これらのデザインのヒントで究極のコンフォートルームを作成

February 15, 2022

あなたの家を快適で個性的に見せることができれば、私たちは毎日仕事後に家に帰りたくなるでしょう。私たちが安心を感じ、機会があればいつでも更に良くしたいと思う家についてはどう思いますか?

 

人々は「家」という言葉を文明の黎明期以来の快適な生活環境、装飾的なタッチ、完璧な気候条件との融合に関連付けています。こういった設計のヒントは家をより快適にしようとする場合でも、生活空間をまったく新しいものに変えようとする場合でも、完璧な快適な部屋を作るのに役立ちます。

 

戦略的に背の高い植木鉢を配置する

 

天井の高い部屋にボリュームのある植物や背の高い植物を置くと、何もない角のスペース、隙間、または垂直方向のスペースを埋めるのに役立ちます。家に持ち込んだ植物が育つために十分な光が確保されていることを確認してください。枯れた植物は快適な部屋や部屋の居心地を向上させるものではありません。!また自然な緑の色調は人々をリラックスさせます!

 

ぐらつきスツールを購入する

 

新しいコンフォートルームにはみんなで楽しめるFlexiSpotのアクティブバランススツールを置いてみてください。高さを調整して最大71.4センチまで上げることができるため、ソファに沈むことなく立ったまま休むことができます。クッションシートが厚く、とても快適です。厚手のスポンジは弾力性に優れているので、耐久性に優れています。ベースカバーとドライブパイプを覆う新しいポリプロピレン素材で作られているので、ぐらぐらするのがとても楽しくなります。

 

居心地の良いシープスキンラグを置く

 

シープスキンラグは家の中で快適さ、優雅さ、そして無制限の適応性を提供するファッショナブルなものです。快適な部屋の家具の下にソフトランディングとして使用したり、デスクチェアやソファの上に置いてリラックスしたり、部屋の他のカーペットの上に置いたりして、足元に心地よい質感を加えることができます。シープスキンはどんな家具、装飾、デザインともマッチするので、決して時代遅れになることはありません。

 

照明を調整する

 

家の中で最も重要な設計要素として良い照明があります。適切に配置された照明は空間の雰囲気を確立させるだけでなく、暖かく居心地の良い環境を作り出すこともできます。 ただし、簡単に外せない場合があるので、注意が必要です。

 

雰囲気を出すためのキャンドル、読書などのためのフロアランプやシャンデリア、ファッショナブルで刺激的な輝きのための燭台など、様々な高さの照明を重ねることは1つのアプローチと言えます。均等に配光するには部屋のサイズに関係なく、部屋に少なくとも2つの光源があることを確認してください。

 

椅子にはモノを置き過ぎないでください!

 

ただ素敵なソファを置く以上にリラックスできる部屋を作るように努力してください。本を置いたり、熱い一杯のコーヒーでくつろいだりできる、アームチェア用のスペースを作りましょう。快適さと機能性を提供し、スタイルに貢献し、スペースのデザインのバランスをとるのに役立つ可能性があるため、理想的な寝室のシッティングソリューションと言えます。それは家でくつろぐためのあなたの場所なので、快適な部屋をリラックスタイムのための使えるあなただけの究極の隠れ家にしてください。

 

ラグの積み重ね

 

ラグを重ねて快適さとデザイン性を高めるのは空間を良くするための最適な方法です。奥行き、弾力性のある質感、足のクッション性をもたらすことで、部屋にしっかりとした土台を作るため、快適な家にとって重要なデザイン機能です。

 

これは子ども部屋、寝室、および騒音を減らしたい家の他の部屋に特に役立つ提案です。部屋のしっかりとした土台として天然繊維の敷物を使用し、ふわふわのシープスキンまたは柔らかい牛革を上に置いて、仕上げを行います。

 

パターンポップを活用する

 

パターンはスタイルを作りたい場合、家のどの部屋にも視覚的要素とパーソナライズされた美学を生み出すことができるので、素晴らしい方法です。それはまた素晴らしい居心地の良さも作り出します。例えば、バッファローチェックドレープは空間に居心地の良い雰囲気を作り出すことができるデザインです。

 

家の色や模様があまり気に入らない場合、プリントクッション、カラフルなウォールアート、必要に応じて変更できるエキセントリックなデザイン製品などの鮮やかなアクセサリーを置いてください。これにより、大きなことを行くことなく、パターンを簡単に変更できるのです。

