ラップトップコンピューターで作業しながら健康を維持する方法

September 15, 2020

昨今は、仕事にノートパソコンを使用するのは一般的になっています 統計 によると、20192月現在、アメリカ人の74%がデスクトップまたはラップトップコンピューターを所有しています。 ノートパソコンに期待されるのは効率です何と言っても、折りたたむだけで、家の中のどこでも使えるのです

ノートパソコンの使用には柔軟性と自由度がある一方で、健康上の問題が幾つか発生する可能性があります。ノートパソコンの使用に際してユーザーを悩ませる問題として、姿勢の崩れ、目の疲れそしてに来る痛みなどがあります

この点、ウェブ記事によればノートパソコンはデスクトップコンピュータに取って代われるものではないとしています 多くの人が疑いもなくノートパソコンの被害-つまりノートパソコンユーザーは猫背になり、背中と首の緊張に苦しむという被害-を被っています

米国労働安全衛生局OSHAの報告によれば労働統計局BLS2013、全労働者の傷害と疾病の症例の内、筋骨格障害(MSD)の症例が33%を占めているというデータを発表したとのことです。

米国労働安全衛生局OSHAはさらに、労働統計局が定義する筋骨格障害MSDには、怪我や病気の性状によって神経を圧迫されて場合の症状;例を挙げれば、椎間板ヘルニア; メニスカス涙; ねんざ、ひずみ、涙; ヘルニア(外傷性および非外傷性); 痛み、腫れ、しびれ; 手根管または足根管症候群、まれるとしています

ありがたいことに、このジレンマに対するコスト効率の高い解決策として:即ち、携帯立坐両用デスクportable sit-stand deskがあるのです!このホームオフィスデスクは、ワークステーションに人間工学的要因を強化することで、健康上いくばくかの懸念に対処すべく役立つものです

在宅勤務に折畳み立座両用携帯デスクの利点

人間工学の更なる活用-両用携帯デスクを使用すると、反復性ストレス障害のリスクを軽減できます。これは、日常のタイピング技術が不適切な場合によくあることです。 最新のホームオフィスデスクのほとんどはノートパソコンの高さを調整して画面を目の高さに合わせるように上下することができます。

このデスクは姿勢の悪さから来る緊張を防止します 米国労働安全衛生局(OSHA)は、このデスクで、作業由来の筋骨格障害MSDは、筋肉疲労の軽減を支援し、生産性向上、および作業関連筋骨格障害(MSD)の発症数と重症化低減することにより、人間工学的に防止できることを確認しています

タイピング作業の快適性向上-タイピング時に手首が疎かになりがちです しかし、間違った角度で数時間タイプすると、手根管症候、つまり手首神経損傷を引き起こす可能性がありますしかし、人間工学に基づいたホームオフィスデスクを使用すると、ノートパソコンの角度を調整できるので、身体を正しい作業姿勢保つこともできます。 

画面の眩しさを軽減機能的な立座両用型ホームオフィスデスクは、さまざまな角度、高さ、間隔合わせて調整できます。 つまり、ノートパソコン目により優しい位置に置くことができます。

ラップトップバーン(ラップトップ火傷を防ぐ両用携帯デスクを使用すると、ラップトップバーンと呼ばれる疾患を防ぐことができます。 この疾患はノートパソコン脚部に直接置いて使った後に現れる赤褐色の色素沈着が特徴です。 この調査によると、これを防ぐ最も効果的な方法は、ノートパソコンはテーブルまたはデスク上で使用して通気を良くすることです。

整理整頓デスクを整理整頓したい場合は、立座両用携帯デスクを使用すると、配線を整理して、マウスやファイルなどを保管するスペースを確保できます。 配線管理の詳細については、この 記事を参照してください。  

減量に役立つ-立っている時間と座っている時間を適切に組み合わせることには多くの利点があります。 しかし、このハーバードヘルスパブリッシングHarvard Health Publishing)の記事によれば、立っていることは、座っていることよりも多くの労力を必要とし、1日あたり平均54カロリー余分に消費されます。

血糖値の低下-同じくハーバードヘルスパブリッシングの記事によれば、血糖値が正常値に戻るのが、立っている時間が長ければ長いほど早くなるとしています。

背中の痛みを軽減、姿勢を改善-ノートパソコン長時間の使用で背中の痛みに苦しんでいる場合、痛みは座っているよりも立っている方がより解放されます。   UT サウスウェスタンメディカルセンター(UT Southwestern Medical Centerによればこの折畳み携帯立座両用デスク万能薬ではないこれを使うことで姿勢が良くなり、背中や首の痛みを和らげられるがことを明らかあるとされています

在宅勤務でのやる気とエネルギーの増進この記事によれば、立つことには心理的なメリットがあります。 立座共用デスクを設置している人々が従来の着席デスクを設置している人々よりも生産性が大幅に向上し、その増加率は、在宅勤務の開始月で23%、最後の月には53であったとの調査結果が引用されています 同じく、携帯立座両用デスクでも同じ利点がありますが、その規模はそれほど大きくありません

の健康に良正しいことが基本

ワークスペースを整備することの利点は、それが身体の健康にに大きく影響することにあります 柔軟性と自由を推進力として使用して、在宅勤務の労働環境をを改善しましょう このように、あなたはあなたの全身にエネルギーを与え、あなたが毎日の仕事に取り掛かるときより生産的になることができます。