シットスタンドワークステーションは、集中力と生産性を向上させるか?

October 09, 2022

私たちが生きている現代は、昔とは全く違う時代です。人々は健康やフィットネスに対して以前よりはるかに高い意識を持つようになりました。また、フィットネスに役立つ様々な製品が登場しています。数年前を振り返ると、このようなオプションはありませんでした。今日、あなたが望むものはすべて簡単に手に入るので、あなたの健康に関して言い訳をすることはできません。

 

人間工学に対する意識も高まり、オフィスビル、自宅のオフィス、教室など、誰もが職場環境の改善に努めています。

 

このように人間工学が注目されるようになった背景には、年齢や性別に関係なく、筋骨格系障害(MSD)のリスクが等しく存在し、その原因は、長時間、誤った姿勢で座り続けることにあるとされているためです。

 

このリスクと戦うために、シットスタンドワークステーションの使用は増加傾向にあります。雇用主が人間工学に基づいたワークステーションを従業員に提供するだけでなく、教育機関でも学生のためにシットスタンドワークステーションを導入することが検討されています。

 

シットスタンドワークステーションは、学生が快適に授業を受けられるようにするために必要なものなのかもしれません。間違った姿勢で座ることによる腰痛のリスクを最小限に抑え、講義に集中することができます。これらは、学生にとってシットスタンドワークステーションの利点の一部であり、私たちが言うだけでなく、専門家も同意しています。

 

シットスタンドワークステーションがどのように学生の授業への集中力を高め、成果を上げるのに役立つかを知りたいのであれば、このブログはうってつけの記事です。このブログでは、そのすべてをご紹介します。

 

シットスタンドワークステーションとは?

 

シットスタンドワークステーションは、その名前からもわかるように、座りっぱなしのライフスタイルから身を守るために、座ることと立つことを交互に繰り返すことができるワークステーションです。毎日数時間座り続けることが健康に悪影響を及ぼすように、立っていることでも同じことが言えます。しかし、シットスタンドワークステーションを使えば、座りながら、あるいは立ちながら交互に仕事をすることができるので、一つの姿勢で長時間過ごす必要はありません。

 

通常のワークステーションとは異なる、人間工学の世界でも重要な製品であるシットスタンドワークステーションの注目すべき機能をいくつか挙げてみました。

 

調整機能

 

ワークステーションには、万能のソリューションというものはありません。身長や体格は一人ひとり異なります。教室にいる生徒の身長は同じではありませんから、全員が同じ高さのワークステーションで快適に仕事ができると期待できますか?これが、シットスタンドデスクが通常のデスクと異なる最初の特徴です。このデスクは、使う人の身長に合わせて高さを調節することができます。背の高い人は、自分の身長に合わせて机の高さを高くすることができます。また、背の低い人は、自分の好みに合わせて机の高さを低くすることができます。

 

シット&スタンド機能

 

一日中立ち仕事を続けていると、脚が疲れます。動けなくなることもあるでしょう。座っているより立っている方がいいとはいえ、長時間立ち続けるのも体によくありません。シットスタンドワークステーションの良いところは、座っているときは普通のデスクとして使え、立ち上がるときはスタンディングデスクになるところです。座っているときと立っているときを交互に繰り返すことで、1日の終わりに腰や足が痛くならないようにすることができます。

 

人間工学

 

シット・スタンド・ワークステーションは、人間工学的に最も優れた製品です。このワークステーションを使用すれば、クラスのすべての生徒が快適に過ごせるようになります。それだけでなく、全員が正しい姿勢で座ったり立ったりしていることを確認することもできます。

 

正しい姿勢で勉強していれば、MSDのリスクは自然に軽減されます。さらに、生徒が快適であれば、講義に集中することができます。集中力が高まれば、生産性も高まります。これについては、また後ほど詳しくご紹介します。また、人間工学的な観点からも、通常のデスクとは一線を画しています。

 

教室での集中力と生産性を高めるシットスタンんどワークステーションとは?

