ドラフティングテーブルが仕事場を変える10の方法

December 29, 2021

クリエイティブアートやエンジニアリング、建築業界で働く人にとって、ドラフティングテーブルは非常に有益であり、仕事場の一部であることは間違いないでしょう。スタンディングデスクとは異なり、ドラフティングテーブルは使用する人に向かって斜めに傾斜しています。手首や首、背中への負担を軽減し、作業や製図をしやすくします。

 

ドラフティングテーブルは多目的に使用できるため、あらゆる仕事場で活躍するアイテムです。ここでは、実用性と美しさを兼ね備えたドラフティングテーブルの魅力と、仕事場への導入方法についてご紹介します。

 

ドラフティングテーブルとは?

 

ドラフティングテーブルは、製図台とも呼ばれ、使用者の方に角度をつけ、広い天板を持つ作業台です。設計図や美術品、機械図面など、大きな紙や図面、プロジェクトに描画する際に使いやすくなっています。同時に、圧迫感を軽減し、人間工学に基づいた圧迫感を高めながら、ユーザーの快適性を最大限に引き出します。

 

ドラフティングテーブルの高さは、スタイルによって、使う人に合わせて調整することができます。例えば、FlexiSpotの高さ調節可能なドラフティングテーブルは、幅広いカスタマイズ性により、快適さを最大限に高め、ユーザーの活力を維持します。好みに応じて、高さを調節し、真っすぐなままでも、角度をつけてもよいのです。さらに、引き出しを内蔵しているので、すべてのツールや書類を1つの場所に保管することができます。

 

ドラフティングテーブルは、その昔、芸術家や建築家、技術者が皆、図面や絵を描くのに使っていたため、かなり普及していました。しかし現在では、ドラフティングテーブルの重要性は否定できないものの、作品制作をコンピューターに頼っているため、それほど広く使われることはなくなりました。それでも人々が仕事場や自宅オフィスに置き続けているのは、多目的に使えることと、頑丈な構造で長く活用できるためです。

 

ドラフティングテーブルがあなたの仕事場にもたらす変化

 

FlexiSpot社のような定評あるブランドのドラフティングテーブルは、明らかに長く使うことができるので、投資する価値は十分にあると思います。しかし、ドラフティングテーブルをどのように仕事場で使うのか、疑問に思うかもしれません。ここでは、ドラフティングテーブルがあなたの仕事場を一変させる方法をいくつかご紹介します:

 

仕事場の空間を広くする

 

ドラフティングテーブルは、表面や天板が大きく作られており、巨大な紙や書類を複数置いても、それらが混ざったり、しわになったりしないよう、作業スペースが十分に確保されているのが特徴です。また、広いスペースがあるため、異なる図面やプロジェクトに一度に取り組むことも可能です。さらに、プロジェクト全体を一度に見渡しやすくする効果もあります。

 

生産性の向上

 

ドラフティングテーブルは、何時間でも快適に作業ができるように、調節可能で生産性を高めるように設計されています。目の前にある書類や図面に届き、効率よく作業するために、体の位置を適宜調整することが簡単にできます。また、必要な変更も簡単に行えるので、混乱を気にする事なく作業ができます。

 

さらに、作業中の快適性を高めることで、生産性の高い、より長い時間の作業を可能にします。そのため、通常のワークテーブルを使用した場合よりも、はるかに早く作業を終えることができます。

 

高さ調節

 

ドラフティングテーブルは、通常のワークテーブルとは異なり、自分の身長に合わせて高さを調節することができます。高さを上げて、立ったまま作業することも可能です。一日中座りっぱなしでお腹に負担がかかる仕事場では、かなり有効な手段です。ドラフティングテーブルを調節してスタンディングテーブルにすると、より大きな効果が得られます。

 

例えば、体幹を引き締め、背筋を伸ばし、健康的で直立した姿勢を保つことができるのです。仕事中に毎時間ごとに数分行うことで、体型維持や健康増進につながります。

 

ニーズに合わせてカスタマイズ 

ドラフティングテーブルの調整範囲は、自分の身長や作業するプロジェクトに応じてカスタマイズすることができます。モデルのスタイルによっては、テーブルの角度を調整することも可能です。ニーズに応じて、真っすぐにしたり、傾けたりすることができます。単調な作業から解放され、快適な仕事場を実現します。

 

これらはすべて、士気と生産性を助け、質の高い仕事を生み出すことを可能にします。

 

