平日に多くのカロリーを燃焼する簡単な方法

January 10, 2022

椅子に座って週に5日間、画面を見つめる必要があるような座りがちな職業は不便であるだけでなく、健康にも悪い可能性があります。毎日長時間座っていることは高コレステロール、肥満、心臓病、癌など、多くの健康問題に関係しています。幸いなことにこれらのシンプルな方法で、仕事で日常のタスクを完了させながら、血液を流してカロリーを燃焼させることができます。

 

平日に多くのカロリーを燃焼する簡単な方法のこのリストを見てみてください。

 

頻繁に休憩を取る

 

少し散歩をするために机やコンピューターから離れることは仕事中のあなたの体と心にとって最高のことの1つです。プロジェクトについて同僚と話したり、水筒を補充したりするだけの場合でも、座席から立ち上がって目を休めることは健康に良いことです。仕事でアクティブな状態を維持する他の方法としては通話中のペーシング、立ってストレッチする、階段を上って、最も遠いトイレに行く、またはメールや電話ではなく、歩いて同僚と話すことが含まれます。

 

スマートフォンまたはウェアラブルフィットネストラッカーにアラームを設定して、少なくとも1時間に1回は立ち上がるか移動するように通知をしてみてください。少なくとも、20分ごとに20秒間、20フィート離れた場所を見るという20-20-20ルールを採用して、目を休ませてください。

 

スタンディングデスクを手に入れましょう

 

あなたが実際に使うよりもも多くのカロリーを一日に取る傾向がある場合、それは大幅な体重増加につながる可能性があります。労働者の44%は現在のデスクワークの仕事になった後に体重増加に直面したことを実際に認めており、54%は一日中デスクに座っているためだということに同意しています。ただし、仕事に支障をきたすことなく、カロリーを燃焼する簡単な方法があります。

 

座るよりも立つことを選択することによって、1時間あたり50カロリーを燃焼することができ、肥満のリスクを下げることができます。1日3時間、5営業日で750カロリーを燃焼できます!これは年間で30,000カロリーまたは8ポンドの脂肪に相当します。これはフルマラソンを10回走るのと同じなのです!

 

FlexiSpotの調整可能なスタンディングデスクプロはオフィスで活用できるデスクの1つです。それはあなたの体重を減らすのをサポートし、あなたが利用できる多くの素晴らしい機能を備えています!

 

エクササイズする


一日中机の同じ位置に座っていると、閉所恐怖症や痛みを感じるかもしれません。ストレッチは数カロリーを燃焼しながらストレスを軽減するための優れたテクニックです。次の2つのデスクストレッチを試してみてください。

 

直立して座り、両腕を頭の上に伸ばして、そして横に伸ばします。右手が少し伸びるのを感じるまで、両手を握り締めて左に寄りかかります。次に10〜20秒その状態を保持した後、右に向かってストレッチします。

 

座った猫もしくは牛の姿勢:側面が伸びた後、手を頭の上に置いてください。呼吸して前に曲がるときにおなかをくり抜くとようなイメージをしてみてください。あなたの体で「C」を形成してください。息を吸い込むときは姿勢を逆にして、背中がアーチ状になり、胸が膨らむようにします。あなたがその2つを切り替えるとき、深呼吸をするようにしてください。

 

姿勢を抑える

 

ワークステーションに座っている間、しゃがむことは肉体的な負担を必要としません。一方、適切な姿勢には肩を後ろに向けて適切に座るか、腹筋をしっかりと固定することが必要となります。これにより、胸、背中、および肩の複数の筋肉を使います。この追加の負担は背中の健康を維持しながら、さらにカロリーを消費するのに役立ちます。

 

腹筋をできるだけ引き締め、1分以上しっかりと保持して腹部の調子を整えます。可能であれば、デスクチェアをスタビリティボールに交換してください。これによって、座った状態で適切な姿勢とバランスを維持するために、より多くのカロリーを消費することができます。

 

ダンスをする

 

