エルゴノミクス(人間工学)とエスセティクス(美学)どちらが大事?

August 19, 2022

オフィスのデザインに関していうと、ワークスペースをより魅力的に見せるという美学が不可欠な役割を果たします。結局のところ、美的に心地よい空間で働くことと生産性の間には相関関係があるようです。ではエルゴノミクスはどうでしょう。職場やシステムを利用する人に合わせて、より快適で生産的に働くことができるように、職場や制度を設計したり整えたりすることをさします。エルゴノミクスも大事なのでしょうか。エスセティクスと同じくらい大事なのでしょうか。どちらがより大事なのでしょうか。

 

両方を詳しく見て、職場でのそれぞれの関連性を理解し、より重要だと思う答えを見つけましょう。

 

エルゴノミクス(人間工学)とは

 

定義上、エルゴノミクスとは、職場やシステムを、それを使う人に合うように設計したり、配置したりするプロセスのことです。エルゴノミクスの意味の背景には、ユーザーの生産性を向上させ、最終的にはビジネスの収益を向上させるために、作業スペースをより快適にするという大きな考えが潜んでいます。

 

一般的にエルゴノミクスというと、オフィス家具など、従業員が働きやすい職場環境を目指す要素だと捉えています。しかし、エルゴノミクスは、人間の限界や能力についてさらに多くのことを学び、その学んだことを製品やシステム、さらには作業環境を含むより大きな環境との人間の相互作用の改善に適用することを目的とした、より広い分野のことをさしています。

 

したがって、エルゴノミクスは職場、家庭、および自由な環境を含む設計のあらゆる側面に広く適用できます。結局のところ、エルゴノミクスの主な目的は、けがや損害のリスクを減らすために作業スペースと環境を改善することです。

 

エルゴノミクスは、技術が進化するにつれて、人間の体がシステムやプロセスと効果的に相互作用し、身体の自然なデザインを損なわないようにする必要性が常にあるため、常に成長している分野です。例えば、デスクトップコンピュータからノートパソコンへの移行は、人間工学を変化させる必要性を高め、人体の自然な配置を損なうことなく、人体がノートパソコンとより良く相互作用できるように起こったものです。

 

エスセティクス(美学)とは

 

デザインに欠かせないもう1つの側面は、製品の見た目と感触を良くするという考え方です。主に、設計に関連する製品やシステムの満足できる品質を定義しています。製品やシステムの第一印象は視覚的なものであるため、美的感覚は非常に重要です。色、パターン、テクスチャ、形状、バランス、スケール、視覚的な重みなどの要素が含まれています。

 

一般的な常識とは異なり、エスセティクスは私たちが目にするものだけではありません。むしろ、人間が視覚に頼ったときに美しく見えるものと関係しています。本質的にエスセティクスとは美を定義する特定の要素に対応する全てのものをさしています。文化的な体験から生まれるものもあれば、生理学や光と影の利用に基づくものもあり、主にデザイナーがデザインの使いやすさや人々の魅力を補うために利用しています。

 

エルゴノミクスが大事な理由

 

エルゴノミクスの定義を考えると、それは職場やより多くの人々にとって重要な役割を果たす必要不可欠な分野だといえます。

 

ワークスペースおよび組織では、エルゴノミクスは、作業環境を従業員にとってより快適にすることに直接関連する時間節約術として機能しています。その結果、従業員は快適に仕事をしているときのような生産性の向上を経験することができます。集中力を高め、労働時間を短縮できます。

 

さらに、疲労とそれに伴う欠勤を減少させる労働災害のリスクも減少し、これは従業員の生産性の向上にもプラスに働きます。

 

したがって、エルゴノミクスは職場において不可欠な役割を果たしています。人間の能力と限界をワークスペースの設計面に統合することによって、安全かつ快適で生産的なワークスペースを作成することを目的としています。

 

しかし、エルゴノミクスの重要性は職場以外にもあります。エルゴノミクスは、さらに多くの人々にとって同様に重要な検討すべき分野であると考えています。アメリカの高齢者人口は、2020年の16.9%から2050年には21.4%に増加すると予想されています。人口構成の変化に伴い、高齢化社会のニーズの変化に対応するために、既存の機器、サービス、システムの設計を見直す必要があります。これは、エルゴノミクスが職場の内外で生活を便利にするために不可欠な役割を果たしていることを示しています。

 

エスセティクスが大事な理由

 

