働く女性のためのセルフケア実践法

June 21, 2022

現代の働く女性はキャリアとプライベートのバランスを取るために、多くのことを抱えています。重荷を背負い、義務や責任に圧倒されがちです。特に多忙なスケジュールは自分の時間をあまり持てないことを意味しますが、それが弊害をもたらすことに気づいていないようです。

 

毎日のセルフケアは体、心、そしてプロフェッショナルライフを充実させるために欠かせません。自分自身をないがしろにすると、やがて大きな問題に直面することになります。精神的、肉体的、そして感情的な健康を管理するために、自分の健康に投資することは極めて重要です。もちろん、信頼できるデータ、選択肢、十分なサポート、適切なツールがなければ、これは不可能かもしれません。

 

セルフケアは世の中のヘルスケアの捉え方を変えつつあります。日々のセルフケアの実践は自分の健康を自分の手で守れるようにすること、そしてそれを個人に託すことに焦点を当てています。女性にとって、これは自分のケアについて決断することであり、これまで自律的に対処することができなかったかもしれない責任を負うことにつながります。

 

セルフケアとは何ですか?

 

世界保健機関(WHO)によると、セルフケアとは家族、コミュニティ、個人が健康を促進・維持し、病気を回避し、障害や病気に対処する能力のことを言います。これは医療従事者の助けがあってもなくても行うことができます。
セルフケアには以下のようなものがあります。

 

治療、投薬、注射、検査などの管理。

 

サンプリング、スクリーニング、診断などの検査、および自分自身の診断とモニタリング。

 

自己啓発(自己管理、自己教育、自己支援、等)。

 

セルフケアとは、何の支援もなく個人が自分の健康管理をすることではないことを心に留めておいてください。むしろ、本人が望むのであれば、自分の健康管理は自分でやるようにと信頼する方法です。

 

セルフケアは治療や検査の簡便化、モバイル技術やポイントオブケア機器の発達により、働く女性でもできるようになりました。

 

働く女性のための毎日のセルフケア実践法

 

どんなに忙しくても、セルフケアは大切です。セルフケアは複雑で時間のかかるものではありません。メンタル的、肉体的、そして精神的な健康に貢献する簡単な方法を見つけるだけでよいのです。

 

ここでは、あなたが試すべきセルフケアの方法をいくつかご紹介します。

 

すぐに作れる食事をとる

 

セルフケアの最も基本的な側面の1つは栄養の必要性を理解し、よく食べることを学ぶことです。しかし働く女性にとって、特に9時間労働の仕事では、良い食事をすることは簡単ではありません。そこで、疲れていて何を食べようかと迷ったときに、すぐに作れる食事を2~3品考えておくとよいでしょう。

 

仕事帰りにお気に入りのレストランでタンパク質の豊富な食事をしたり、冷蔵庫にある食材を使えば、たくさんの料理は必要なく、手早く食事を作ることができます。ただしいつも食べている食事はシンプルでなければなりません。一日の疲れを癒してくれるような、お気に入りの食材があることです。新鮮な野菜や果物、低脂肪乳製品、低脂肪タンパク質、全粒穀物など、バランスの取れた食事になるよう心がけましょう。
ストレスの多い仕事の後でも、すぐに作れる食事があれば、夕食に何を食べようかと考えるストレスも軽減されます。

 

マルチタスク

 

自分自身をケアする最善の方法はマルチタスクができるように前もって計画を立てることです。働く女性には仕事以外の時間があまりありません。だからこそ、やらなければならないことをすべて把握し、マルチタスクの方法がないかどうかを確認することが重要です。

 

例えば、毎日散歩が必要な犬がいて、毎日1時間朝のランニングをしなければならない場合、その2つを一緒にやってみてください。毎日犬を散歩させれば、あなたも運動でき、犬も近所で楽しく過ごすことができます。もちろん、仕事が忙しくて自分に甘くする日には、プロのドッグウォーカーを雇うこともできます。

 

瞑想する

 

セルフケアがおろそかになりがちな理由のひとつに、多くの人が自己認識を欠いていることが挙げられます。仕事がどんなに忙しくても、自分のために時間を割いて、自分の心の健康状態をチェックし、何をすれば気分が良くなるかを理解することが大切です。長い目で見れば、これはあなたの全体的な幸福を維持するのに役立ちます。

