康を損なわない環境を提供する必要がある大きな理由の一つです。


保護者への人間工学に関するヒント

 

少なくとも家庭で人間工学に基づいた環境を確保する方法について知りたいと思うかもしれません。しかし、それほど難しいことではありません。ここでは、子供のために人間工学に基づいた環境を設計し、悪い姿勢や人間工学の不備による影響を子供が受けないようにするためのヒントをいくつかご紹介しましょう。

 

適切なサイズのチェアを購入する

 

現実に目を向けましょう。特に、宿題や課題でインターネットが必要な場合、コンピューターの使用を減らすことはできません。そこで、あなたができることは、子供にとってちょうどよい大きさの椅子を用意することです。あなたが使っている椅子は子供にとって大きすぎるでしょうし、キーボードに届くために前のめりにならざるを得ないでしょう。まさに私たちが忌み嫌っていることです。高さを調節できる機能や、柔軟で快適な背もたれがある椅子を選びましょう。ここでは、人間工学に基づいた子供用の学習椅子S05が良さそうです。また、座面が大きすぎないかどうかも確認しましょう。椅子がちょうどいい大きさだと、パソコンを使っている間、子どもは椅子に腰を下ろすことができるようになります。前かがみになることもありません。

 

フットレストを調節する

 

子供は背中をまっすぐにして椅子に座り、足は椅子の前の床に平らに置きます。それ以外の姿勢で座っている場合は、正しい座り方に直す必要があります。足が宙に浮いている場合は、フットレストを用意して、そこに足を乗せるようにしてください。膝は腰と一直線になるようにします。そうしないと、膝の裏が痛くなったり、血管が圧迫されて血流が悪くなったりします。

 

アームレストが調節可能なチェアを購入する

 

子供の肘は、身体に対して直角になるようにします。椅子の肘掛けは、必ずしも肘を正しく置くのに理想的な高さとは限りません。子供の肘をしっかりと支えるために、肘掛けが調節できる椅子を購入し、子供に合わせて調節しましょう。子供が2人以上いる家庭なら、なおさら購入すべきです。子供の姿勢を崩すことなく使える椅子を1脚購入しましょう。

 

移動可能なキーボードトレイが備わっているコンピューターテーブルを購入する

 

キーボードが子供の手の届かないところにあり、キーボードを使うために、椅子の端に座らなければならないことがあります。これは、座る姿勢として望ましくないです。そこで、キーボードトレイが可動式のパソコンテーブルを購入しましょう。トレイを引き出せば、キーボードに手が届きます。これなら、体を伸ばしたり、姿勢を変えたりしなくても、快適にキーボードを使うことができます。

 

勉強用テーブルの高さが適切であることを確認する

 

勉強用テーブルの高さが低すぎると、子供は本の上に覆いかぶさるように大きく体を曲げなければなりません。逆に机の高さが高すぎると、子どもは背中を伸ばし、首を上げた姿勢を維持しなければいけません。どちらも正しい座り方とは言えません。自分仕様の学習机を作るか、高さを調節できる学習机を購入しましょう。

 

子供に休憩を挟むようにする

 

楽しいことをしていると、ついつい時間を忘れてしまいます。子供も同じです。2時間ぶっ続けでパソコンを使っても、子どもは気づかないものです。休憩を挟むようにしましょう。また、長時間同じ姿勢で座っているのもよくありません。パソコンを使っていても、勉強用テーブルで宿題をしていても、休憩をとって歩き回ったり、少し体を伸ばしたりすることはとても大切です。

 

パソコン部屋、勉強部屋で十分な照明を確保する

 

パソコン部屋や勉強部屋の照明が弱いと、目に過度の負担がかかります。パソコン部屋や子供の勉強部屋など、一番長い時間を過ごす場所では、照明に気を配りましょう。薄暗すぎず、明るすぎず、十分な明るさを確保しましょう。薄暗い照明も明るすぎる照明も、どちらも目に負担がかかり、同様にお子さんにもよくありません。

 

子どもは子どもで、人間工学的に最適な環境を整えてあげることが大切です。今すぐには無理かもしれませんが、一度やってみると意外と簡単なことに気づくはずです。今日からのちょっとした努力が、子供のためになりますよ。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。