 

前述したように、教室でのシットスタンドワークステーションは、生徒の集中力と生産性を向上させることができます。問題はその方法であり、私たちはそれに答えることができます。スタンディングデスク(E7)をはじめとするシットスタンドワークステーションは、教室の雰囲気を大きく変えることができるのです。スタンディングデスクがどのように生徒の集中力を高めるのか、見てみましょう。

 

スタンディングで脳を活性化

 

立って仕事をすると、どうして脳が活性化するのか不思議に思うかもしれません。そうですね。

 

立って仕事をしているとき、下肢の筋肉はバランスを保つために常に収縮と弛緩を繰り返しています。両足の間で常に体重を移動させながら、カロリーを消費しているのです。身体はこの活動を一種の運動として認識します。エネルギー消費は運動と同じで、精神的な効果も同じです。これは、脳にエネルギーを与えることになります(たとえそれが短時間であっても)。脳が活性化されれば、集中力も自動的に高まります。

 

立って仕事や勉強をすることで脳が活性化するもう一つの方法は、座っているときには活性化しない脳の部分を活性化させることです。脳が活性化すると、問題解決や集中の中枢も活性化され、集中力や記憶力の向上に役立ちます。

 

そわそわすることで集中力が高まる

 

試験会場で試験を受けている自分を想像してみてください。試験問題を解くことに全神経を集中させながらも、周囲の状況には気を配っているはずです。試験官が移動していることも知っています。同じ列の誰かが助けを求めると、試験監督がその人のところへ行くのもわかります。試験に集中しているときに、どうやって周囲の状況を把握するのでしょうか?

 

実は、誰もが一つのことに100%集中しているわけではありません。脳の残りの部分が主要なタスク(この場合は試験をすること)に集中している間、周囲とつながる浮動性注意が常に存在します。

 

浮遊性注意があなたの集中をそらすと、授業で先生が教えていることに完全に集中することができなくなります。しかし、教室でシットスタンドワークステーションを使用すれば、この問題は解決すると考えてください。

 

先ほども述べたように、立っているときは体のバランスを保つために、筋肉が絶えず働いています。片方の足からもう片方の足へ体重を移動させるのです。このようにそわそわすることで、主要なタスクに集中することができます。浮遊性注意をそわそわする動作に振り向けることで、残りの集中力を講義に向けることができるのです。

 

ほんのわずかな動きでも、ドーパミンやノルエピネフリンの分泌を促進します。つまり、わずかな運動でも脳の活動を高めることができるのですが、そわそわすることはまさにそれなのです。脳の活動が高まれば、集中力が高まり、生産性も向上します。

 

人間工学の改善で、身体の健康を促進する

 

快適であれば、仕事や授業でより良いパフォーマンスを発揮できるのでしょうか?

 

もちろん、そうでしょう。

 

もし、不快感や痛みがあれば、その不快感や痛みに意識が集中し、本来の仕事に集中することができなくなります。しかし、シットスタンドワークステーションの場合、体の不快感という要素はほとんどありません。デスクトップが体に対してちょうど良い高さにあり、快適に立つことができます。通常の椅子に数時間座っていても、腰や首、肩に痛みや違和感を感じることはありません。

 

このように、シットスタンドワークステーションは、教室での集中力と生産性を向上させることができるのです。

 

エネルギーレベルとスタミナの向上

 

8時間もの長い休息をとったのに、起床後に眠くなった経験はありませんか?朝まで寝ていると、せっかく休んだのに一日中頭が重く、ダルい感じがしますよね。

 

長時間座っているのも同じです。何時間も同じ姿勢で座り続け、その間に休憩をとって体を動かすこともしないと、ただ椅子に座っていただけなのに、エネルギーレベルが下がってしまうのです。運動不足は、体を鈍らせ、体力にも影響します。しかし、立っているとき、あるいは座っているときと立っているときを交互に繰り返すことで、体を確実に温め、活動的にすることができるのです。活動的であればあるほど、生産性は高くなります。

 

教室に設置するシットスタンドワークステーションは、生徒たちに長期にわたって良い影響を与えることができます。これらの人間工学に基づいたワークステーションは、生徒がMSDを発症するリスクを回避し、子どもたちに快適さを提供することができるようになります。これらのワークステーションは、生徒を活動的にし、教室での集中力を高めることができます。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。