人間工学に基づいたオフィスチェアを使うべき7つの理由とは

May 06, 2022

オフィスでも自宅でも、一日中座って仕事をする際には快適であることが非常に重要です。座り姿勢は、長期的に見てあなたの作業効率と健康に大きな影響を与える可能性があります。正しい座り姿勢は、仕事に集中し続け、背中や首、手首などの負傷を防ぐ役に立ちます。理想的な姿勢で座ることは、人間工学の重要な要素なのです。

 

そこでこの記事では、人間工学に基づいたオフィスチェアを使う必要がある7つの理由をご紹介します。それによって、より多くの仕事をより早くこなし、仕事を終えた後にあなたの生活の他の場面に集中するための活力を維持することができるのです。人間工学に基づいた座り方をするためのポイントは、ひとえにどのような姿勢で座るかということです。人間工学に基づいたオフィスチェアやその他の必需品に投資することで、毎日の仕事時間を最大限に活用することができます。

 

人間工学とは?

 

まずは人間工学とは何かについて簡単に説明します。なぜ理想的な姿勢で座ったり立ったりすることが長期的に見て有益なのかを理解しましょう。つまり、人間工学とは作業効率を最大化するための作業環境を設定することなのです。首の位置や手首の位置など、人間工学に影響を与える様々な要素がありますので、この記事の中でご紹介していきます。

 

人間工学の最大のメリットは、作業中の身体への負担を軽減できることです。たとえば、理想的な位置に座ると、コンピューターの画面が目の高さに来るため、首の損傷を防ぐことができます。このように、座る位置について人間工学のヒントを取り入れましょう。

人間工学に基づいたオフィスチェアを使うべき7つの理由とは

 

ここからは、人間工学に基づいたオフィスチェアの使用を検討する際に留意すべき点についてご説明します。良いオフィスチェアは、仕事をしている間に理想的な座り位置を見つけるのに役立ちます。これは、オフィスで働く場合にも在宅勤務の場合にも当てはまります。

 

姿勢を改善する

 

多くの物事と同じように、ある特定の行動にはそれに適したツールを持つことが大切です。この場合、そのツールとは人間工学に基づいたオフィスチェアです。人間工学に基づいたオフィスチェアは、仕事をしている間正しい姿勢を保つのに役立ちます。その結果、背中や首への負担を最小限におさえることができます。長期的な負傷を防ぐと同時に、仕事に集中することができるようになります。

 

オフィスチェアでは、ランバーサポートを備えたものを検討することも重要です。FlexiSpotのOC15Rは、ランバーサポートとヘッドレストの両方を備えたメッシュチェアです。これによって、背中や首への負担を抑えることができるのです。

 

あなたが在宅勤務をしているのなら、適切なオフィスチェアを提供してもらうように会社に依頼しましょう。あなたが自営業者だったり、雇用主が依頼に応えてくれない場合はFlexiSpotのOC15Rのようなお手頃な人間工学に基づいたオフィスチェアの購入を検討してはいかがでしょうか。手頃な価格ながら適切なランバーサポート、ハイバック、大幅のソフトパッドを備え、高さ調節も可能です。

 

OC15Rの背もたれが高いことが特徴です。そのため、前傾姿勢になりにくく背筋を伸ばした姿勢を保つことができます。(もし外部モニター式のパソコンではなく)ラップトップパソコンを使用している場合は、猫背にならないようにラップトップスタンドを使用することをお勧めします。ラップトップスタンドを使用する場合は、マウスとキーボードを外付けにして、肘を適切な位置に保つようにしましょう。

 

身体の痛みを軽減する

 

適切に設計された良いオフィスチェアで姿勢を良くすることで、身体の痛みを軽減できます。腰や首の痛みは、1日8時間以上デスクワークをしている人たちに良く見られます。設計が不十分なオフィスチェアでは正しい姿勢を保つことが難しいものですが、人間工学に基づいたオフィスチェアであれば、身体の痛むポイントすべてをサポートすることができます。そのため痛みや負傷を軽減し、一日の仕事の終わり頃にはあなた自身がよりリラックスした気持ちでいることができます。

 

腰の負担を軽減する

 

人間工学に基づいたオフィスチェアに高さ調節機能が備わっていることにお気づきでしょう。これはそれぞれのユーザーの身長に合わせて、座った時に足が地面につくようにするためです。

 

人間工学に基づいた優秀なオフィスチェアの多くは、3インチ(およそ7.6センチメートル)程の高さの調節が可能です。したがって、この高さ調節機能を利用して太ももと床がほぼ平行になるようにしましょう。さらに、膝が腰の位置よりわずかに低くなるようにします。そうすることで腰や背中への負担を軽減することができます。

 