 

様々な素材を使用する

 

柔らかいタペストリー、豪華なクッション天然繊維とバスケットなど、粗い天然木材と滑らかな革のコントラストが印象的になります。快適な家のデザインには様々な質感が必要です。

 

家のあらゆる場所で五感を刺激することができるので、様々なことを試してみてください。革張りの座席とスリップカバー付きのソファを組み合わせたり、マントルピースの上の鏡に美しいシャンデリアを掛けたり、リネンの枕が付いた木のヘッドボードを選んでバランスを取ることなどを検討してください。様々な家具とアクセントの組み合わせを試して、自分に最適なものを決めてください。

 

豪華なユニット式家具を選択してください

 

特に子どもがいる場合、快適なリビングエリアに深い座席を用意する必要があります。家族とくつろいだり、友達と映画のパーティーを開いたり、昼寝をしたりするのにリラックスできる環境を作ります。より広いスペースにはユニット式家具をお勧めしますが、ソファが好きかユニット式家具が好きかはあなた次第です。

 

どちらを選択するかに関係なく、パターンのついたクッションを追加し、さらにパディングを追加します。快適な部屋で上手くマッチするかどうかは心配しないでください。利用できる先は他にもたくさんあり、同じように魅力的で快適なスタイルを簡単に見つけることができます。

 

壁にツートンカラーのペイントスキームを使う


大きな部屋で天井から数インチ離れた場所にペイントすると、スペースが居心地が良く小さく見える場合があります。天井に数インチだけ塗ると、スペースがはるかに大きく感じられるのと同じことです。

 

または温かみのある色調のアクセントウォールを使用し、居心地の良い雰囲気を作りましょう。暖炉の後ろの壁の薄暗い深紅色は部屋の暖かさを高めます。

 

コーヒーテーブルを特大のオットマンに変える

 

柔らかくビロードのようなオットマンはリビングエリアに居心地のよさと暖かさを加えるのに最適な方法です。足を乗せるのに最適で、トレイを取り付けると、コーヒーテーブルとしても使用できます。ストレージ付きのオットマンもあります。

 

木製のコーヒーテーブルは快適な部屋にある美しいボタンタフテッドの長方形のオットマンと同じレベルの暖かさと質感を与えてはくれません。温かみのある色のオットマンを選ぶと、2つの方法でエリアが明るくなります。

 

コンソールテーブルを使用して場所を分ける

 

コンソールテーブルは様々な方法で使用できる家具です。オープンコンセプトのコンフォートルームの様々な場所を分割するための便利な仕切りとして機能する場合もあれば、壁やソファに立てかけて個別の座る場所を仕切るためとして機能する場合もあります。

 

ベーシックな木製のコンソールテーブルはシッティングエリアを周囲のオープンスペースから分離しながら、収納機能を提供します。家具を壁から遠ざけることで、より親密なシッティングスペースを作ることができます。

 

自然光を取り入れる

 

快適な部屋がどれほど魅力的であるかということに関して言えば、そこに入る自然光の量が関係しています。暗い部屋は魅力的ではなく、スペースが小さくて悲しいように見えるかもしれません。快適な部屋は窮屈に見えるものではありません。自然光が入るように窓をできるだけ開いたままにします。リビングエリアはシームレスな引き戸と天窓でたくさんの光を取り入れるようにします。

 

2人だけのプライベートスペースを作る

 

部屋に多くの訪問者が入らないように見える場合、居心地の良いようにするため、親密な座席構成を考えてください。訪問者は集まった場合でも小さなグループに分かれることを好みます!

 

いくつかのスローブランケットを置く

 

スローブランケットはどんな部屋にも色、質感、暖かさを提供します。ブランケットを手元に用意しておくと、訪問者は安心できます。寒い時に暖かいブランケットを手元に置くのが嫌いな人はいますか?これらのブランケットは2つの目標を達成します。訪問者に安心感を与えながら色のスプラッシュを与えます。この厚くて心地よいブランケットはデザインに色彩は追加しませんが、質感を提供します。

 

本棚と本は心地よい空間を作ります

 

本は特に読んでいなくてもほとんどすべての人に癒しの効果をもたらします。本棚は壁に大きなスペースを占めるため、壁から家具を引き離してリビングエリアに組み込むことが良いでしょう。

 

これらのデザインのヒントはあなたの家に究極な快適空間を作るのに役立ちます!

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。