オフィスでコロナウイルスを防ぐためのすすめの5つのアイテムとそのコツ

March 09, 2020

概要:コロナウイルスによって発病する様々な病気を予防するには、清潔な衛生状態を保つことが全てです。今回は、職場でコロナウイルスから体を守り、しっかりと健康管理をするためのコツとそのためのアイテムをご紹介いたします。

    厳しい隔離政策にもかかわらず、コロナウイルスは、中国、ヨーロッパなど世界のあらゆる地域で広がり続けています。幸いなことに、世界保健機関(WHO)からは、発症した人80%が軽度であり、死亡者2%未満とのことだという結果が発表されています。ただし、WHOは、省庁や地域の保健センターの指示に従うように行動することが大事だとしています。みなさんのお住いの地域の現在の感染拡大状況に応じて異なるので、地域ごとの指示に従ってください。

 適切な予防措置を取ること 

    米国をはじめ、その他現在感染者の少ない国でも、感染者の人数が着実に増加しています。こういったコロナウイルスのニュースを聞いて、自身の健康に少し不安を感じている方も多くいるかもしれません。現時点では、ウイルスの発生地域に住んでいない場合、感染するリスクは非常に低いので安心してください。なによりも自宅とオフィスの両方で清潔な環境を維持することが一番効果的です。そうすることで、コロナウイルスや他の風邪やインフルエンザになるリスクを最小限に抑えることができます。 

オフィスを清潔に保つ5つの製品

    それでは職場の衛生状態を清潔に保つおすすめの5製品をご紹介したいと思います。ウイルスによる病気を防ぐためには、ウイルスと接触する可能性を最小限にすることが大変効果的です。

 1.ハンドソープ  手を洗うことで、あらゆる種類のウイルスまたは細菌の広がりを防ぐことができる何よりも効果的な方法です。医療施設で働いている場合を除き)普通石鹸でしっかりと手を洗ってください。20秒以上泡立てて洗うのがコツです。食事の前後、公共の場所から戻った場合には手を洗ってください。

 2.常に殺菌をする  常にドアノブ、照明スイッチ、冷蔵庫のドアなどを消毒してください。オフィス内の人が多いエリアを殺菌するためのクリーナーと消毒液を用意しましょう。酢やカスティール石鹸(もともとはスペインのカスティール地方で作られていた石鹸。オリーブオイルと水酸ナトリウムからできた良質の固い石鹸)などの天然物の利用をおすすめします。換気が十分にできるのであれば、特に汚れた場所には漂白剤を使用してもよいでしょう。

 3.エアフィルター コロナウイルスの発生が確認されている地域にお住まいの場合、呼吸する空気からウイルスを除去するためには、フェイスマスクを使用するのが最も簡単です。 マスクがあれば、空気中のウイルスから身を守ることができます。空気中のほこり、真菌、細菌、ウイルスなどを最小限に抑えることができるエアフィルターをオフィスの中央に設置することで、室内の空気を清潔に保つことができます。

 4. 紫外線殺菌  通常、UV光は、廃棄物、空気、医療機器の消毒に使用されていますUV光は、真菌、バクテリア、ウイルスの99%以上を迅速かつ効率的に滅菌します。 現在、自宅用の紫外線殺菌製品がたくさん出ていますが、 Monitorstand Workstationは、デスクに直接UV殺菌システムを組み込10分以内電話、キー、ペン、キーボードなどのデスク周辺用品をすばやく簡単に消毒できます。

 5.ティッシュ  コロナウイルスは、主に咳やくしゃみによって拡散されます。ティッシュがあれば、細菌の拡散を大幅に抑えることができます。くしゃみや咳をたくさん出る場合は、手の届くところにティッシュの箱を置いてください。同僚がくしゃみや咳をたくさんしているのに気づいたら、ぜひティッシュ箱をプレゼントしてあげてください。(もちろん、ひどい風邪の症状が見られる場合は家で休むのが一番ですが!)