したがって、あなたが比較的小柄の人であっても、背の低い人向けの人間工学に基づいたオフィスチェアを探す必要はありません。その代わり、理想的な座り心地を実現するのに十分な調節機能を備えた製品を購入するようにしましょう。多くの場合、人間工学に基づいたオフィスチェアはほとんどの人が使えるように設計されているので、それほど心配しなくても良いでしょう。この機能は、自宅でも職場でも共有のワークスペースを使用する場合にもメリットがあります。少し調整することで、あらゆるユーザーが快適にオフィスチェアに座ることができるのです。

 

生産性および効率性の向上に役立つ

 

人間工学に基づいたオフィスチェアの最大のメリットのひとつは、生産性を維持し、仕事の効率を最大限に高められるということです。身体への負担や痛みを最小限に抑えることで、気が散ることなく仕事に集中することができます。生産性と効率性が向上すればより多くの仕事をこなし、プロジェクトやキャリアの機会に新たな目標を達成することができます。

 

人間工学に基づいた座り姿勢は、一定の時間にこなすことができる仕事量を向上させるだけでなく、特に在宅勤務の場合、勤務時間内に仕事を終わらせることに役に立ちます。在宅勤務者が共通して直面する問題がワークライフバランスが欠如することです。

 

したがって、仕事の効率が上がれば、勤務時間内に仕事を終えられる可能性が高くなり、ワークライフバランスも改善されます。その結果として、あなたの全体的な幸福感や仕事との関係性を向上させることができるかも知れません。そして仕事外でもポジティブな気持ちを保つことができるようになるでしょう。

 

多くのユーザーに対応する調節機能

 

人間工学に基づいたオフィスチェアの多くは、高さ調節以外にも様々な調節機能を備えています。座面の奥行きや背もたれのリクライニング機能、アームレストの調節ができるものもあります。アームレストの調節機能によって、手根管症候群や手首のインピンジメント症候群など、手首に関連する問題が発生する可能性を減らすことができます。

 

人間工学に基づいた設定では、肘がテーブルとほぼ同じ高さになるようにする必要があり、そのためシートとアームレストの高さを調節する必要があります。マウスを使う時は手首に負担がかからないよう、手首をまっすぐに保ってください。

 

太ももと床を平行に保つことができる姿勢で、けれど足を地面につけたままにできない場合は、足の下に箱や小さな台を置くことを検討してみてください。そうすることで足がぶらぶらした状態になるのを防ぐことができます。

 

長期間の使用

 

人間工学に基づいたオフィスチェアを自宅用に購入する場合でも、雇用主がオフィス備品として購入する場合でも、この製品は長期間に渡って使用することができます。信頼できるメーカーによって作られたオフィスチェアは長持ちし、コストパフォーマンスに優れています。そのため、何度も買い替える必要がありません。長持ちするため、高額な製品であってもそれだけの価値があるのです。さらにどの製品でも故障した場合には、メーカーの保証により修理や交換をすることが可能です。

 

最適な安全性を提供する

 

人間工学に基づいたオフィスチェアは、専門家による綿密な設計とテストを経て製造されます。つまり、メーカーはユーザーのために最適な安全性を確保するための重要な手法を講じているのです。そのため長時間でも快適に作業ができ、負傷を抑えられるという安心感があるのです。

 

人間工学に基づいたオフィスチェアを選ぶためのヒント

 

ここからはあなたに最適な人間工学に基づいたオフィスチェアを選ぶためのヒントをご紹介します。

 

シートのクッション性を検討する

 

通気性の良い素材を使用したソフトパッドのシートが理想的です。また、背もたれも同じような特徴があるものが良いでしょう。

 

調節機能が充実している製品を選ぶ

 

オフィスチェアには以下のような調節機能を備えたものを選びましょう。シートが調節できれば、理想的な座り心地をより簡単に実現することができます。

 

シートリクライニングの調節

 

ランバーサポートの調節

 

ヘッドレストの調節

 

高さ調節

 

アームレストの調節

 

最後に

 

自分に最適な人間工学に基づいたオフィスチェアを選ぶ基準は、予算や体格、快適さのレベルによって異なって来ます。たとえば、首の痛みに常時悩まされているのであれば、背もたれが高く、快適なヘッドレストを備えたオフィスチェアを選ぶことをお勧めします。

 

高品質の人間工学に基づいたオフィスチェアをすぐに購入することができないのであれば、現在使用しているオフィスチェアの状態を改善することを検討しましょう。お尻の下にクッションを置くなど、ちょっとした工夫をすることで背骨のカーブが大きくなり、より快適な座り心地を実現できます。

 

とは言え、やはり信頼できるメーカーのオフィスチェアを購入することが最善です。FlexiSpotのサイトで人間工学に基づいたホームオフィス家具やアクセサリーをご覧ください。また、こうした素晴らしい製品のいくつかに優れた割引が付与されているのを確認することもできます。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。