ソーシャルメディアが職場内外の人々にどのように影響するかについて理解する

April 28, 2021

テクノロジーは絶えず変化しており、私たちの日常生活にさらに入り込んでくるにつれて、私たちは今まで以上にソーシャルメディアに依存しています。目覚めた瞬間から寝るまで、私たちはスマを見てばかりです。ソーシャルメディアは中毒性があることが証明されています。ソーシャルメディアが私たちの日常生活に与える影響はとても大きくなっており、それは過去には考えられなかったことです。

 

私たちはどこにいても、日常生活の一部としてソーシャルメディアのウェブサイトやアプリを利用しています。私たちは最近のソーシャルメディアのトレンドやニュースを常に更新するようにしています。ただしソーシャルメディアの過度の使用は人間関係や仕事のパフォーマンスにさえ影響を与える可能性があります。無責任なソーシャルメディアの使用は私たちの成長や他人との交流にも悪影響を与える可能性があります。

 

ソーシャルメディアに依存する理由

 

私たちはさらにデジタル時代へと移行するにつれて、インターネットを介して友人、同僚、家族とコミュニケーションを取り、交流しています。私たちはソーシャルメディアアプリとメッセージングツールを使用して、自身の考えや感情を伝えます。これは世界中でステイホームを行いコロナウイルスから身を守らなければならない今日においては特に明白となっています。

 

私たちはよりデジタルライフスタイルに移行し、有意義かつ個人的に仲間と合うような時代は終わりました。ソーシャルメディアは本当に私たちの生活を変えました。

 

ソーシャルメディアを使用することによる影響と起こりうる結果

 

ソーシャルメディアを使用するという行為によって、あなたの行動が監視される可能性があります。友人やフォロワーだけでなく、ソーシャルメディアのウェブサイトやソーシャルエンジニアリングの研究を行っているトロールやハッカーによってさえも監視されるのです。その結果、間違ったことをオンラインで共有してしまうと、様々な結果が生じる可能性があります。従業員として、ソーシャルメディアを必要とすればするほど、注意する必要があるのです。以下にいくつかの例を示します。

 

1.ソーシャルメディアはデジタルブランディングにおいて役割を果たしています。あなたがオンライン上で知られている存在の場合、またはあなたの個人情報とデータがソーシャルメディアアプリとプラットフォーム全体で閲覧できる場合、あなたの生活にプラスまたはマイナスの影響をすぐに及ぼします。

 

2.情報がデータ漏洩やリークの影響を受けやすくなるリスクが高くなります。もう1つの危険は機密情報の漏洩です。もちろん意図的なリークは道義に反しており、違法となりえます。ただしソーシャルメディアで不注意で共有された情報は非公開にしておく必要のある会社や個人の情報を漏洩してしまうことがよくあります。

 

3.あなたの情報はソーシャルメディアプラットフォームで簡単に広まってしまいます。機密データや情報が悪用された場合、重大な危険をもたらします

 

4.オンラインやネットのいじめや嫌がらせの影響を受けやすくなります。上司に関して、従業員には無制限の言論の自由はありません。すべての労働者にとって、職場は安全で健康的な環境でなければならず、直接的に適用されるのと同じハラスメント防止法および差別禁止法がオンラインでも適用されることがよくあります。これに対する救済策や安全対策として、あなたはそれについて何かをすべきです。文化的に敏感な類のもの、または侮辱的なものは避けてください。インターネット上で上司を批判することも、あなたをぶざまに見せます。

 

5.ソーシャルメディアの不注意な使用はあなたの職業上のキャリアに悪影響を及ぼす可能性があります。不適切なソーシャルメディアでの共有もあなたのキャリアに悪影響を及ぼす可能性があります。調査によると、雇用主の70%がソーシャルネットワーキングサイトを使用して求職者を選別しています。すでにそうしている人の57%は応募者を採用しないことに決めたデータを発見した経験があります。

 

6.無謀なソーシャルメディアの使用はあなたの家や家族の生活に多くのリスクをもたらします。

 

ソーシャルメディアによる知識共有は職場でリスクをもたらすことに加えて、私たちの個人的な生活に影響を与える可能性もあります。人々が共有する個人情報が多ければ多いほど、個人情報の盗難の標的になる可能性が高くなります。

 

7.あなたの家族はソーシャルメディアの使用による悪い影響を受ける可能性があります。

 

若く、まだ脅威を認識できない子どもたちはソーシャルメディアに対して特に脆弱です。ネットでのいじめは社会的および心理的幸せに害を及ぼす可能性があります。

 

8.企業や様々なクライアントのために働くサラリーマンとして、間違った無責任なソーシャルメディアの使用は不注意に知的財産を漏洩してしまう可能性があります。共有してはならないプロジェクトや会社のプログラムの情報はオペレーションに影響を与える可能性があります。競合他社に自社の戦略を明らかにしてしまうため、会社に悪影響を与える可能性があります。ソーシャルメディアの使用には注意し、責任を負うことが不可欠です。

 

9.無責任なソーシャルメディアの使用は対立を増大させてしまう可能性があります。オンラインで競合他社とまたはビジネスに関する苦情を公開している顧客との挑発的なメッセージのやり取りや議論はすでに共有されている否定的な情報を補強してしまうだけです。

 

10.責任あるソーシャルメディアの使用は情報の過剰共有を伴うべきではありません。重要なデータは非公開にする必要があります。機密情報の保護に失敗すると、良いことよりも悪いことが多く発生する可能性があり、あなたとあなたの会社がハッカーの攻撃を受けやすくなる可能性もあります。他の人(クライアント、ベンダー、同僚)に関する個人情報を共有することは絶対に行わないでください。ソーシャルメディアやその他において知らない人に個人情報を提供しないでください。

 

従業員のソーシャルメディア使用のリスクを知る

 

業界の調査によると、77%の労働者が仕事中にソーシャルメディアを使用していると白状しています。これは私たちの個人的および職業的なネットワークが世界中の32億人のユーザーとリンクしているということです。それは私たちが行動の一部であるように私たちを感じさせます。

 

個人は自分のソーシャルメディアアカウントを管理しますが、それらの使用は雇用主を含む他の人に対して意図しない結果、さらには悪影響を与える可能性があります。これらの危険性を理解することで、ユーザー、同僚、企業にとって安全な方法でソーシャルメディアを使用できるようになります。

 

組織は適切なソーシャルメディアの使用をどのように管理するか

 

私たちは仕事でデバイスを使用することが多く、雇用主から提供された機器を使用して個人的な利用をする場合もあります。人として、そしてあなたが働いている会社の一員として、ソーシャルメディアの使用と行動に常に責任を持つことが重要です。多くの企業では従業員が仕事上および個人使用上でも従うべきソーシャルメディアポリシーをすでに定めています。

 

一部の企業では従業員が職場でソーシャルメディアを使用することを禁止しています。人によってはこれは過度に厳格かつ煩わしいように思うかもしれませんが、これが賢明だと思う人もいます。合理的なオンラインにおける行動規範は会社の全員が自分の役割を理解し、より慎重になり、自分自身と雇用主の評判を守るのに役立ちます。

 

ほとんどの人が何らかの形でソーシャルメディアを使いたいと思っていますが、その危険性を認識する必要があります。安全なソーシャルメディアの使用に関する職場の知識は自宅での使用にも拡大する必要があります。安全な社会的行動を守ることはあなたとあなたの家族全員を助けることになるでしょう。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。