職場のストレスをコントロールする6つの方法

March 15, 2022

コロナウイルスの大流行が始まって以来、職場のストレスはますます多くなってきています。当初、在宅勤務はオフィスでのストレスや不安を和らげると思っていましたが、現実としては正反対です。ビジネスワイヤが実施した調査によると従業員の48%が過去1年間に高いストレスレベルを経験しています。さらに別の調査によると、ほとんどの従業員は約60%の時間、職場でますますストレスの多い状況に陥っています。

 

アメリカ心理学会が毎年実施しているアメリカでのストレス調査によれば、ほとんどの人にとってストレスの主な原因としては仕事が繰り返し示されています。これは低賃金、過度の仕事負荷、短時間で実行する必要のある困難なタスク、成長の機会がほとんどない、社会的支援がほとんどまたはまったくないという結果によるものです。

 

このような悲惨な統計により、仕事の責任よりもメンタルヘルスを優先することがこれまで以上に重要になっています。あなたの中に過度のストレスがあり、いつでもあなたを崩壊させたり燃え尽きさせたりする準備ができている場合、あなたの仕事の生産性は非常に制限される可能性があります。

 

それでは一歩下がって、職場のストレスをよりよくコントロールするためのいくつかの優れた方法を学びましょう。

 

職場のストレスをコントロールするための最良の方法

 

1.仕事から離れる時間を確保する

 

職場のストレスに対処するための絶対的な最善の方法はそれから離れることです。ストレスの原因となるものに一瞬で対処しようとすると、これまで以上に頭が混乱する可能性があります。ストレスの引き金に対処することに集中しようとすると、ストレスが増える可能性が高く、不安発作につながることさえあります。

 

物事がそのような方向に進まないようにするため、単にあなたのストレストリガーから離れて、あなたが落ち着いたときにそれらに戻ることが必要です。仕事を数分間休憩するだけで、パフォーマンスが低下することはありません。さわやかで落ち着いた気分に戻れるので、仕事のパフォーマンスは改善するかもしれません!

 

職場のストレスが大きくなりすぎて休憩せず、その代わりに「押し通し続ける」ことを行う従業員は燃え尽き症候群に苦しむリスクが高くなります。それはあなたが何日も仕事をすることができなくなる可能性があり、あなたのパフォーマンスレベルに大きな打撃を与える可能性があります。

 

したがって、75〜90分の仕事を行う毎に5分の休憩を取ることをお勧めします。オフィスを散歩し、水のボトルをいっぱいにして、数人の同僚と話してください。仕事に戻る前に建物から出て新鮮な空気で深呼吸してください。これらの活動はすべてあなたのストレスをよりよく管理し、より簡単に要求の厳しいタスクに対処するのを助けます。

 

2.仕事中でも定期的に運動しましょう!

 

職場のストレスと戦おうとしている時、引き出しの中のスナックを食べたり、喫煙したりするなどの不健康な対処メカニズムを取らないようにしてください。これは長期的にはあなたにとってより多くの問題を引き起こすだけであり、ストレスレベルをさらに高めてしまいます。

 

高ストレスレベルと戦うための優れた本当に効果的な方法は運動することです。ストレスや不安を和らげるだけでなく、見た目も気分も良くなります。これ以上何を求めることができるでしょうか?

 

従業員は仕事の後にジムに行くのには疲れすぎている、あるいはブロックの周りでジョギングに行くのにさえ疲れていると不平を言うことがよくあります。だからジムを持ってきて一緒に働いてみませんか?FlexiSpotは仕事を中断したり邪魔したりすることなく、オフィスでエクササイズできるようにする多数のツールを開発しました。

 

最高の製品の1つは300ドル弱で手に入るアンダーデスクバイクです。このスタンディングデスクバイクはどんなに大きくても小さくても、どんなオフィススペースにもぴったりフィットします。コンパクトであらゆるシットスタンドワークステーションを補完します。

 

このバイクはスタンディングデスクでエクササイズを行うのに役立つ優れたツールです。最高品質のクッションで快適性を高め、ワークアウトの進行状況をトラッキングできる液晶ディスプレイを備え、静かなペダリングシステムを備えているため、エクササイズを続けながら仕事を続けることができます。

 

3.ストレスに対処するための瞑想

 