エスセティクス(美学)の定義を見ると、それは芸術の研究に関連したデザインの要素であり、本質的には美と芸術とそれに含まれるものの研究のことを意味します。美とは何か、どんな物体や空間の視覚的魅力を高めるために美の側面をどのように利用できるかといった答えを掘り下げているためエスセティクスは不可欠です。

 

したがって、エスセティクスは職場のデザインだけでなく、生活のあらゆる構造やシステムのデザインにおいても重要な役割を果たしています。職場環境では、時間管理ツールとして機能しています。従業員が美的に魅力的なワークスペースで作業すると、集中力が高まります。さらに、感情的なレベルだと、美的かつ魅力的なワークスペースで仕事をすることで、幸福や平穏な感情が増し、周囲とのつながりが深まります。したがって、エスセティクスは生産性の向上に不可欠な役割を果たし、組織の収益の向上につながります。

 

同様に、美しさはワークスペース以外でも重要な役割を果たしています。自宅でも、レジャーで訪れる人でも、それが美的なものであれば、満足感と幸福感を高め、さらに充実した体験を楽しむことができるでしょう。そのため、美的に満足することであなたの幸せと人生全体の満足度を向上します。

 

エルゴノミクスとエスセティクス:どちらがより大事なのか


エルゴノミクスとエスセティクスの両方が職場環境では重要です。どちらも、従業員にとってより便利な職場環境を作るためのさまざまな側面に焦点を当てているため、間接的な時間管理手法として機能します。

 

エルゴノミクスは、ツールやシステムとのやり取りをより快適にすることで、作業体験を向上させることに重点を置いています。たとえば、人間工学に基づいて設計されたオフィスチェアや、スタンディングデスクなどの人間工学に基づいて設計された家具は、従業員の作業環境をより快適なものにします。従業員が仕事の配置に慣れてくると、集中力が高まり、組織の生産性と成果が向上します。

 

同様に、エスセティクスは、従業員がワークスペースをより快適に見えるようにすることに焦点を当てており、従業員が視覚的に快適な環境で作業する場合にのみ、さらに良い成果を生み出すことができます。

 

エルゴノミクスとエスセティクスの両方が同様の役割を果たしていることを考えると、重要な問題はどちらがより重要かということです。

 

答えは両方です。

 

エルゴノミクスとエスセティクスはどちらも、ワークスペースの整備やそれ以上に不可欠です。従業員は、人や製品、システムとの関わりが便利な快適な環境で働くことが重要です。さらに、従業員が期待以上の成果を生み出すためには、視覚的に快適な環境で働くことも同様に重要です。しかし、重要なのは、職場環境で両方のバランスを取ることです。

 

人間工学に基づいたワークステーションを設定

 

長年にわたって、ワークステーションは、書き込みやメモを取るために使用される場所から、PCやノートパソコンに対応した場所へと進化してきました。ただし、テクノロジーの変化や従業員のニーズの変化に伴い、従来のデスクが常に最も便利なワークスペースの解決策であるとは限りません。高さを調整できるスタンディングデスクは、従来のワークステーションに代わるものとして人気が高まっています。なぜなら座っているときと立っているときの位置を自由に切り替えることができるためです。

 

さらに、作業中の快適性を最大限に高めるために、画面の適切な配置と傾度を選択し、人間工学に基づいたオフィスチェアを使用することが必要です。

 

ワークスペースの装飾

 

美しさはワークスペースの設定に不可欠な要素であるため、作業に集中できる環境を作ることが重要です。照明、壁の色、床の色、およびワークスペースジェルで一緒に飾るために使用するアクセサリを確認し、美的に組み合わせます。

オフィス家具におけるエスセティクスとエルゴノミクスのバランス
人間工学に基づいた美しいワークスペースを作るには、オフィス家具を選ぶことは難しいです。ただし、作業を容易にするために、オフィス家具の外観と人間工学の両方のバランスを取ることが重要です。

 

Flexispotの製品では、人間工学に基づいて設計されたオフィス家具を使用して、従業員の快適さを最大限に高め、視覚的に魅力的で機能的なワークスペースを作成できます。人間工学に基づいたオフィスチェアから、スタンディングデスク、高さ調整可能なスタンディングデスクまで、Flexispotは、究極の作業体験を提供するように設計されたオフィス家具とアクセサリを提供し、ワークスペースに魅力を加えます。

 

高さ調整可能なスタンディングデスク、人間工学に基づいたオフィスチェア、およびその他のワークスペース関連アクセサリについては、Webサイトをご覧ください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。