快適で機能的な仕事場のデザイン: 5つの新進気鋭のトレンド

December 30, 2021

現在のオフィスデザインのトレンドは、美しさを追求したデザインから、実用性を兼ね備えた新しい魅力的なデザインに変化しています。現在のデザインの多くは、変化する要件に対応し、協調性、注意力、効率性を高めることで、生産性と従業員の従事を高めることを目的としています。この記事では、快適で機能的な仕事場のデザインの5つのトレンドと、いくつかのタイプのフレキシブルな仕事場について説明します。

 

フレキシブルで未来志向

 

仕事場のデザインの第一のトレンドは、柔軟で未来を見据えたデザインです。通常のオフィススペースは、無期限で使用することを前提に作られています。しかし、今日のビジネスにおいては、もはやこのようなパラダイムは通用しません。モジュール化され、調整可能な仕事場が有効な選択肢となるのです。今日の仕事場のデザインのトレンドは現在と将来のための適応性です。フレキシブルな仕事場は個人、プロジェクト、企業の変化する要求に簡単に対応することができます。10年前にはなかった重要な役割が多く、雇用主は将来的に必要とされる仕事の役割を予測するのに苦労している、変化の激しい環境には最適な答えといえます。

 

フレキシブルなスペースと適応性の高い家具を使用すれば、最新のテクノロジーを簡単に取り入れることができます。その結果、ワークステーションへの投資を長持ちさせることができます。モジュール式はZ世代やミレニアル世代の従業員の社交的でチームワークを重視する仕事場文化にもマッチしています。例えば、様々な組み合わせが可能なモバイル家具は、よりダイナミックで参加型の環境を可能にします。それは、衰えを見せない革新的なトレンドです。

 

ブレンドとアクティビティ志向

 

2つ目の仕事場のデザインのトレンドはアクティビティベースの仕事場をブレンドすることです。

 

社会的、協調的な場面では、新しい世代が活躍する場となります。とはいえ、プライバシーや気配りは必要です。そのためには、様々なエリアで構成されたオープンフロアが有効です。2つ目の仕事場のデザインのトレンドはミックスユーススペ ースというコンセプトに基づいています。オープン、プライベート、セミプライベートのすべての仕事場を融合させたオフィスです。これによって、それぞれの種類のエリアの長所を最大限に活かすことができます。

 

ブレンドスペースはアクティビティベースデザインとも 呼ばれ、多くの場合、フレキシブルで調整可能なスペースで す。ブレンドされたオフィスではワークスタイルや職務が分かれ、定義されています。共有スペース、会議室、屋外の小会議室、そしてインフォーマルなシッティンググループはほとんどの現代的なオフィスで見られます。

 

エリア分けされた空間の形態としては、以下のようなものが一般的です:

 

多目的な仕事場

 

多目的な仕事場はシンプルな交流を可能にします。会議室、密談エリア、プロジェ クトルーム、ワークステーションに割り当てられた席などはこ れらの場所の一例です。円形のワークステーションや共同テーブルを備えた個人用ワーク プレイスも適しています。小型のものが人気を集めています。密談ルームの人気は、通常の会議室を凌ぐ勢いです。統計によると、現在75%の会議室が4人以下の人数で構成されています。また、部屋と部屋をつなげて使用するオープンタイプも増えており、より大きな施設が必要になってきています。

 

ラウンジ

 

リラックスした雰囲気の中で、自発的な協力が生まれるような、心地よい空間です。ラウンジは現代の仕事場の社交場であり、プロジェクトグループや部門を超えた心のこもったディスカッションの場として認知されています。

 

顧客ラウンジ

 

よりリラックスしてお客様と接することができるよう、ラウンジスタイルの施設を提供している企業もあります。

 

パーソナルワークスペースの縮小


モビリティの向上、テクノロジーの小型化、密談エリアの隆盛により、個人のワークプレイスは縮小しています。個人のワークプレイスは2001年の一人当たり300平方フィートから2012年には225平方フィートまで減少しています。さらに縮小すると1人あたり100平方フィートまで縮小すると予測されています。

 

プライバシーポッド

 

オープンな仕事場の中に、集中できる落ち着いた空間を提供する個室です。周囲の騒音や通行人の邪魔をしないよう、戦略的に配置されることが多いです。

 

コラボレーションを重視した仕事場が賑わう中、アクティビティを重視した仕事場のデザインの一環として、企業は静かな空間を設けています。これらの空間はカジュアルなおしゃべりを避け、気が散ることなく集中したいとの願いを反映しています。

 

コラボレーション拠点

 

今日の従業員の3分の2は、他者と共同作業を行うことで生産性が高まると感じています。企業はコラボレーションゾーンに適切な音響、家具、テクノロジーを装備することで、従事と生産性を向上させることができます。