複数人での同時使用も可能

 

大きな天板は、オフィスや仕事場のドラフティングテーブルの価値を高めることにも役立っています。さまざまな書類や資料をテーブルの上にまとめて広げ、プレゼンテーションすることができます。ストーリーボードを作れば、多くの人が同時に見ることができます。同様に、すべてを一箇所に集積することで、計画や設計の全体を一度に見ることができ、より良い批評や変更を提供することができます。

 

姿勢と線の改善

 

ドラフティングテーブルの最大の特長は、姿勢と線の改善に大きく貢献することです。通常のワークテーブルでは、多くの時間を頭を下げた状態で過ごすことになります。これは首や背中にとって不健康で、筋肉痛につながります。そのため、長時間の作業もできない可能性が高くなります。

 

しかし、仕事場用のドラフティングテーブルがあれば、もう首や腰の心配はありません。テーブルのデザインと調整範囲により、角度をつけて正面から見ることができるため、よりアクセスしやすくなっています。つまり、疲れにくいので、より早く、より効率的に仕事ができるのです。

 

完璧な図面

 

従来のワークテーブルやデスクは、ある種の作業や職業に適しているとは言えません。そのような方にとって、ドラフティングテーブルは様々な面で非常に便利なものです。そのため、このようなテーブルは、美観やビジュアルという点だけでなく、労働者一人ひとりの生産性を高めるという点でも、仕事場全体を変える可能性が高いのです。

 

アート作品や図面を作成するためにドラフティングテーブルが必要な場合、ドラフティングテーブルで作業すると、さらに良い図面や結果が得られることに気づくはずです。

 

よりプロフェッショナルに

 

一般的なオフィスには、従来のデスクがあります。しかし、ドラフティングテーブルは特定の職業に特化したものです。場所をとりますが、その分、仕事に対する真剣さが伝わってきます。

 

疲労の軽減 


従来のテーブルに合わせるのではなく、ドラフティングテーブルそのものがニーズに合わせてフィットします。ニーズや好みに合わせて調整することで、快適な作業を実現します。実は、ランチタイムの後が一番疲れを感じる時間帯なんです。ドラフティングテーブルを進化させてスタンディングテーブルにすれば、この疲れを解消できます。そうすることで、疲労を軽減し、集中力を持続させ、生産性を高めることができます。

 

ケガの減少

 

ドラフティングテーブルが仕事場を変える最大のメリットは、人間工学に基づいた姿勢の向上と快適性の最大化にあります。従業員は、首の疲れや腰痛、手首の痛みなど、複数の問題を抱えています。しかし、定期的に座ったり立ったり、正しい姿勢で座ることで、これらはすべて軽減されるのです。

 

さらに、従業員が怪我をする確率も下がります。慢性的な病気も緩和され、痛みやトラブルを抱えることなく、毎日出社できるようになります。

 

ドラフティングテーブルを選ぶポイント

 

ドラフティングテーブルを購入する際、考慮しなければならないいくつかのポイントがあるでしょう。それらは次のようなものです:

 

大きさ

 

ドラフティングテーブルの大きさはさまざまですが、かなり大きなものが多いです。そのため、ドラフティングテーブルを購入する前に、まず部屋のサイズを測っておく必要があります。

 

高さ

 

ドラフティングテーブルの特長のひとつは、快適な座り心地を実現することです。これは主に、高さと角度の調整によるものです。そのため、ドラフティングテーブルを購入する際には、自分の身長に合わせて調節できるものを探すとよいでしょう。それができない場合、それは正しいものではありません。

 

多用途性

 

ドラフティンテーブルはかなり多用途性が高く、多目的に使用することができます。もし、より多くの機能が付いていれば、さらに多用途性が高くなります。したがって、組み込みの引き出し、調節可能なライト、そしておそらくスツールなどの機能が付属するものを見つける必要があります。

 

最後に

 

オフィスの外観を変えるだけでなく、あなたやあなたの従業員に無数の利点をもたらすドラフティングテーブルをお望みなら、FlexiSpot社の高さ調節可能なドラフティングテーブルをおいて他にないでしょう。拡張可能なドロップリーフデザイン、内蔵の引き出し、傾斜可能なテーブルトップは、どんな仕事場や自宅オフィスに最適です。

 

もちろん、現在セール中なので、この傑作を今すぐ手に入れましょう。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。