職場でダンスを行うことは許可されませんが、素敵なプライベートオフィスがある場合、カロリーを燃焼するために少し踊ることもできます。かかとを床にしっかりと固定したまま、つま先を25回たたくことから始めてみましょう。次にかかとを使って回転させ、足を左右に25回たたきます。行う足を変えるか、一度に片方の足で行うことができます。

 

この短い活動では多くのカロリーを消費することはできません。ただし、1日に複数回実行すると、大量のカロリーを消費することができます。つま先をテーピングすると、数カロリーを燃焼するだけでなく、すねの前面に筋肉を鍛えるのに役立ちます。

 

フィットネスチェアを購入する

 

机に座ってカロリーを消費したい場合、フィットネスチェアを購入することをお勧めします。FlexiSpotによるこの素晴らしいSit2Go 2-in-1フィットネスチェアで下半身を鍛えることができます。それは快適な椅子を備えているので、オフィスチェアの正しい代替品となり、あなたは仕事を行えながらも足を鍛えることができます。カロリートラッカーとカスタマイズ可能なカーディオシステムが付属しています。そしてどうか心配しないでください。音を立てないので、同僚の邪魔をすることもありません。

 

ふくらはぎを鍛える

 

ふくらはぎを上げることは下肢の調子を整えるための素晴らしいトレーニングです。さらに筋力トレーニングを行うとカロリーを消費するのに役立ちます。ふくらはぎを余分に酷使する必要はありませんが、オフィスチェアでこれらを実行することができます。

 

背中をまっすぐにし、両足を床に置きます。次に、かかとを床からできるだけ高く上げ、そしてかかとを下げ、それを10〜15回繰り返します。かかとを上げるときに抵抗を作るために両手を膝に押し付けて、かかとを強くし、数カロリー余分に燃焼させます。

 

歩いているかのように振る舞う

 

仕事でカロリーを消費するための最良の方法は可能な限り椅子から立ち上がることですが、机を離れることができないときは自分が歩いているように見せかけることができます。

 

背中をまっすぐにします。右足を上げて落とし、左足を持ち上げて落とし、膝を曲げたままできるだけ頻繁に繰り返します。「歩きながら」お尻を引き締めると、より多くのカロリーを消費し、調子を整えます。歩き終えたなら、足を10回伸ばして、大腿四頭筋を動かします。

 

ビジネスについて話し合いながら散歩する

 

機会があれば、忙しい会議室やオフィスにいるのではなく、屋外に出かけて重要なビジネス上の問題について話し合ってください。このアプローチは従来の座り込みあくびを誘発する会議よりもはるかに魅力的でやりがいがあるため、それほど活用されていないのは驚くべきことです。話しながら歩くと、事務作業でもカロリーを消費できます。チェックイン時に散歩したり、仕事上の問題について話したり、将来の計画を立てたりすることができます。歩くことはまたあなたに活力を与え、これらの義務を果たすために通常より多くのエネルギーを消費するかもしれません!

 

昼食時に散歩する

 

職場の文化によっては、昼休みが最大1時間ある場合があります。時間があれば、休憩を有酸素運動のセッションのチャンスとして利用してください。可能であれば、歩いたり、走ったり、自転車に乗ったりしてみてください。テイクアウトを注文する場合、食事をしながら散歩することをお勧めします。

 

よく食べる

 

労働者の78%は間食のために体重が増え始めたことを認めています。しかし、それだけが悪いわけではありません。同じ仕事で体重が減った人の68%もおやつを食べていました。ポテトチップやビスケットの代わりににんじん、セロリ、ナッツなどのより健康的な食品を選んで軽食をとるだけでいいのです。

 

同様に毎日昼食に出かけたり、テイクアウトをしたりすることはあなたの体にとって間違いなく素晴らしいことではありません。テイクアウトをしている場合でも、食事を選ぶときはファーストフードやジャンクフードではなく、健康的な食事を選んでいることを確認してください。

 

結論

 

平日に簡単にカロリーを消費する方法がわかったので、進んで体重を減らしたり、フィットネスを維持したりしましょう。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。