スタンディングデスクの構造

December 27, 2021

スタンディングデスクは、ワークスペースのアイテムやアクセサリーを考える上で、大きなイノベーションとなるものです。多くの人が、座るだけの静的なワークスペースから、調節可能なスタンディングデスクに移行しています。スタンディングデスクには、調整可能という明らかな特徴のほかに、ワークスペースを可能な限り人間工学的に改善するための追加オプションが付属しています。

 

スタンディングデスクの仕組み

 

スタンディングデスクにはどんな機能があるのかを見ていく前に、、実際にどのような仕組みになっているのかを見てみて、そもそもなぜその機能があるのかを理解してみましょう。スタンディングデスクとは、ワークスペースをできるだけ快適にするためのものです。その名の通り、立ちながら仕事をすることができます。スタンディングデスクの中には、立つことだけを目的に作られたものもありますが、市販されているスタンディングデスクのほとんどは調節可能なので、座りながらでも立ちながらでも、自分の好みに合わせて使用することができます。スタンディングデスクが生産性の向上や健康増進に有効であることは、多くの研究により証明されています。これは、座っている状態から立っている状態に移行する際に、血流が良くなるためです。

 

なぜスタンディングデスク選ぶのか?

 

平均的なアメリカ人は、1日のうち約13時間を座って過ごしています。特にデスクワークの場合、家とオフィスでの時間を合わせて、私たちは多くの時間を座って過ごしているのです。

 

デスクに何時間も座っていることは、特に生活をしなければならない以上、避けられないことですが、健康を害する可能性があります。座っている時間が長すぎると、パフォーマンスが低下し、不快感を与えて生産性が低下する可能性がありますが、怪我などの深刻な問題を引き起こすこともあります。

 

オフィスワーカーは、座っている時間が長いため、頭痛、眼精疲労、首や腰の痛み、背中や肩の張りを訴えることがよくあります。

 

定期的に休憩を取り、運動習慣をつけることは問題を悪化させないために良いことですが、デスクから離れられる時間は限られています。仕事を終わらせなければなりませんし、食事やテレビを見るなどの日常的な作業も、座って行う必要があります。

 

そのため、座っている時間が長いことによる健康への懸念を最小限にするためには、仕事場の人間工学を改善することが一番です。調節可能なデスクは、複雑な変更を伴わないため導入が簡単であり、ワークスペースを改善するために多くのことを行うことができます。人間工学に基づいたワークスペースは、快適性を提供し、かつ生産性を向上させることができます。そのため、デスクに長時間座っていなければならない人は、調節可能なスタンドアップデスクに投資することをお勧めします。

 

スタンディングデスクのメリット

 

スタンディングデスクには、体重増加のリスクを軽減するなどの健康面をはじめ、さまざまなメリットがあります。長時間座っていると脂肪が蓄積され、消費カロリーが減るのですが、スタンディングデスクはそうした問題を解決し、体重増加から生じる問題を防ぐことができます。

 

また、スタンディングデスクは、腰痛の軽減にもつながります。長時間座っていると血行が悪くなりますが、スタンディングデスクならその心配もありません。その上、姿勢が悪いと、頭や手、手首などの捻挫やケガの原因になるため、調節可能なデスクはこの問題も減らすことができます。

 

また、気分や体力を向上させるのにも最適です。不快な思いをすれば、エネルギーレベルが低下し、気分が悪くなることは間違いありません。長時間デスクに向かうオフィスワーカーは、そうした問題に直面する可能性が高いのです。調節可能なデスクは、快適性を向上させるように設計されているので、この問題に対処し、気分を向上させ、より多くのエネルギーを与えることができるのです。
この快適さとエネルギーにより、スタンディングデスクが生産性を向上させることもお分かりいただけると思います。

 

スタンディングデスクの構造

 

スタンディングデスクは、ワークスペースの人間工学を向上させる家具であり、快適性と生産性を向上させるために、デスクハードウェアにさまざまな機能が盛り込まれるように設計されています。

 

デスクフレーム

 