ストレスの増加を抑えるための最良の方法の1つは瞑想と心のこもった生活です。瞑想はストレスや不安を和らげ、気分を調整し、リラクゼーションを促進するための優れたツールです。血圧を下げて心を落ち着かせるのにも役立つので、より明確に考えて、あなたを悩ませているかもしれないすべての心配を手放すことができます。

 

瞑想するために、それ用の場所を用意する必要はありません。あなたの机の前でそれをすることができます、あるいはスタンディングデスクの人間工学に基づいたスツールに座ってさえすることができます。すべてを数分間一時停止し、コンピューターの画面をオフにして、心がストレスでいっぱいになっていると感じたときに目を閉じてください。

 

大きく息を吸い込み、2秒間保持し、ゆっくりと息を吐きます。これを数回繰り返して、呼吸だけに集中してみてください。あなたの心をきれいにしそしてペースの速い思考を遅くするのを助けるでしょう。リラックスするためのイメージを練習することもできます。

 

頭をすっきりさせたら、タスクに優先順位を付けて、1つずつ対処してみてください。すべてを一緒にやろうとすると、圧倒されてすべてをコントロールできなくなります。したがって、仕事をどのように管理するかについてスマートになり、職場のストレスに悩まされないようにしてください。

 

4.仕事の境界を確立する

 

今日のデジタルの世界や仕事では従業員は通常の9時〜5時を超えて仕事ができるというプレッシャーに直面しています。特に在宅勤務をしている時、ますます多くの従業員が残業をしています。上司はとにかく誰もが自宅ですることが特にないと考えているようで、余分な仕事を行うことで、それを最大限に活用することもできると考えているようです。

 

これは職場のストレスの増加の主な原因であり、これに対処するための最良の方法は仕事に境界を確立することです。上司とチームリーダーは境界を尊重するようにしてもらい、妥協する気がないことを明確にしてください。

 

境界を設定するには、時間どおりに仕事の開始と終わりを行うこと、本当に緊急の問題でない限り、後ですることにして拒否することを含める必要があります。退勤したらメールのチェックをやめ、職場の電話をサイレントモードにします。あなたはその日のために十分な仕事をしたのです。毎日のスケジュールから次々とタスクをチェックしながら、リラックスして体に蓄積されたストレスの一部を解き放つ時が来ました。

 

5.必要なときに助けを求める

 

21世紀の職場環境は激しい競争によるストレスの高まりの1つになりました。誰もがより高い地位とより良い機会を求めて頑張り、トップに立つためにすべて以上のものを投入しようとしています。競争に勝つために、このレースで自分自身を失うことは非常に簡単です。

 

だからこそ、助けが必要なときを認識し、恥ずかしがらずに助けを求めることが非常に重要になっています。職場でメンターを探したり、ライフコーチを雇って側から応援したりすることもできます。ガイドはどんな形であれ、あなたがどんな仕事のポジションでもあなたの最高自分であるために軌道に乗るのを助けてくれるでしょう。彼らはあなたが自分の目標を認識し、あなたの夢と情熱を思い出し、そして本当に前進させるものに向かって取り組むのを助けるでしょう。

 

6.仕事に関係のない活動のための時間を作る

 

多くの調査によると、仕事以外の活動に定期的に参加する従業員は職場でのパフォーマンスが向上し、生産性が向上することを示しています。これは直感に反するように聞こえるかもしれませんが、仕事ベースのタスクだけに囲まれて1日を過ごすと、思考プロセスが制限され、すぐに使えるソリューションを思い付くことができなくなる可能性があります。 それはあなたの生産性レベルを妨げ、最終的に燃え尽き症候群につながる可能性があります、それらのどれもあなたのためになるものではありません。

 

したがって従業員が仕事に関係のない活動を楽しむことは絶対に不可欠です。退勤したら、仕事ついて考えるのをやめ、個人の成長に集中する時なのです。趣味を楽しんだり、志を同じくする人々を探したり、自分が支援する目的でボランティア活動をしたりしてください。

 

これらのすべてはあなたのストレスレベルを減らすための素晴らしい方法です。あなたの人生に新鮮な視点を提供し、あなたが日常的に悟りを開いていると感じさせます。これらの活動はまた新しい人々と出会い、あなた自身とあなたの周りの世界についてもっと学ぶための素晴らしい方法です。

 

このような活動を楽しんだ後、仕事に戻ると、気分がすっきりして、どんな仕事にも取り組めるようになります。最良の部分としてはおそらくもう仕事をするのにストレスを感じすぎないことです!

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。