自宅での生産性を向上させ:気を散らすものを減らし、自宅にオフィススペースを作りましょう

February 02, 2019

STEPHANIE DWILSON

ステファニー・ドウィルソン

 

自宅での生産性を向上されたいのなら、自宅にオフィススペースをどのように設置するか想像力を働かせてみてください。何百万もの人々が、オフィスではなく自宅で働いています。しかし、在宅勤務では、ワークライフバランスを保つのが難しい側面があります。気を散らすものを減らす必要があります:ペットからあふれる洗濯物まですべてです。気を散らすものがなく、仕事に集中することができる自宅でのオフィススペースをどのように作り上げるか、いくつかのアイディアをご紹介します。

 

・気を散らすウェブサイトの閲覧は禁止します

 

誰もあなたを監視していないので、YouTubeやTwitterを頻繁にチェックしたくなるかもしれません。けれども、サイトを完全に閲覧禁止にするか、サイトの閲覧時間を制限してください。作業中は、気を散らすウェプサイトへのアクセスを遮断するアプリをインストールすることを検討してください。アクセスを遮断するアプリにはFreedomおよびFocusMeが挙げられますが、他にも沢山存在します。

 

・オフィスを整理整頓してください

 

雑然としたオフィスは気が散り、また憂うつになることがあります。Forbes でも述べられていますが、おもちゃや郵便物など、作業に必要ないアイテムをオフィスに持ち込むのは驚くほど簡単です。作業スペースの周囲が紙や余分なもので溢れかえっていると集中することが難しいです。そのため少なくとも週に1回はオフィススペースを掃除し、決して保管スペースとして利用しないでください。

・ノイズキャンセリングヘッドフォンを使用しましょう

 

ノイズキャンセリングヘッドフォンは気が散るものを減らすことができる素晴らしい商品です。冷蔵庫の運転音や外の車の音を遮断することができ、完全に集中することができます。外を見えることでいつも気が散ってしまう場合は、オフィススペースにブラインドを設置するといいでしょう。

 

・良い姿勢に導く人間工学的な家具やアクセサリーを使用しましょう

 

背中や首、手の痛みは、ひどい注意力散漫状態を引き起こす可能性があります。そのため、作業中やタイピング中に良い姿勢を保つことで、まず痛みを軽減するためにできるだけのことをしましょう。スタンディングデスクはコンピュータとキーボードの高さを快適な位置に設定することができ、疲れたときには立って仕事をすることも可能です。背中を支えてくれる人間工学に基づいた椅子は、痛みを抑えることができます。また、人間工学に基づいたキーボードとマウスをご使用されると、タイピング中に手が痛くなることはないでしょう。

 

・気持ちを奮い立たせてくれる装飾を施しましょう

 

お気に入りの引用であったり、あなたが獲得した賞であったり、正しい心構えを保つ写真であったりなど、あなたの気持ちを奮い立たせてくれるウォールアートを取り入れましょう。あなたの気持ちを奮い立たせてくれたり、クリエイティブな考え方させてくれたりする本を2、3冊本棚に置いておくのもいいでしょう。これらのアイテムがあなたに目標を思い出させ、気持ちを奮い立たせてくれることで、作業により集中しやすくなるでしょう。

 

・刺激的な香りや音を利用しましょう

 

家が静寂であるとかえって気が散るかもしれません。Realtor.com が提案しているように、噴水などの自然音をオフィススペースに流してみましょう。集中するためにリラクゼーション効果のありアロマキャンドルを利用するものいいでしょう。

 

・オフィススペースを区分けしましょう

 

あなたの仕事は一日を通して変化するかもしれません。パソコンに向かい集中する時や、電話でインタビューを行う時、何かを計画したり創造したりする必要がある時もあるかもしれません。Forbesが提案するように、オフィススペースをこれらのニーズに見合うよう区分けすることを検討しましょう。何かを創造するときは、机と素敵な照明、そして窓が必要かもしれません。またインタビューを行う際は、パソコンとスタンディングデスクとは別に「インタビュー用」の椅子の設置が必要かもしれません。

 

・1日に数回休憩しましょう

 

自宅にて一人で作業していると、時に集中し続けるのが難しいかもしれません。Inc. .が提案しているようにおよそ1時間毎に5~20分程度の短い休憩を日中に取ることを検討ください。休憩には、ソーシャルメディアのチェック、犬の散歩、コーヒーショップへの訪問、友人への電話などが含まれます。家での生産性に向上の成功のためには、ご自身の準備も必要です。ちょっと先を見越した計画と想像力により、気を散らすことのない自宅でのオフィススペースを作りましょう。