 

配置

 

仕事場のデザインの面では、もはやヒエラルキーは決定的な特徴ではありません。スペース配分は職位に代わって機能が重要視されています。先進的な企業はこの考え方を発展させ、社員を大きなゾーンに分割しています。これは「個人のスペース」ではなく、「私たちのスペース」と考えるように説得し、その結果、特別な仕事環境に帰属しているという感覚を持たせるという考え方です。デザイナーは、照明や家具、色彩などを工夫して、各エリアに独自の美的特性を持たせることを勧めています。

 

エリアの色分け

 

企業では、仕事場内の機能ゾーンを色で識別・配置し、色の力を利用して喜びや生産性、創造性を向上させる動きが広がっています。

 

健康のためのデザイン

 

私たちの環境が健康に影響を及ぼしていることは、疑う余地もありません。多くの企業にとって、健康増進のためのデザインは重要な優先事項となっています。複数の研究によると、長時間の座り仕事は深刻な健康リスクであり、仕事中の長時間の座り仕事は新たな喫煙程の健康リスクがあると考えられています。一方、自然光やその他の自然環境は、健康や生産性を促進する可能性があります。

 

その解決策のひとつが、一日を通して移動しやすい環境を整えることです。仕事場にスタンディングデスクがあれば、身体的・精神的な健康を増進することができます。スタンディングデスクは、首、背中、肩の問題を軽減し、健康全般の増進に役立ちます。また、ストレスレベルを下げ、生産性を向上させることも実証されています。

 

階段、トイレ、ラウンジは仕事場から離れた場所に配置し、活動を促進させる必要があります。駐車場の一番奥に駐車するのと同じ考え方です。

 

健康促進運動には、そのサブカテゴリーとしてバイオフィリックデザインが含まれます。自然素材、光、植生、眺望を建築デザインに取り入れる。その好例が、人気の高い植物の壁です。騙されないでください。これは単なるファッションの流行ではありません。バイオフィリックデザインは、生産性と創造性を高めることが分かっています。快適で機能的な仕事場デザインのトレンドであり、企業のパフォーマンスに大きな影響を与える可能性を秘めているのです。

 

従業員代表

 

優秀な人材の確保と維持は、どの企業にとっても大きな課題です。特にミレニアル世代は、自分たちのライフスタイルに合った仕事場を求めています。特にミレニアル世代は、自分のライフスタイルに合った仕事場を求めており、刺激的で楽しく、快適な職場環境を求めています。また、庶民的な場所やおいしい食事も人気です。さらに屋外での休憩場所、トレーニングルーム、レジャーの機会もリストアップされています。モダンな家具や最先端の技術も、応募者の判断に影響を与えるかもしれません。これらの要素が組み合わされると、企業が従業員の健康を気遣っていることが感じられるようになるのです。多くの人材にとって、仕事場デザインのトレンドはキャリア選択を左右することになるかもしれません。

 

テクノロジーの統合

 

仕事でテクノロジーが使われていないわけではありません。現在の傾向として、デジタルベースの企業プロセスやテクノロジーで仕事場をデザインすることが多くなっています。テクノロジーに付随するケーブルの多さは、大きな悩みです。あるデザイナーによると、お客様の大きな悩みは、PCや会議室からコードや雑多なものを取り除くことだそうです。

 

また企業では、より簡単に資料を共有する方法が求められています。手間をかけずに会議に参加するためのデバイスに振り回されないコラボレーションは大きな問題です。社員は身の回りにテクノロジーを取り入れることで、早く仕事に取りかかることができるかもしれません。

 

オフィスデザインにおいて、会議のために多くの時間を浪費することは、大きな課題です。具体的には、会議の準備に費やす時間です。ビデオ会議の商業的利点は、適切な統合によってのみ 実現されます。

 

機器をいじることなく、セットアップを行うことが重要です。家具、ワークステーション、ラウンジ、密談スペ ースなどをデザインする際には接続性とセットアップを考慮しな ければなりません。

 

仕事場で人気のあるテクノロジーの統合には、以下のようなものがあります:


データおよび電源の内蔵

 

充電器一体型

 

インタラクティブディスプレイ

 

多関節型モニターアーム

 

簡単に接続できるテクノロジー・タッチポイント

 

卓上型タッチスクリーン

 

ワイヤレスストリーミングドングル

 

結論

 

新しい仕事場を考えるとき、その場所全体の生産性と効率に貢献する多くの小さな要因を考慮しなければなりません。快適で機能的な仕事場デザインを選ぶことで、従業員の仕事の経験を向上させることができ、大いに利益を得ることができます。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。