夜勤者のための人間工学

July 01, 2022

米国では、正社員の15%が夜間に働いており、疲労のリスクが高まることが知られています。これは交代勤務障害につながる可能性があり、企業はミスや事故のリスクの増加に直面する可能性があります。睡眠不足や日光不足、人との交流不足に陥った労働者は気分屋になりやすく、病気休暇を取りやすく、ミスをしやすく、一緒に仕事をするのが難しくなることさえあります。

 

企業にとって、従業員が健康で幸せに働けるよう、何らかの対策を講じることが急務となる可能性があります。そこで、人間工学が重要な役割を果たすことになります。人間工学は身体の体形を考慮し、労働者が正しい姿勢で仕事ができるようにするものです。これにより、体の痛みや手首の痛みなどの不満を軽減することができます。

 

夜勤者が直面する問題

 

それでは、調査結果から見えてきた、夜勤者が直面しがちな問題について詳しく見ていきましょう。ここでは、夜勤勤務のリスクについてご紹介します。

 

事故増加

 

労働災害の多くは夜勤帯に発生します。

 トラック単独事故は夜勤中に発生することが多いです。

 トラック事故の40%は疲労が原因です。

 製造工場では、夜勤時に最大50%の事故リスクが増加します。

 職場での死亡事故は夜勤者の方が多くなっています。

 

ミス 

20年にわたる研究で、ガス会社の検針ミスが夜勤時に増加することが明らかになっています。

チェルノブイリ原発事故はスケジュールと夜勤の問題で発生したヒューマンエラーが原因でした。

夜勤の交代制勤務の看護師において、報告されるミスが2倍になりました。

延長勤務が減ると、夜勤時の注意力不足が軽減されました。

 

生産性の低下

 

夜勤による睡眠不足で、労働者の生産性が著しく低下しています。

電話のオペレーターは、夜勤の間、電話をつなぐスピードが遅くなることが分かっています。

繊維工場では、夜勤の間、紡績糸の速度が大幅に低下します。

これらのことからわかるのは、夜勤は人体に負担をかけ、労働者が生産的、安全、効率的に仕事をする能力が奪われる可能性があるということです。このため、企業は夜勤者のために人間工学に基づいた行動を実践することが不可欠なのです。

 

夜勤者のための人間工学的アドバイス

 

夜勤はそれだけでかなり疲れる仕事ですが、長時間デスクワークで過ごすと仕事になってしまうことがあります。日照時間が短く、睡眠不足が続くと、座りっぱなしの生活となり、健康や身体に大きな影響を及ぼします。

 

人間工学はワークステーションの小さな変化でも生産性や健康に影響を与えることができるので、大きな助けとなるはずです。ワークステーションは従業員を疲れさせるものではありませんが、乱雑なデスク、悪い照明、座り心地の悪い椅子などは、それを引き起こしかねません。夜勤の従業員にとっては、少しの調整と変更がこの問題に取り組む上で非常に有益なのです。

 

照明が適切かどうかを確認する

 

オフィスでの仕事は、照明が気分や体調に大きな影響を与えます。薄暗い照明やきつい照明の下では、ストレス、疲労、眼精疲労の原因となり、これらは夜勤者に大きな影響を及ぼしています。夜勤者は太陽の光をあまり浴びないことが多いので、オフィスでの適切な照明の確保は非常に重要です。

 

太陽の光はエネルギーや睡眠、セロトニンの生成に影響を与える概日リズムや体内時計の維持に役立ちます。夜勤の人はそれを奪われるので、目に負担をかけずにきちんと見える照明をオフィスに取り入れてみてください。デスクランプは明るさを重視したものを選びましょう。

 

照明の位置も重要なので、光源を必要な場所に移動できるようなフレキシブルなデスクランプが必要です。また、仕事中にモニターがまぶしくならないような光にしましょう。

 

最適なデスクの高さを確保する


夜勤者にとって、高さ調節が可能なデスクを選ぶことは非常に重要です。日中勤務の社員と机を並べることも多いので、高さ調節機能は必須です。ウィロースタンディングデスクでは、デスクの高さを最適な位置に調整することができます。

 

このデスクを使えば、腕は地面と平行に、足は座ったときにデスクの下に楽に収まり、足は地面に平らにした状態でキーボードを打つことができます。

 

また、座っている状態と立っている状態を頻繁に切り替えることも、ワーカーにとって有益なことです。長時間座っていると、背骨の損傷、血圧、がん、肥満、糖尿病などの健康問題のリスクが高まることが研究者により明らかにされています。1時間に15分立つだけで、1日の運動量を大幅に増やすことができ、より健康的な生活を送ることができます。ただし、立ち続けることに体が慣れるまで、時間をかけて行ってください。

 

人間工学のチェアを導入しよう

 

夜勤者のオフィス家具として、ワークステーションに次いで重要なのがチェアです!人間工学に基づいたチェアは長時間座って仕事をする人には欠かせません。長時間座りっぱなしで仕事をすることが多い人にとって、人間工学に基づいたオフィスチェアを導入することが重要です。

 

ここでは、オフィスデスクに求められる機能について紹介します。

 

ランバーサポート:背もたれが背骨のカーブをサポートし、自然な腰のカーブに沿うように座ることができます。

 

シートの奥行き:身体にフィットする人間工学に基づいたチェアは腰がチェアのランバーサポートに当たるように座ることができます。また、座面と膝の間に5センチ程度の余裕を持たせています。

 

椅子の高さ:足が地面につくような高さが必要です。それでも足りない場合、フットレストを用意しましょう。

 

アームレスト:手首の痛みを防ぐため、アームレストが重要です。キーボードやマウスを使うときでも、肩がこらず、腕が地面と平行になるようにする必要があります。

 

リクライニングオプション:背骨をサポートするために、135度程度にリクライニングできるものがよいでしょう。

 

素材:チェアの背もたれにはメッシュ素材を使用し、仕事中も涼しく過ごせるよう配慮されています。そして長い間持続することができるように耐久性も備えているべきです。

 

これらすべての面で調整可能なチェアほど、一晩中快適な座り心地を維持できる可能性が高くなります。FlexiSpotの人間工学のチェアはこのような快適さを提供するために特別に設計されています。

 

モニターを上手に配置する

 

モニターの位置はあなたの仕事にも大きく影響します。それが適切に配置されていない場合、肩の問題、不適切な姿勢、眼精疲労、首の痛みなどを引き起こす可能性があります。

 

ここでは、モニターがどのように置かれるべきかを説明します。

 

画面は顔から50〜100センチ離してください。遠すぎると、前傾姿勢になり、結果的に背中が支えられなくなります。また、近すぎると目を傷めてしまいます。目を酷使する代わりに、文字が小さければ拡大してみましょう。

 

画面の上部は、目の高さより下か、目の高さになるようにします。高すぎると、首や頭、背中に負担がかかります。下向きの角度も60度以下であることが望ましいです。

 

モニターは光源に対して垂直にし、まぶしさで目が疲れないようにしてください。

 

モニターを長時間使用し、頭痛、ドライアイ、眼精疲労が起こる場合、メガネの反射防止面を入手してください。仕事中は目を休めることも大切です。

 

夜勤者は日勤者とは異なる問題が発生する傾向があります。夜勤者は日勤者とは異なる問題が発生しやすいので、企業は従業員が安全で健康的な環境で働けるようにする必要があります。上記の夜勤者のための人間工学的なヒントを参考に、従業員にとってより働きやすい環境を整えていきましょう。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。