快適さと生産性を両立させるための、在宅勤務の完全チェックリスト

December 02, 2022

毎月のように起業されている会社のうち、約5割が在宅勤務となっています。これは、コロナウイルスの影響で、ソーシャルディスタンス確保のためため、在宅勤務が急増したのです。コロナウイルスによって、世界中の社員がオフィスのデスクを片付け、家に持ち帰ることを余儀なくされました。多くの企業において、従業員が効果的に在宅勤務をすることには課題がありましたが、その必要性から、多くの企業が戦略を変更し、在宅勤務を可能にする方法を模索するようになりました。ソーシャルディスタンスが解消された後も、多くの企業が社員に在宅勤務を推奨しているのには、いくつかの理由があります。

 

しかし、適切なツール、規律、スペースがあれば、在宅勤務を実現することは難しくなく、あなたとチームの生産性を向上させることができます。一日中家にいて、パジャマを着て、ソファでくつろいでいたら、まるで完璧な日のように感じますよね?しかし、ホームオフィスでの仕事はそれほど簡単ではありませんし、会社のオフィスに慣れている人であれば、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。在宅勤務の開始には時間がかかりますが、適切なツールやセットアップがあれば、新しいワークスタイルを実現できます。これから在宅勤務を始める方、すでに在宅勤務をしている方で、まだ難しい、面倒だと感じている方は、以下のチェックリストに従って、よくある落とし穴を避け、より快適な仕事環境を整えてください。

 

在宅勤務チェックリスト

 

1.ホームオフィスに必要な設備

 

在宅勤務のチェックリストの最初のステップは、自分が快適に過ごせるワークスペースやホームオフィスを設置し、生産的に仕事をこなすことに集中できるようにすることです。それ専用の部屋が理想的ですが、ガレージ、リビングルーム、屋根裏部屋など、スペースに余裕がない場合は専用のコーナーでも構いません。必要な機器を確認し、仕事を容易にするために何か購入する必要があるかどうかを確認する必要があります。快適に仕事をするために、以下のような備品が必要な場合があります。

 

人間工学に基づいた椅子

 

自宅で仕事をする場合、パソコンやデスクに長時間向かうことになり、不快な思いをすることがあります。従来の一般的な椅子のような座り心地の悪い椅子は、姿勢が悪くなり、背中や首を痛める可能性があるため、避けなければなりません。そこでおすすめなのが、Flexispotのエルゴノミックオフィスチェアです。この人間工学に基づいたオフィスチェアは、あなたが腕と首の怪我を避けるためにサポートする3D調節アームレストが備わっています。そして、シートは体重や身長に合わせて調節可能であり、さらなるサポートを与えてくれます。おすすめは、エルゴノミックオフィスチェアBS7Gです。

 

ノートパソコン

 

ノートパソコンが突然シャットダウンしたり、動作が重くなったり、遅すぎる場合、新しいものを購入することを検討する必要があるかもしれません。パソコンはホームオフィスの基幹となるものだからです。問題があるパソコンで仕事をすると、負担に感じ、在宅勤務での仕事が難しくなり、生産性が落ちるので、やめたほうがよいでしょう。もし、モニターを2台使って仕事をすることに慣れているなら、会社から1台借りて、自宅のパソコンやノートパソコンと組み合わせてみてはどうでしょうか?その場合、Flexispotでモニターマウントを購入すれば、最大2台のモニターを管理でき、仕事がしやすくなります。

 

アジャスタブルデスク

 

ダイニングテーブルやアイランドキッチン、ドレッサーでの仕事は、ある一定の快適さまでしか得られず、その後は一連の不快感を味わうことになります。どの机の配置が自分に合っているかを見極めるのは、自分次第です。あなたが慢性的な腰痛を抱えている場合、しゃがむ必要がないデスクを使用していることを確認してください。あなたのダイニングテーブルやキッチンテーブルは、そのようなテーブルではありません!あなたが常に動く必要があることを覚えておく必要があります。健康と生産性のために、立ったり座ったりを繰り返す必要があることを忘れないでください。在宅勤務の場合、デスクに長時間座っていることが多く、休憩を取るのを忘れてしまうことがあります。仕事上、休憩が取れない場合、休憩とほぼ同等のポジション移動が可能なスタンディングデスクが最適です。

 

