デジタルコンテンツ作成のすべて

September 18, 2021

くり返し耳にしたことがあるでしょう。デジタルコンテンツの作成者やいわゆるインフルエンサーは、InstagramやTiktokに投稿するだけでお金を稼いでいるのだ、と絶えず揶揄されています。安定した仕事として、さらにいえば職業としての正当性に疑問を投げかける人が多く存在するのです。

 

雇用機会均等委員会(EEOC)は、「専門職」とは、その職務と責任を果たすために、ある一定の大学教育(通常は学士号以上)を必要とする職業と定めています。

 

けれど、デジタルコンテンツクリエーターにはあらゆる年齢層の人々がいることを私たちは知っています。大学中退者もいれば、作成しているコンテンツとはまったく関係ない学位を持っている人たちもいます。現在の業界の動態性と上記の定義を合わせて考えた場合、つまりデジタルコンテンツの作成は専門的な職業とみなすことができないということでしょうか?そもそも、この疑問そのものが的外れなものなのでしょうか?

 

コンテンツクリエーターとは?

 

DigitalMarketing.orgによると、コンテンツクリエーターとは、視聴者が魅力を感じ、思わず圧倒されるようなコンテンツを作成する人のことです。コンテンツは、教育的な内容やエンターテイメント性の高いものなど様々で、ブログやビデオブログ、写真やレイアウトはど、インターネット上に公開されている特定のメディアを通じて公開されることが多いでしょう。

 

コンテンツクリエーターの収入は?

 

匿名による企業レビューを展開するGlassdoorによれば、アメリカのコンテンツクリエーターの平均年収は約47,154ドル(およそ510万円)だといいます。たとえば、YouTubeで年間5万ドル(およそ500万円)以上を稼ぎ、Twitchで毎月2500ドル(およそ27万円)、WikiHowで1時間に16ドル(およそ1750円)稼ぐという人もいます。フリーランサーは1時間あたり約20ドルから77ドル(およそ2200円から8450円)を稼ぎます。これも視聴者の規模やコンテンツの内容などから大きく変わります。

 

市場の大きさは?

 

マーケティング会社360 Research Reportsは、デジタルコンテンツ作成市場は、2019年の119億2000万ドル(およそ13兆円)から2025年までには169憶ドル(およそ18兆円)にまで成長するだろうと見ています。これは、より多くの企業が参入し、様々なデジタルコンテンツ作成チャンネルを模索しているからです。ビジネス成長に対する業界の影響力は証明されており、競争に勝ち残るためには、良いデジタルコンテンツ作成を採用することが、もはや選択肢ではなく必須条件です。さらに、およそすべての業界がデジタル化されている現在、コンテンツ作成は今後数年間で世界市場の成長そのものを後押しするだろうと見なされているのです。

 

現時点では、コンテンツ作成を実質的なまたは専門的な仕事として分類するのは論理的ではなく、正直に言えば、時代遅れなことです。なぜなら、嫌いな人は嫌いですが、コンテンツ作成は一般の人々の間に広く普及しており、さらに成長していくものだからです。したがって、この市場に参入して行きたいのであれば、才能があれば多くの機会に恵まれるでしょう。YouTubeチャンネルを主催したり、ポッドキャストを作成したりブログを書いたり、など、可能性は無限にあります。

 

コンテンツ作成を始めるのに必要なものは?

 

a) 計画
 
どのようなコンテンツクリエーターになりたいかを決めましょう。たとえば、ブロガーになりたい場合には、ジャンルを決めてからブログのデザインやロゴ、ブログの名前などを決めます。簡単そうに聞こえるかも知れませんが、これはブログを大きく成長させるのに役立つとても大切なものです。時間をかけて創造力をしぼりだし、あなたの心に訴えかけてくるものを選んでください。計画をしっかりしたものにするためには、ストーリーのアイデアを書き出し、いつコンテンツを作って配信するかの予定表を作ってください。すべての内容についていろいろと調べて、裏づけを取りましょう。

 

b) カメラ

 

コンテンツに必要な魅力的な映像を撮るために、高品質のカメラか性能の良いカメラ付きの携帯電話を購入しましょう。視聴者はより良い映像を求めるようになってきています。彼らの興味を引くためには、あなたのストーリーを描くための写真や動画を撮ることができるカメラが必要となります。

 

c) ラップトップパソコンまたはデスクトップパソコン

 

当然のことながら、コンテンツを作成して配信するためには、良い機能を持つラップトップもしくはデスクトップパソコンが必要になります。動画の作成や写真の編集に適した仕様のものを使用してください。プロセッサがAdobe Photoshop や Lightroomと互換性のあるものを選びます。

 

d) 作業用机

 

コンテンツクリエーターとして、時間の管理は大変な作業です。あなたが誰とも協働しないでひとりで作業するなら、スケジュール通りに作業を進めるのはより難しくなるでしょう。作業用の机としてスタンディングデスクを使うことを考えてはいかがでしょうか。作業効率と生産性を向上させるのに役立つため、長期的に見て優れた投資になります。

 

e) 照明機器

 

どういった照明が必要かというニーズは、あなたがどのようなコンテンツクリエーターかによって異なります。ほぼ毎回写真を公開するブロガーは、外付けフラッシュのsoftboxを購入するか、自然光を使うために窓際で写真を撮影するなどしています。製品を撮影する場合は、イラスト用ボードの白い面のようなDIY 反射板を利用して太陽光を反射させ被写体に向けると良いでしょう。

 

f) 収納ユニット

 

コンテンツクリエーターは、たくさんの小道具や機器、およびハードドライブを持っているものです。FlexiSpotには、貴重品を保管するためのロックシステムがついている3層のモバイルファイルキャビネットがあります。様々な物を種類分けして整理できるように内部に仕切りがあって区分けできるようになっています。また、移動が簡単にできるキャスターと部屋のコーナーに固定して置くための重力ロックも備えています。

 

g) 自分を信じること

 

コンテンツクリエーターとして必要なもの。それは、あなたの自分の作品に対する自信です。あなたの視聴者やパートナーとなるかも知れない企業に売るために大切なものなのです。自分の作品を十分に信頼していなければ、あなたの将来を大きく変えるかも知れないチャンスにめぐり合っても、それをつかもうと手を伸ばせないかも知れません。世界に出て行きましょう。あなたが提供できる何かを共有することを恐れないでください!

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。