スタンディングデスク用にモニターアームを調整するための5つのヒント

March 14, 2022

モニターの高さと位置は仕事または勉強でのどのように椅子に座るのか、どのように頭の位置を保つのか、およびモニターの画面を表示するためにどのように目を動かすのかにおいて重要な役割を果たします。モニターの前で1日何時間も過ごす場合、痛み、長引く損傷、または視力の問題を最小限に抑えるために、スタンディングデスクに人間工学に基づいたモニターアームが必要になります。

 

とはいえ、自宅でモニターを使用する場合でも職場でモニターを使用する場合でも、理想的なモニターアームを選択することは快適な仕事体験を実現するための最初のステップにすぎません。痛みや不快感が続く場合、椅子の高さと位置に基づいてモニターの高さと位置を調整する必要があります。

 

それでは、モニタースタンドデスク用にモニターアームを調整するための5つのヒントを見てみましょう。

 

モニターアームを配置するためのヒント

 

モニターの位置が不適切な場合、不快な姿勢で座り、複数の筋骨格系の問題が発生する可能性があります。それはまたあなたの目に不快な負担をかけます。これを回避するにはコンピューターをモニターアームで適切に配置します。

 

モニターアームを正しく取り付けて調整するためのヒントを以下に示します。

 

画面を目の高さに保つ


モニターアームを配置する時、画面の上部1/3が目の高さになるように画面の位置を変更してください。画面をまっすぐ見ると、首や目の疲れが軽減されます。またモニター画面を表示しているときに目が多少下を向いていることも確認できます。

 

コンピューターを中央に配置

 

マルチモニタースタンディングデスクを使用している場合でも、すべてのモニターが正しく中央に配置されていることを確認してください。アームを使用してモニターを中央に配置し、モニターが真正面にくるようにしてください。これによりコンピューターの画面を表示するために首を突き出したり、不快な位置に無理やり押し込んだりする必要がなくなります。そのように首を突きださないようにすると、首に負担をかけないようになります。

 

画面の位置をやっと手が届くくらいの位置に保ちます

 

モニターアームを調整する時、快適な視距離を維持するために画面を体から少なくともやっと手が届くくらいの距離に保つようにしてください。これにより画面を見るために首を後ろに傾けたり、肩を後ろに傾けたり、首を前に傾けたりする必要がなくなります。自分と画面の距離を適切に保つことで、不必要な姿勢の悪さや体の痛みを防ぐことができます。

 

VESA標準を維持する

 

新しいモニターを購入する時、必ずVESA規格に注意してください。これはユーザーがモニターをモニターアームに効果的に接続できるようにするテンプレートであり、シームレスな柔軟性と適応性を保証します。

 

このVESAパターンは基本的にモニターの背面に4つの穴があります。これらの穴のサイズは75x75mmまたは100x100mmです。ほとんどのAppleコンピュータには注文時に特に要求しない限り、このパターンはありません。
まぶしさを避けるために画面を後ろに傾けます

 

最後にスタンディングコンピュータデスクのモニターアームの効率を確保したい場合、まぶしさや反射を防ぐため、必ずそれらを使用してモニターを後方に約10〜20度傾けてください。さらに直接光源がモニター画面の真後ろまたは真下に配置されている場所にモニターを配置することは避けてください。それによって眼精疲労を回避できる可能性があります。

 

明るい光が画面に反射し、そのような画面を見続けると目を痛めます。その代わりにモニターディスプレイを光源に向けて角度を付け、十分な自然光または周囲光があることを確認してください。それらに負担をかけないように画面とあなたの目の間の適切な距離を保ちます。

 

モニターアームが必要な理由


モニターアームはモニターを人間工学的にする素晴らしい発明です。チームのコラボレーションやホットデスキングなどの共有スペースを備えた職場で驚異的な働きをします。モニターを調整してコラボレーションをスピードアップできます。アームを使って、数秒で画面を同僚の方に傾けることができます。また貴重なデスクスペースを節約し、画面を調整してより多くの従業員に簡単に対応できるようにします。

 

回転式の拡張アームを使用すると、モニターを上下に動かしたり、必要な方向に簡単に傾けたりすることができます。机と椅子の高さを変えるたびにアームを使ってモニターを調整できるので、モニタースタンドデスクの貴重なアクセサリーにもなります。これらのアームは従業員間の相互作用を促進し、快適さを高め、マルチタスクのためのスペースを作ります。

