狭いスペースにおける設計のヒント

October 28, 2020

Netflixの「大きなアメリカの小さな家」を見ていると、小型の家に引っ越すことの効率の良さがわかります。「大きいほど良い」という考えは通常の大きさの家を購入する傾向ににあるという課題に直面しています。

最新の流行を追うことは特に住宅所有者の月収が大きな家を維持するのに十分でない場合、コストがかかる可能性があります。大きさ自体はこの記事によれば、全体的な満足度を高めるのに十分ではありません。さらに、大きな家に住むことに起因する満足感は一瞬です。大きな家は住宅所有者を満足させますが、大きな家が近所に新たに建ち続ける限り、それは長くは続かないのです。

大きな家を持つことはステータスシンボルであるため、自分の願望に合った家を望むことは一般的なことです。このように記事では住宅購入により多額のお金を使うことは人々がより多額の住宅ローン負い、収入を得るために長時間働き、より長い時間通勤することを意味すると述べています。

より大きな家はより多くのエネルギーを消費するため、環境コストもかかります。環境誌によると二酸化炭素排出量が少なく、世界の限りある資源が少なくなってきていることを懸念している場合、石油、石炭、天然ガス、水の消費を減らすことにつながる小さな家を選ぶことが良いとされています。

小さな家の台頭

「タイニーライフ」は小さな家へ引越しをするという傾向はテレワークが進む中でも、社会的な動きになったと言っています。より多くの人々が住むスペースを縮小し、簡素化し、より少ない物で生活を送ることを選択しています。小さな家に関するブログはまたこの行動はより少ないということはより哲学的であり、また小さな家のライフスタイルを伴う自由があると述べました。ミニマリストからの教えを借りると、小さな家は過剰をなくすことを意味します。

小さな家とはどれくらいの大きさでしょうか?

「タイニーハウス」によれば、あなたは自分の家の大きさを選ぶ自由があると言っています。経験則やウェブサイトによれば、小さな家とは通常約60400平方フィートの範囲です。さらに多くの小さな家が200平方フィートくらいなので、それくらいが標準的な小さな家のようです。標準的な大学の寮の部屋もこの大きさくらいです。

この家に合うセットアップをすぐに開始すると衝撃的に感じるかもしれません。ここでは計画が重要となってきます。適切なインテリアデザインを行えば、あまり犠牲にすることなくスペースを最大限に活用できるからです。あなたは自分の家の限られたスペースをフル活用するためにより良いものを選び、購入することを学ぶでしょう。

設計上のヒント

狭いスペースの設計は困難ですが、満足するものになる可能性があります。正しく行われれば、あなたはより多くを節約し、基本的かつベストなものだけで生きることができるスペースを持つことができます。この流れに乗ることを決めた場合に試す価値のあるアイデアは次のとおりです。

キャビネットスペースを工夫してみてください。より多くの収納が欲しいですか?これが最善のアイデアです!キャビネットの中に引き戸を置き、カウンタートップを片付けます。 そこにあなたの料理の必需品、ワイン、カトラリーを置くことができます!その他のヒントとしてはゴミ箱や電化製品をキャビネット内に隠して、部屋をすっきりさせます。

ロフトを作ってスペースを増やしてみましょう。あなたの小さな家の天井は高いですか?ロフトを作ってそのスペースを活用しましょう。ロフトがあると、キッチン、リビングルーム、バスルームを分割するのに役立ちます。

ダイニングエリアをカスタマイズしてみましょう。ダイニングエリアとイートインキッチンの両方を設置することができるのに、なぜどちらかを選択してしまうのですか?エレガントなダイニング体験のために、家具でシンプルなヌックを持ち上げ、アクセントをつけてみてください。

多機能ベッドとソファを設置してみてください。マーフィーベッドはずっと前からありますが、ベッドとソファのスペースを融合することで同じ効率性をもたらします。簡単にベッドに変えられるソファを購入し、健康を維持するとともに、スペースを節約することもできます。

引き出し式トレイを試してみてください。ワークステーション用に使うスペースがない場合、キッチンまたは部屋に引き出し式トレイを設置することを検討してください。在宅勤務を行う時はこのようにして必要な時にスライドさせ、仕事が終わったら収納することができます。

あなたの家に永続的な瞬間を創造しましょう

すべてを考慮し、行った後、あなたはより小さい家に住みたいかどうかを決めることができます。小さな家に住むことは長所と短所があります。しかしそれがあなたのライフスタイルに合っているなら、あなたは是非ともそれを試してみる価値があります。

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、contact@flexispot.jpまでメールでご連絡ください。