 

自分の直感を信じ、心と体が何を伝えようとしているのかを理解する最良の方法のひとつが、瞑想を実践することです。実際、世界各地の多くの成功者たちは、瞑想が朝の習慣の重要な一部であり、地に足をつけて行動するのに役立っていると言っています。

 

毎日、自分の時間を確保するために、家の中に特別な場所を設けましょう。これはあなたのオフィスにある場合もあり、豪華である必要はありません。必要なのは、いい香りのキャンドルとクッション、そして雑念を断ち切る意志力だけです。静かに座り、深呼吸をすることで、瞑想に集中することができます。また、ストレッチやセルフマッサージを取り入れると、究極の体験ができます。

 

水分補給

 

人は平均して、1日のうちに十分な量の水を摂取していないと言われています。潰瘍、腎臓病、高血圧、体重増加、疲労、頭痛などの医療問題の主な原因の1つは脱水症状です。もちろん、1回で1ガロンのHSOを一気飲みしようとは思わないでください。その代わり、水分を多く含む食品を食事に取り入れることで、水分補給をしましょう。スイカ、カンタロープ、ニンジン、イチゴ、ニンジン、ホウレンソウ、トマト、キュウリなどです。

 

さらに、常に水の入ったペットボトルを持ち歩くようにしましょう。水分補給のためだけに、毎日ペットボトルを購入するのはやめましょう。プラスチックの使用は環境に悪いだけでなく、時間が経つにつれてコストがかさむので、あなたの懐にも負担がかかります。その代わりに、自分が飲みやすいと感じるかわいい水筒を探しましょう。このボトルは1日のうちに何度も満タンにし、携帯電話に1時間ごとのリマインダーをセットして、水の摂取量を増やすようにしましょう。

 

毎日、十分な睡眠時間を確保する

 

成人の平均的な睡眠時間は8時間から10時間であることをご存知ですか?つまり、毎日仕事から帰ったら、自分自身と睡眠習慣を優先させることが重要です。仕事は仕事に任せて、1日ですべてを終わらせる必要はないのだと自分に言い聞かせましょう。

 

その代わり、家に帰って、今日も一日よく頑張ったと自分を褒めてあげましょう。大切な人と過ごす時間を大切にし、自分に合った睡眠習慣を考えましょう。緊急の場合を除いては、何があってもその習慣を崩さないようにしましょう。毎日、十分な睡眠時間を確保するためには、睡眠衛生に気をつけ、毎日同じ時間にベッドに入ることが一番です。寝る前にキャンドルを灯し、瞑想して、心配事をすべて忘れると、早く眠りにつくことができます。

 

快適さは何よりも大切です。つまり、良いベッドや枕に投資して、眠りを妨げないようにすることです。健康的な睡眠パターンがないと、体の調子が悪くなり、気がつくと仕事にも支障をきたすようになります。

 

助けを求めることを恐れないでください

 

働く女性は助けを求めることに抵抗があるかもしれません。それは、自由に使えるリソースがあることを知らないからかもしれませんし、自分の仕事をうまくこなすために他人を信頼することが難しいからかもしれません。しかし、自分自身のためにできる最善のことのひとつは自分が圧倒され、外部の助けが必要な時を見極めることです。

 

助けを求めることは、あなたを弱くすることではありません。女性が劣等感を持つ世の中では、自分の状況を周囲に知られることなく、何でも自分でやらなければならないと思いがちです。しかし、家庭や職場で助けを求めることを恐れてはいけません。もし、起業に必要な資金が足りない場合、他の投資家に声をかけたり、女性向けのビジネスローンを提供しているところを探せばいいのです。毎朝、運動や瞑想のために1時間必要なら、自分ですべてを管理しようとせず、パートナーに子供の送り迎えを頼みましょう。

 

助けを求めることは、あなたが弱く見えることではありません。その代わりに、あなたが必要なものを正確に知っていて、燃え尽きたと感じないように自分のケアをするのに十分な能力を持っていることを示します。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。