職場で光のパワーを活用する3つの方法

July 28, 2022

職場で余計な電気をつけたり消したりしなければならないことはありませんか?もしそうなら、それはオフィスの照明があなたやあなたの仕事に直接影響を与えている証拠です。もし、照明の影響がなければ、照明を増やしたり減らしたりする必要性を感じなかったでしょう。そうですよね?

 

特に、ほとんどの従業員がコンピューターで仕事をしている場合、職場の照明を重要視する雇用主は多くありません。コンピュータの画面はすでに十分明るいのに、なぜ従業員が余計な光を必要とするのでしょうか?

 

しかし、職場の照明が悪いと、従業員の健康と幸福に影響を与え、生産性、士気、効率に直接影響を与えるということを知らないのです。

 

照明がオフィスの美観、従業員のモチベーションや気分、生産性にどれほど大きな影響を与えるかを知れば、少なくともあなたはショックを受けることでしょう。

 

ワークプレイスライティングはあなたのメリットになるように使用できる強力なツールです。光のパワーを活用すれば、より生産的で幸せな従業員への道も開けるはずです。

 

職場の照明が悪いと従業員にどのような影響があるのでしょうか?

 

職場で光のパワーを活用する方法について説明する前に、まず職場の照明が悪いと従業員やオフィス全体の雰囲気にどのような影響を与えるかを理解することが重要です。

 

オフィスの照明が悪いと、そこで働く人の体調に影響を与え、感じ方にも直接的な影響を与えます。長い目で見れば、照明が身体的、心理的な影響を与えるといっても過言ではないでしょう。

 

職場の照明が悪いと、従業員は退屈で疲れを感じるようになる

 

照明が不十分な職場では、退屈で憂鬱な印象を受けます。従業員も同じように感じるはずです。あなたは自分がいる場所の雰囲気を感じることができます。マクドナルドで子どもたちが幸せな気分になるのに気づいたことがありますか?それは、その場所の雰囲気が好きだからなのです

 

それと同じように、もしあなたのオフィスが退屈に見えるなら、社員も同じように感じるはずです。そして、社員が職場で幸せや活気を感じられなければ、最高のパフォーマンスを発揮することはできないでしょう。

 

オフィスの照明が悪いと、従業員のモチベーションや雰囲気に大きな影響を与えます。オフィスの照明は従業員がアクティブで生き生きとした気分になるようにする必要があります。なぜなら、それこそが従業員に一日中いてほしい気分だからです

 

職場の照明が悪いと、従業員の健康に影響する


オフィスの照明が暗すぎると、従業員は書類を読むのが難しくなります。また機械加工に携わる従業員にとって、照明が暗いと作業するのに十分な明るさが得られないことになります。暗い場所で見るために目に余計な負担がかかり、ひどい頭痛や偏頭痛を引き起こす可能性もあります。

 

オフィスの照明が明るすぎると、従業員の目に直接光が入り、過度の眼精疲労につながります。眼精疲労がひどくなると、頭痛や疲労の原因になります。また、明るい光を長時間浴びると、視力に影響が出ることもあります。

 

社員がベストな状態で働けなければ、最高のパフォーマンスを発揮することはできません。照明が不十分な環境で長時間仕事をさせると、視力の悪化や頭痛など、長期的な合併症を引き起こす可能性があります。

 

職場で光のパワーを活用する方法

 

従業員の生産性を向上させたいなら、まず取り組むべきは職場の照明を改善することです。適材適所の照明を取り入れるだけで、オフィスの雰囲気はたちどころに変わります。

 

ここでは、社員が気持ちよく働ける職場にするために、光の力を活用する様々な方法を見ていきましょう。

 

自然光をできるだけ活用する

 

リーズマン社の調査によると、56.7%の人が「職場のデザインが仕事の生産性に影響する」と回答しています。ワークプレイスデザインには照明が不可欠であり、照明の質は従業員の生産性に直接影響します。

 

リーズマン社の同調査によると、75.8%の従業員が自然光を重要視していると回答していますが、職場の自然光に満足している従業員は56.9%にとどまっています。

 

このような事実を述べたのは、従業員が自然光の重要性を見逃していることが多いからです。なぜなら、自然光が従業員にどのような影響を与えるのか、あまり理解されていないからです。

 

室内に閉じこもったオフィスで働く社員にとって、自然光はエンゲージメント、生産性、そして福祉を向上させる要素になります。大きな窓があり、屋外の景色を楽しみながら自然光の下で働ける職場では、従業員はより前向きになり、ストレスも軽減されます。仕事中のストレスが減り、気分が良くなれば、当然、仕事のパフォーマンスも上がります。

 

ですので、職場で光の力を活用するには、まず自然光が入るようなオフィスデザインにすることです。自然光の入れば入るほど、オフィスは活気づき、社員はより積極的に行動するようになります。

 

働いている人が職場の照明をコントロールできるようにする

 

照明の不備は従業員の生産性に直接影響します。先に説明したように、明るすぎたり暗すぎたりする光は頭痛や眼精疲労を引き起こす可能性があります。従業員が仕事中に頭痛に悩まされていると、集中力が散漫になり、ミスを犯す可能性が高くなります。

 

また、薄暗い照明では目が疲れ、明るい照明では目に入り、照明の配置を誤ると不快な影ができ、能力を最大限に発揮することができなくなります。

 

仕事をする人によって、必要な明るさは異なります。例えばパソコンで仕事をする人はあまり明るさを必要としないので、天井のオーバーヘッドライトで十分です。しかし資料を読み込んだり、機械の部品を操作したりと、集中力が必要な仕事には局所照明が必要です。

 

すべての従業員の照明ニーズに応えるには、従業員がコントロールできる照明を設置するのも一つの方法です。机の上で書類を読むのに十分な明るさが必要な従業員にはテーブルランプやタスクランプを提供しても良いでしょう。また機械の上に大型のスポットライトを設置すれば、機械とその部品が明るく照らされ、仕事をしている人が機械の中を見通すのが難しくなることはありません。コンピュータで仕事をする従業員にはモダンなフロアランプTA2001を設置し、従業員の都合に合わせて電源を入れたり切ったりできるようにすることも可能です。

 

オフィスでのフロアランプの用途に疑問を持ったことがあるかもしれません。フロアランプはオフィスの特定の場所を照らしたり、部屋の照明を強化するために使用されます。

 

つまり、従業員が照明をコントロールできるようにするのです。従業員は自分の必要に応じて照明をつけたり消したりすることができます。日中は明るさを抑え、夕方から夜にかけては明るくする。照明が適切であれば、社員は仕事に集中できますし、集中力が高まれば、成果も上がります。

 

音響用照明の設置

 

音響をコントロールできる特殊な照明があることをご存知ですか?仕事中に従業員の気を散らす大きな要因のひとつが騒音です。雑音が多すぎると、従業員はまったく集中できず、結果的に仕事のミスにつながる可能性があります。

 

もし、職場の照明の問題を解決し、かつ音響の問題も解決できるようなソリューションが求められていると思います。

 

これは専門家が職場の特定の場所に設置する、特殊なデザインをした照明です。照明の質を高め、周囲の雑音をカットすることで、従業員の仕事への集中力を高めます。

 

職場では様々なタイプの照明を適切に組み合わせることが重要です。シーリングライトのような単一のタイプの照明に固執すると、良い職場照明のために作ることはできません。照明は従業員の気分や生産性に大きな影響を与える強力なツールであり、このツールのパワーをうまく利用した雇用主が勝利するのです。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。