Flexispotのスタンディングデスクには、高さ調整などの機能が異なるものがいくつかあります。高さ調節ができることで、デスクの高さを好きなように固定でき、快適に過ごすことができます。他にも、デバイスを充電できるUSB充電ポートや安全のためのチャイルドロックボタン、ケーブルを隠せる埋め込み式ケーブルトレイなどの機能性を備えた液晶キーパネルなどがあります。おすすめは、FlexispotプロプラスE7スタンディングデスクです。

 

ワイヤレスマウスとキーボード

 

ワイヤレスマウスとキーボードは、どこにでも置けて、自分の快適さに応じて好きなように使えますので、まだ検討したことがなければ、手首の負担や背中の痛みを軽減するために、是非検討してください。

 

ノイズキャンセリングヘッドフォン

 

周囲の雑音を消し、集中モードを維持するのに役立ちますので、不可欠だと思います。どこで仕事をするにしても、生産性を高めるために騒音は重要な要素です。また、マイク付きのヘッドフォンは、自宅でのミーティングでも必要です。

 

ウェブカメラ

 

在宅勤務をしている中、あなたは仕事関連の物事をキャッチアップするために同僚と多くの会議を実施する必要があるかと思います。幸いなことに、ほとんどのノートパソコンにはカメラが搭載されています。また、携帯電話でも代用することができますし、可能であれば、より見栄えのするウェブカメラを探すのもよいでしょう。

 

2.ワークスペース

 

必要な機器を揃えた後、生産性を高めるための仕事環境づくりを検討する必要があります。在宅勤務のための最適なオプションとして、スペースを決めておく必要があります。在宅勤務をする場合、退屈になったり、繰り返しが多くなったりすることがあるかと思いますので、オフィススペースは最も重要なポイントのひとつです。さらに詳しく説明すると、自宅のワークスペースを決める際に調べておくべきことは以下の通りです。

 

静かな空間:前述のように、騒音があると気が散ってしまいますので、集中力を保つために、他の家族が頻繁に来ない部屋を選び、そこをホームオフィスとするのがよいでしょう。

 

ドア:必ずしも閉め切った空間である必要はありませんが、定期的にミーティングをするのであれば、自分専用の隔離された空間を確保することが重要です。ドアのある部屋をホームオフィスとして選ぶか、別の部屋に行って、気が散らないような会議環境を確保するのがいいでしょう。

 

自然光:自然光は会社のオフィスにいるときだけでなく、在宅勤務をするときにも健康にとって良いものです。そのため、ホームオフィスでは窓を開けることができたり、家の中に十分な光が入る部屋を選んだりして、十分な自然光を取り入れる必要があります。

 

3.仕事のスケジュールを決め、それを守る

 

在宅勤務というと、数時間の勤務や不規則な時間帯の勤務をイメージする方もいるかもしれませんが、それは間違いです。健康的なワークライフバランスを実践したいなら、仕事を始める時間と終わる時間を決めておくと、誘惑に負けて仕事を先延ばしにしたり、働き過ぎたりするのを防げます。つまり、あなたが朝型人間で、早くからエネルギーが湧いてくるのであれば、その時間を働く時間として設定し、夜型人間で、みんなが寝た後に仕事をしたいのであれば、それに合わせてスケジュールを設定すればいいのです。

 

4.アウトドアを取り入れる

 

在宅勤務の間、園芸の才能を磨く時間も必要です。ワークスペースに植物を置くと、生産性が最大15%向上し、気分が高揚して、よりよい仕事につながることが知られています。また、緑には鎮静効果があり、ストレスを和らげるとも言われています。なので、ホームオフィスには、オリヅルランやユリなどの植物を置くことを検討してみてはいかがでしょうか。

 

5.断捨離された空間

 

部屋は常に断捨離しておく必要があります。清潔さや整理整頓は生産性や気分の向上につながり、その逆は仕事の妨げやストレスにつながります。もう必要のないものは片付け、一日のうちに溜まった雑多なものをすべて片付ける必要があります。ワークスペースが非常に散らかっている場合、より大きなデスクや、より効率的な整理整頓システムへの投資を検討する必要があります。Flexispotのウェブサイトから調整可能なデスクを購入すれば、整理整頓に関する問題を抱えている場合や十分なスペースの確保に苦しんでいる場合、そのような問題を解決する手助けになるかもしれません。

 

この記事を読んで既に確認すべきことを知っているかと思います。しかし、このリストはあくまで目安であることを忘れずに、チェックリストや、快適なホームオフィスを構築するために必要な製品について、さらに検討を継続してみてください。Flexispotの製品を使うことで、在宅ワークの生産性と健康の向上を実現できることを忘れないでください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。