 

さらにデュアルまたはマルチモニターアームはデスクスペースを大幅に節約し、複数の画面の位置を簡単に変更できるようにします。これらのモニターアームは特にスタンディングコンピューターデスクと組み合わせると、チームワークと長時間の仕事に必要な汎用性と実用性を提供し、コラボレーション環境での仕事時に苦労することはありません。スタンディングデスク用のモニターアームにより、生産性の向上、見やすさ、マルチタスクの改善などが保証されます。

 

モニターを調整する利点

 

ワークステーションで長時間仕事する場合、多くの柔軟性が必要です。スタンディングデスクはその柔軟性を提供し、モニターアームを使用すると、人間工学を確保しながら、モニター画面を好きな方向に動かすことができます。慢性的な背中、首、肩の痛みを防ぎ、姿勢を改善するのに役立ちます。

 

モニターの高さと位置をニーズに合わせて調整すると、健康に焦点を当てた仕事をするのに役立ちます。画面を見ているときに悪い姿勢に対処する必要がないよう、目とモニターの間に十分な視界スペースがあることを確認する必要があります。それに応じてモニターを調整しないと、画面に不適切に近づいたために首や肩の痛み、さらには目の疲れが発生します。

 

適切な姿勢とモニターの調整

 

適切な姿勢をとることでデスクトップ関連の怪我を回避し、生産性を向上させることができます。机の上にある画面の数に関係なく、姿勢を維持するために適切に調整するためにアームは見ておく必要があります。画面の高さと位置によって、前腕、首、背中、肩が適切に配置され、過度の負担がかからなくなります。

 

適切な姿勢を維持したい場合、前腕を上下にアーチ状に曲げずにできるだけ平らに保ち、キーボードのキーに手を伸ばす時にまっすぐに保つ必要があります。さらに肘の神経圧迫を避けるために、肘の角度が少なくとも90度であることを確認する必要があります。これらとモニターの位置の間のリンクは何か疑問に思われるかもしれません。

 

真実はとしては不適切なモニターの配置により、キーボードをそれに応じて動かし、前腕と肘の操作方法に影響を与える可能性があるということです。それはまた手根管症候群、眼精疲労、首の痛み、および他の多くの回避可能な問題を引き起こす可能性があります。そのため適切なモニターの配置が非常に重要なのです。

 

高さ、視線、モニターの配置

 

さらにモニターの位置を調整する時には身長も考慮する必要があります。当然のことながら身長6フィートの人には機能するモニターの高さは身長5フィート5インチの人には機能しません。あなたが自身の身長と快適さのレベルに基づいてその位置を調整することが必要なのです。繰り返しになりますが、自分の体に耳を傾け、自分に不必要な負担をかけないようにモニターを調整する必要があります。

 

調整を台無しにしないようにするにはモニターを視線の3分の2ほど前に置き、画面の残りの部分を視線のすぐ下に置くというヒントに従ってください。人間の目は静止しているときに真っ直ぐ前と下を見る傾向があるため、このヒントは上手く機能します。そのため、目を痛めずに最適な仕事効率を実現するために最適に計算された位置は視線をまっすぐにすることを目的としています。

 

結論


デスクワークで長時間働く場合、健康に焦点を当てた生活を実現するために、可能な限りすべてのアクセサリが必要になります。このようにしてあなたが机で働いている間、あなたの快適さを確実にすることができます。

 

仕事で人間工学に基づいた快適さを提供できるアクセサリの1つに画面の高さと位置を調整するのに役立つモニターアームがあります。高品質のモニターアームに投資し、上記のヒントを使用して、仕事パフォーマンスを向上させるための特定のニーズに応じて画面を調整します。

 

上記のモニターアームを使用する利点とヒントに納得した場合、FlexiSpotのモニターアームのリストを参照して、モニターに最適なものを見つけてください。現代的なマルチモニターアームが必要な場合でもスタンディングデスク用の多様で機能的で耐久性のあるモニターアームが必要な場合でも、適切な製品を見つけるお手伝いをします。シックで用途の広いFlexiSpotモニターアームを今すぐご覧ください!

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。