週末を生産的にしましょう

July 05, 2021

ようやく週末を迎えました! しかし、休日の2日間は思ったよりも早く過ぎてしまい、気づけば月曜の朝を迎えていて、やることが山積みになっていたということがあります。

週末は多くの人にとって、くつろいだり、大切な人と過ごしたり、仕事を休んだりするための休息日です。前の週を乗り切ったご褒美のようなものですが、同時に次の週の計画を立てる良い機会でもあります。週末を最大限活用することで、週明けの仕事をより効率的に進めることができるのです。

一方で、週末は多くの人にとって憂鬱なものです。翌日には職場に戻り、慣れ親しんだ職場の風景や音の中に戻らなければならないという考えが、楽しいはずの1日に影を落としています。しかし、適切な方法をとれば、週末は復活の日となり、バッテリーを充電して、良い1週間を過ごすための準備ができるのです。

週末に何らかの活動をしてバランスを整え、月曜日の朝には完全な状態で仕事に復帰することができます。


目覚めについて
睡眠時間を確保するために、週末に朝寝坊するのは魅力的ですね。しかし短期的には気持ちがいいかもしれませんが、起床時間が予測できないと、睡眠サイクルが乱れてしまいます。スッキリとした目覚めを得るためには、体は複雑な睡眠段階を経る必要があるのです。

目覚まし時計が鳴る少し前に目が覚める人が多いのは、この段階の一つとして、頭を覚醒させるための未知覚のトレーニングが行われているからです。週末に通常の起床時間を超えて寝てしまうと、体がだるくなり、疲れを感じます。脳がいつもの時間にベッドから飛び出す準備ができていないため、休日の過ごし方が乱れ、月曜日の効率が悪くなります。睡眠時間を確保する必要がある場合は、早めに就寝するとよいでしょう。


エクササイズについて
定期的な運動は、健康にも、脳にも、気分にも良いと言われています。週に5日運動している人は、体力回復のために週末の1日、あるいは2日を休むのも意味があるかもしれません。しかし、多くの人がそうであるように、月曜から金曜まで思うように運動ができないのであれば、週末の時間を使って補うのが良いでしょう。運動は気分転換になるからです。

理想的な世界では、自然の中で少しでも多くの時間を過ごすべきです。犬を連れて、あるいはひとりで散歩したり、自転車に乗ったり、庭仕事に精を出すことは、すべて自分への癒しになります。大切なのは、自分が楽しむことです。


朝の時間について
「ミータイム」とは、自分のための時間です。自分のやりたいことを、他の煩わしいことを忘れて、自分のために使う時間です。家族がいる場合は、週末に自分の時間を確保するのは難しいかもしれません。しかし、朝一番に自分の好きなことができれば、幸福感や精神的な満足という見返りがあるはずです。

週末に他人を満足させたり、きれいな家、完璧な料理、教育的な娯楽などで過ごすのは簡単なことでしょうか。そんなことはありません。あなたには社会的責任や家庭における責任があり、大切な人たちを十分にお世話をして、幸せにしなければなりません。しかし、自分自身を大切にし、健康を維持することも必要です。ですから可能な限り、自分が好きなことをするための数時間を確保してください。


家事について
家事というのは不思議なことに、週末を丸ごと飲み込んでしまいます。そうなると、リラックスしたり、ぼんやりする機会を失ってしまいます。さらに、多くの家事は仕事のように感じられ、週末ずっとしていると、週7日仕事をしたことになるのです。このような仕事を楽しんでいる人はほとんどいませんが、週末に家事をしておけば、1週間の間に家事が押し寄せてくることもなく、ストレスも軽減されます。一週間の中で、他のことと同じように家事を整理し、限られた時間内に終わらなかった場合は、次の週末にまわせばよいのです。


食事計画について
一週間分の食事を用意しておけば時間を大幅に節約できるだけでなく、ピザを注文してソファに倒れ込みたくなるような慌ただしい日でも、健康的な食事をすることができます。予め食事を用意しておけば、モチベーションが低下してもデリバリーの誘惑に負けずに済むのです。早くて、栄養があって、簡単に作れる。さらに、ダイエット計画を着実に実行することができます。


価値のある時間について
週末に疲れを癒すためには、家族との価値あるの時間を大切にすることです。平日はストレスを抱えながら1週間が過ぎてしまうこともあります。しかし、それが週末に影響しないようにしてください。大切な人たちと一緒に何か楽しいことをして、その不足分を補いましょう。コーヒーを飲みながらクロスワードクイズに取り組むだけでもいいのです。


趣味について
週末に趣味を持つと、驚くようなことが起こるかもしれません。自分の趣味に没頭することは、ストレスを解消し、新しいアイデアを見出す最適な方法です。音楽を聴いたり、文章を書いたり、絵を描いたり、本を読んだり、あるいは子供とキャッチボールをすることで、多様な認知能力を呼び覚ますことができ、それが翌週に大きな利益をもたらします。


翌週の業務計画について
週末に一番気にしたくないのは、来週の仕事のことです。しかし、月曜日になってからやらなければならないことを急いで整理しなくて済むようにしたほうが、ずっとスムーズに進みます。週末に少し時間をとって、来週の業務リストを書き出し、新しいタスクを思いついたら更新するようにしましょう。週末の時間を無駄にしないためにも、職場を離れる前の金曜日にこの作業を行うとよいでしょう。日曜日の夜も、前週の金曜日の続きを月曜日に思い出さずにスタートできるので、とても有効です。


まとめ
週末は、日頃できないことをするために静かで楽しい時間を過ごしたいものです。生産性を高め、平日のストレスを軽減するために、これらの方法を試してみてはいかがでしょうか。日曜日の夜には、翌週の準備が整っていることを実感し、月曜日に気持ちよく仕事に取り組むことができるでしょう。