キャスターをスタンディングデスクに付け足す前に考慮する点:知っておきたい情報と要点

June 10, 2020

スタンディングデスクにキャスターを追加することを検討していますか?一部のユーザーにとってはキャスターを付け足す事によりスタンディンデスクの使いやすさが向上するため、優れた解決法となる事がありますが、そのユーザーの方の環境や状況により、キャスターの付け足しが適さない場合があります。

 

キャスターをスタンディングデスクに付け足すのは便利で簡単そうに見えますが、逆にキャスターを付け足してしまう事でスタンディングデスクの構造の層が複雑になってしまい、不安定になってしまう場合があるのです。

 

この記事では、スタンディングデスクフレームにキャスターを付け足す際にお客様が考慮すべきいくつかの主な要点と、スムーズな付け足しを行うための情報について詳しく説明します。

 

キャスターを使用する前に考慮すべき要点

 

キャスターにはさまざまなサイズがあり、床の表面も移動中の荷重に影響を与えることを理解しておいてください。キャスターを取り付けるとこによりスタンディングデスクの使用がお客様にとって便利なものとなりますように、実際に取り付ける前にいくつかの主要な要素と情報をを確認してください。

 

•作業環境をしっかりと考える:検討する

 

私たちは自分なりの仕事場:作業場を持っています。その中でも、キャスターを追加で取り付ける事によりその仕事場:作業場がより最適な環境に変化する場合があります。

その仕事場の例としては以下の環境が挙げられます。

教室で作業する場合:特に場所を移動する場合は、キャスター付きのデスクフレームが非常に役立ちます。

また、倉庫や会議室で作業する場合:こちらの場合も設備の変更への対応や、別の部屋への移動など柔軟にまた迅速に変更に対応していかなければならないので、キャスター付きのデスクが非常に役立ちます。

上記のような状況の作業場を考えると、キャスター付きのデスクは、スペース共有をするためにとても最適で、迅速かつ簡単な机の移動を提供する事ができます。

キャスター付きのデスクのような移動式の机は、実験しながら机を自由に動かしたり、グループ活動のためのスペースを作りたい教師に最適です。また、学校を訪れたゲスト、クラスへスピーチしにきてくれた人、学校を見に来た人たちへ簡単に追加のデスクを引き出し用意する事ができるので、学校の環境にはとても最適です。

 

•机に置く物や荷物の重量によりキャスターを付けるかを決定する

 

例えばスタンディングデスクに、頻繁に様々な場所に動かしたい高価な機器があり、移動を簡単に実行させるためにキャスターを購入するとします。この場合、機器の重さがキャスターが耐えられる重さと一致している事を確認し、机を動かす際に、機器が重すぎてキャスターが動かない状態ではないか、キャスターが動かずに無理やり押して床を引きずっている状態になっていないかをしっかりと確認する必要があります。

適切な重さでキャスターを使用すると、スタンディングデスクにキャスターがついていない状態と比べると、やはりキャスター付きの方が、デスクをすばやく持ち上げて回転させたり、動かしたりする事が簡単に可能になります。

 

•キャスターのサイズを確認する

 

スタンディングデスクにキャスターを取り付けると決めた場合は、まず自分自身に「普段、荷物を一回持ち上げる時、自分はどれくらいの量を持ち上げる事ができるのか?」と自問してください。キャスターのサイズは、このモバイルスタンディングデスクを上手に機能させるための主要な点の一つです。

 

・直径1〜3/8インチのホイール付きミニキャスター

 

・直径2インチの中型のキャスター

 

・直径約3インチの大型キャスター

 

デスクに標準の脚がくっついている場合は、キャスターを取り付ける時に1〜3/8インチから2インチのテーブルの高さが追加されるため、小さいキャスターを取り付ける事をお勧めします。ただし、ひびの入った床やでこぼこの床がある環境で作業している場合、小さいキャスターは、特に床に引っ掛かりやすく、デスクを動かしている時の作業が非常に難しくなります。デスクの重量を安定的に支えるために、直径の広いキャスターをお試しください。キャスターが大きくなると、負荷と重心が高くなり、安定しやすくはなりますが、それでもデスクの転倒の問題に注意する必要があります。

 

•イージー(簡単)ローリングキャスターを選択

 

360度回転、定位置固定、高品質の素材で作られたキャスターは、見つけるのがなかなか難しいです。ですが幸いにも、それをすべて解決できるキャスターがあるのです。それはFlexiSpotのStanding Desk Casters W1で、このキャスターをとてもお勧めします。標準的なキャスターは、すべてのFlexiSpot Deskモデルと互換性があり、2つのキャスターがロックされてデスクを固定する事ができます。直径は1.97インチで、4つのキャスターが付属しています。

 

スタンディングデスクにキャスターを取り付けする際の追加情報

 

安定性を求める場合は、キャスター同士が離れているほど安定しているという事を覚えていておいてください。キャスターを使用するかどうかにかかわらず、デスクの脚が長い方を選択することは基本的にデスクが安定しやすいという事を知っておきましょう! FlexiSpotの長くて重いデスクの脚は、重心を下げ、デスクのぐらつきや揺れの可能性を減らす事ができるのです。

上記で述べたように、キャスターのサイズもしっかりと考慮していく必要があります。小さなキャスターは、大きなキャスターと比較して、動いているときにドアの境目やその他の障害物に引っかかってしまい、デスクを簡単に動かす事ができない場合もあります。

キャスターが大きいほど高さが増し、機器の重さの負荷の面でも非常に有利ですが、キャスターが小さいほど安定性に優れています。

より詳細に考えていくためには、現在の作業状況から判断をしていく事をお勧めします。部屋から部屋へ移動する必要がある場合は、キャスターをぜひ購入してください。ただし、毎日の同じ作業場で作業に集中する事ができる作業場:仕事場にいる場合はキャスターなしのスタンディングデスクだけで十分です。

もしキャスターを購入してスタンディングデスクに取り付けようと決めた場合は、公式ウェブサイトにアクセスしてスタンディングデスクキャスターW1を注文してください。FlexiSpotでは、誰にとっても理想的なワークスペース:作業場:仕事場を作り出し提供する事を目指しています。詳細については、こちらのWebサイトでぜひ確認してみてください。