デスクフレームは、静止して座るタイプのデスクでも、スタンディングデスクでも、どのデスクでも重要な構成要素です。スタンディングデスクでは、安定感があり、快適に作業ができるように設計されています。多くの場合、カスタマイズが可能で、多目的に使用することができます。

 

フレキシスポットのコムハール オールインワン スタンディングデスクは、衝突防止テクノロジーを採用し、調整によって持ち物の安全性を確保できるようになっています。

 

デスクの高さ調節は、手動式と電動式のモデルが多数あり、あなたにぴったりのモデルを選べます。手動式のフレームは手で高さを調整しなければなりませんが、電動式のものはこの作業をより便利に、手間をかけずに行うことができます。

 

そこで、スタンディングデスクの次の特徴として、モーターシステムが挙げられます。

 

モーターシステム

 

前述の通り、モーターシステムなので、手で操作しなくても好きな高さに調整することができます。デスクフレームにモーターシステムが搭載されており、それを利用することで調節が可能です。

 

ここでも、コムハルオールインワンデスクは、座位と立位の切り替えをモーターシステムで行っています。モーターによって、大人から子供まで適した高さに簡単に、そしてスムーズに切り替えることができます。あらかじめプログラムされた高さだけでなく、カスタマイズされた高さもあるので、自分に合った高さを選ぶことができます。そのため、万人向けのデスクを確保できるため、複数人で使用するワークスペースに適しています。

 

スタンディングデスクのモーターシステムには、ベースリフト付きとハウジングコラム式があり、後者の方が一般的であり、効果的でもあります。デスクモーターは、昇降式コラムがデスクトップの重量も支えることができるように設計されています。

 

ワークスペースに置くスタンディングデスクを選ぶときは、モーターシステムが滑らかで、持ち上げ能力が高いものを探すと良いでしょう。コラムが保持できる最大重量が指定されているはずなので、デスクを購入する際にこれが自分に合っているかどうかを検討することができます。

 

また、モーターの大きさは、調整が完了するまでの時間を示します。モーターによっては、動作が遅いものや、ノイズが大きいものもありますので、考慮する必要があります。

 

昇降式コラム

 

前述したように、昇降式コラムはスタンディングデスクの構造上、重要な役割を担っています。適切なモーターシステムによって、デスクの調節を迅速かつスムーズに行うことができ、快適なデスクワークをサポートします。

 

アルミやスチールのコラムは、最も軽量で耐久性のあるもので、デスクを長持ちさせるとともに、より大きな重量に耐えられるようになっています。

 

また、昇降式コラムは、コンパクトでありながら、ニーズに合わせてデスク自体の高さを確実に調整できるため、より適していると言えます。

 

テンキー

 

モーター式スタンディングデスクは、テンキーがないと高さ調節ができないため、テンキーが付属している場合が多いです。そのため、手動調整に頼らないスタンディングデスクには、テンキーが欠かせません。

 

コムハルデスクには、調整に使用できるテンキーが付属しています。また、デスクにUSB充電ポートが埋め込まれているので、デバイスを接続して1日中充電しておくことができ、コードや配線でごちゃごちゃになることを防ぐことができます。

 

デスク天板

 

どのデスクにも言えることですが、デスク天板そのものが重要な要素です。デスク天板には、さまざまな選択肢があります。

 

コムハルデスクは、バンブー天板、木製天板、ガラス天板の3種類からお選びいただけます。

 

それぞれに異なるメリットがあります。木や竹は見栄えがよく、立派に見えます。また、他の種類のテーブル天板に比べてはるかに高価であることが多く、定期的なメンテナンスが必要です。

 

ガラス天板は一般的にメンテナンスが簡単ですが、ガラスが欠けやすいため、破損のリスクがあります。

 

コムハルオールインワンスタンディングデスク

 

ワークスペースに適したスタンディングデスクをお探しなら、コムハルオールインワンデスクがおすすめです。上記のような機能以外にも、3ステップの簡単な組み立てで、とても簡単に組み立てることができます。

 

また、デスク天板は非常に広々としていながら、床面積を最小限に抑えるように設計されています。家や部屋の狭い一角にも、簡単にデスクを設置することができます。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。